a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

モリッツ・グロスマン 創立10周年を飾るBaselworld2018新作

モリッツ・グロスマン
創立10周年となるアニヴァーサリー・イヤーの新作


バーゼルワールドの新作として、モリッツ・グロスマンからは新基軸な意欲作、バックペイジを速報的に紹介したが、 そのほかにも非常に重厚な力作がそろっている。モリッツ・グロスマンにとって2018年の今年は、創立10周年を迎えるアニヴァーサリー・イヤーという重要な年にあたるのだ。グラスヒュッテの伝説的ウォッチメイカーの名とその伝統を、現代の高級機械式時計の最高水準で蘇らせ、一躍注目を集めてから10年、この大事な区切りにふさわしい作品を揃えてきたといえる。


まずはその名もズバリ、「ベヌー・アニヴァーサリー」が登場した。



ホワイトゴールド(画像左)とプラチナ(画像右)のケース違いの2種。
WGは黒、プラチナではダークブルーのグランフー・エナメル文字盤が採用されている。暗色のグランフー・エナメルは技術的にも難しく、いわゆるブルー文字盤以上の深みが目を惹いた。


アーティスティック・フィニッシュ仕上げによる裏面から見えるキャリバー100.1の仕上げに関しては言うことなし。
特に、ハンドエングレービングをほどこしたテンプ受けには、19世紀グラスヒュッテの最高級懐中時計がそうだったように18Kのイエローゴールド(通常は洋銀)を特別に使用している。


ホワイトゴールドのブラック・グランフー・エナメルダイヤルの光沢も素晴らしく、ムラのない焼成。

ブラックとダークブルーという暗色のエナメルダイヤルなので、白字のインデックスとポリッシュ仕上げのステンレススチール製針をマッチング。プラチナおよびホワイトゴールドのベヌー・アニバーサリーはそれぞれ限定数10本だ。

【仕様】
ムーブメント:自社製キャリバー100.1、手巻き、5姿勢調整
部品数:198個
石数 :20石(うち3石はネジ留め式ゴールドシャトンに使用)
脱進機 :アンクル脱進機
調速機: 質量ネジ4本および調節ネジ2本を装着した耐震軸受式グロスマン製テンプ、ニヴァロックス1ヒゲゼンマイ(ブレゲタイプ80番、グスタフ・ゲルステンベルガー案に基づく)
テンプ 直径: 14.2 mm 振動数: 18,000振動/時
パワーリザーブ 完全巻き上げ状態から約42時間
機能 時、分、ストップセコンド機能搭載スモールセコンド
グロスマン製プッシャー付き手巻き機構

ダイヤル: グランフー・エナメル、アラビア数字のインデックス
針: 手仕上げ、ポリッシュ仕上げのステンレススチール
風防 :片面反射防止加工をしたサファイアクリスタル
ストラップ: 手縫い、アリゲーター・ストラップ、プレシャスメタルのバックル
特徴: グロスマン製テンプ/針合わせファンクション解除・時計リスタート用プッシャー/小型化したグラスヒュッテ式コハゼ装置(改良型戻し機能付き)/段差式テンプ受け、グロスマン製精密調整ネジによる調整/表面加工をしない洋銀の支柱および3分の2プレートからなる支柱構造/3分の2プレート・テンプ受け・ガンギ車受けのハンドエングレービング/幅広いグラスヒュッテ・ストライプ模様/角穴車の3段サンバースト模様/平型ネジ留め式の盛り上がったゴールドシャトン/個別に取り外し可能なクラッチ式巻き上げ機構/針合わせ用ストップセコンド機能

ケースサイズ 直径: 41.0 mm、厚さ: 11.35mm
ムーブメントサイズ 直径: 36.4 mm、厚さ: 5.0mm
ケース :スリーピース、18Kホワイトゴールドまたはプラチナ
価格:WG 4,968,000円(税込)、PT 6,264,000円(税込)


もうひとつ、ベヌーからのアニヴァーサリーとして、デザイン的にも非常に大胆な「ロスト・イン・スペース」というモデルがあるのだが、実機を見ることはできなかったのでオフィシャル画像を掲載しておく。


直径26.0mmのキャリバー102.0と直径44.5mmのケースを組み合わせることで生まれた空間を大胆にデザイン。
月をかたどったダイヤル・ディスクにはクレーターのレリーフがハンド・エングレービングされており、このタイトル「ロスト・イン・スペース」(日本でも放送された米のSFドラマと同タイトル。邦題は「宇宙家族ロビンソン」)から連想される宇宙的なイメージの広がりを醸し出している。
また、ベヌーの意匠を残す時分表示用ダイヤルはホワイト・グランフー・エナメル、7時位置のスモセコにはブラックエナメルという凝りに凝った文字盤がすごそうだ。

【仕様】
ベヌー・アニバーサリー ロスト・イン・スペース:Ref. MG-001724
ケース:18Kローズゴールド
ムーブメント: 自社製キャリバー102.0、手巻き、5姿勢調整
ケースサイズ: 直径: 44.5mm、厚さ: 13.8 mm
針:手仕上げ、焼き戻してブラウンバイオレットに発色させたスチール、スモールセコンドはポリッシュ仕上げのステンレススチール
価格:6,048,000円(税込)
限定数 26本


今年、アニヴァサリー・モデル以上の大事件は、基幹モデルであるベヌー、アトゥムともに37㎜径のモデルが定番化するということである! 








スモセコ位置を修正する関係などで、このベヌー37とアトゥム37は、ともに同じキャリバー102.1を積むということなので、「ん? 考えようによっては文字盤違いの同モデル」と思えてしまえないこともないが、ひとつのキャリバーを様々なラインに汎用するケースはグランメゾンなどでは日常茶飯事なので、ここは妙なツッコミはやめて、手首の細い我が国のファンにとっての朗報を素直に喜ぼう。




アトゥムのドロップ型スペードの時針(下の画像)は日本ユーザー限定の変更可能仕様ということだ。つまり、ブティックを有する日本のユーザーに限り、針のヴァリエーションが選べるのだ!



ベヌー37 
・Ref. MG-001619
ケース :18Kローズゴールド 
ダイヤル :シルバー、アラビックインデックス
針: 手仕上げ、ブラウンバイオレットに焼き戻したスチール

・Ref. MG-001618
ケース 18Kホワイトゴールド
ダイヤル シルバー、アラビックインデックス
針 手仕上げ、ブラウンバイオレットに焼き戻したスチール


アトゥム37
・Ref. MG-001545
ケース 18Kローズゴールド
ダイヤル シルバー、ローマンインデックス
針 手仕上げ、ブラウンバイオレットに焼き戻したスチール

・Ref. MG-001544
ケース 18Kホワイトゴールド
ダイヤル シルバー、ローマンインデックス
針 手仕上げ、ブラウンバイオレットに焼き戻したスチール

【共通仕様】
ムーブメント :自社製キャリバー102.1、手巻き、5姿勢調整
パワーリザーブ :完全巻き上げ状態から約48時間
ケースサイズ 直径: 37.0 mm 厚さ: 9.2mm
ケース スリーピース、18Kゴールド
ダイヤル: シルバー無垢、アラビックまたはローマンインデックス
針: 手仕上げ、焼き戻してブラウンバイオレットに発色させたスチール
風防 :片面反射防止加工をしたサファイアクリスタル
ストラップ: 手縫い、アリゲーター・ストラップ、ピンバックル18Kゴールド
価格:3,456,000円(税込)


また、昨年の話題作、「アトゥム・デイト」 に新たなヴァリエーションが加わった。

ヴィンテージ感のあるシャンパンカラー・ダイヤルはソリッド・シルバー製。重要なポイントであるアワーマーカーにはゴールドを採用している。

20世紀初頭ドイツの渋みを漂わせる作品だった。


また、「ベヌー・パワーリザーブ」にも、
PTケース+ブルーダイヤルという新色が加わっている。



アトゥム・ピュアにも新作「アトゥム・ピュアH」が。

日の裏のメカニズムをのぞける全8種。
針先の色とベルト・ステッチ糸の色との組み合わせが特徴。ちなみに、今回の「H」はHand(針)のHだそうだ。

好き嫌いの分かれるラインだが、いずれにせよ、エントリープライス・モデルとしての貴重な存在であることは確かだ。
価格:1,728,000円(税込)、(DLC加工を施したモデルは):1,836,000円


そして、モリッツグロスマンならではの、"開発力"の今年の成果がこちらだ!


モリッツ・グロスマン初の自動巻き時計「アトゥム・ハマティック」
しかし、よくあるローター式の自動巻きではない。伝統的な振り子式自動巻機構を基に新たに設計した機構なのである。
自動巻き時計の黎明期におけるハンマー式のメカニズムに、モリッツ・グロスマンが現代的な解釈を加えたもので、そのハンマーという特性からハマティックと名付けられたものである。


中心に見える振り子状のパーツが、振動によってスイングし、それを囲む楕円のパーツを左右両方向に動かすことで巻き上げを行う。裏側のシースルーは、そんな自動巻き上げ時計論理の基本を可視化したものといえる。
両方向ハンマー式自動巻き機構は、均一な巻き上げ性能で高いエネルギー効率を備え、アトゥム・ハマティックの精度と信頼性を保証。完全に巻き上げた場合のアトゥム・ハマティックのパワーリザーブは約72時間!


カットされたダイヤルも18Kゴールド製ハンマーヘッドが見えるようにデザインされたものだが、これはプロトなので、デザインが変更される可能性も当然まだある。
針も歴史的なモデルへのオマージュで、グラスヒュッテ時計産業の祖であるアドルフ・ランゲ銘の懐中時計を思わせる。もちろん手作業仕上げだ。

ハマティック機構を搭載したキャリバー106.0は、この作品のために新しく設計・構築されたもの。3分の2プレートのクラシックな支柱構造を備え、両方向ハンマー式自動巻き機構は、ハンマーヘッドとハンマーばねとハンマー本体との相互作用によって作動する。
(以下、プレスリリースから引用する)

『ハンマーばねの揺動運動は、サファイア・ローラーを介してハンマー本体に伝わります。このシステムは高い効率性と信頼性を保証します。ハンマーの動きが穏やかで振幅がわずかな場合は動力の伝達のロスはほぼありません。速い動作や一気に加速した際の極端な振動は、スライダーが受け止めて減速し、固定されたエンドストッパーによって制御されます。
ハマティックのシステムは、ハンマー本体の中軸に組み込まれたラチェット機構で双方向に作動する巻き上げ機構です。ハンマー本体の揺動運動を二つのラチェットレバーで受け止め、ラチェットホイールの交互の回転方向を通じて連続する回転運動に変換します。これが減速車を介して伝え車に伝わり、さらに香箱の角穴車に伝達されます。
手巻き機構は一般的なレバー式で別のブリッジに取り付けられています。そのシンプルで信頼性の高いレバー式巻き上げ機構は、自動巻き機構を理想的に補完しています。ハマティック機構がアクティブな状態では、手巻きの巻き上げ機構はカンヌキによって角穴車から切り離されます。手巻きモードになると、減速ギアはアンクル爪フライホイールによって角穴車から切り離されます。リュウズを引き出すとテンワが止まり時刻を合わせることが出来ます。同時に丸穴車と角穴車はカンヌキによって切り離されます。リュウズを元の位置に押し戻すと再び巻き上げモードになり、テンワの停止が解除されカンヌキにより丸穴車と角穴車はかみ合います。アトゥム・ハマティックはローズゴールドで製作されます』

アトゥム・ハマティック Ref. MG-001708
ケース :18Kローズゴールド
ダイヤル: オパーリン、ローマンインデックス
針: 手仕上げ、ブラウンバイオレットに焼き戻したスチール

仕様
ムーブメント: 自社製キャリバー106.0、自動巻き、5姿勢調整
部品数 :324個
石数: 39石(うち3石はネジ留め式ゴールドシャトンに使用)
脱進機 :アンクル脱進機
調速機 :質量ネジ4本および調節ネジ2本を装着した耐震軸受式グロスマン製テンプ、ニヴァロックス1ヒゲゼンマイ(ブレゲタイプ80番、グスタフ・ゲルステンベルガー案に基づく)
テンプ: 直径: 10.0 mm 振動数: 21,600振動/時
パワーリザーブ: 完全巻き上げ状態から約72時間
機能: 時、分、ストップセコンド機能搭載スモールセコンド

ケースサイズ 直径: 41.0 mm 厚さ: 11.35mm
ムーブメントサイズ 直径: 31.6 mm 厚さ: 4.1mm
ケース スリーピース、18Kゴールド
ダイヤル :シルバー無垢、ホワイトのローマンインデックス印字
針: 手仕上げ、焼き戻してブラウンバイオレットに発色させたスチール
風防: 片面反射防止加工をしたサファイアクリスタル
価格:5,940,000円(税込)

特徴 :グロスマン製テンプ/小型化したグラスヒュッテ式コハゼ装置(改良型戻し機能付き)/段差式テンプ受け、グロスマン製精密調整ネジによる緩急調整装置/表面処理をしない洋銀の3分の2プレートおよび支柱構造、3分の2プレート・テンプ受け・ガンギ車受けのハンドエングレービング/幅広く水平なグラスヒュッテ・ストライプ模様、3段のサンバースト模様で装飾された角穴車/平型ネジ留め式の盛り上がったゴールドシャトン/個別に取り外し可能なクラッチ式巻き上げ機構/時刻設定時にテンワを止めるストップセコンド機能/振り子ハンマー式自動巻き機構/両方向ラチェット歯車/アンクル爪による自動フライホイール/レバー式手巻き機構/香箱軸を分けた香箱配置の最適化


最後に、女性も愉しめるモリッツ・グロスマン新作を一挙公開。
特にこれは良いと思ったのが、「テフヌート・ピュア」。

セイロンイエローとウルトラバイオレットのパワーカラーを採用した、カラフルでポップな色使い。
SSケースなのでアウトドアでも映えそうなユニ・セックス・ウォッチだが、ぜひとも女性ユーザーにつけて欲しい作品。



輝く色彩の存在感とそれに合わせたストラップは、スリムなスチールケースを引き立て、 ロジウムメッキされたインデックスと鏡面仕上げの針など、上位機種以上の手間をかけたダイヤルが素敵だ。

キャリバー202.0はキャリバー102.0をベースに、薄型デザインのこの新モデルラインのために再設計された新エンジン。

裏スケからは、5分の3プレートと言われるキャリバー202.0のピュア・フィニッシュや、特徴的な自社製テンプが存分に楽しめる。また、すべての洋銀製部品にガラス粒によるサンドブラスト加工がほどこされているそうだ。

バリエーション
・Ref. MG-001784
ダイヤル: セイロンイエロー
ケース: ステンレススチール

・Ref. MG-001770
ダイヤル: ウルトラバイオレット
ケース :ステンレススチール

パワーリザーブ: 完全巻き上げ状態から約48時間
ケースサイズ 直径: 39.0 mm 厚さ: 8.5 mm
ケース: スリーピース、ステンレススチール
ダイヤル: 真鍮コーティング、ステンレススチールのインデックス、ロジウム仕上げ
針 :手仕上げ、ステンレススチール
風防 :片面反射防止加工をしたサファイアクリスタル
ストラップ: 手縫い、アリゲーター・ストラップ、ステンレススチールのピンバックル
価格:1,350,000円(税込)



締めくくりは、ストーリーとロマンを内包したレディース・ウォッチ、テフヌート・スリーピング・ビューティから。今年のテーマは「アラビアン・ナイト」だ。


モリッツ・グロスマンの新作「テフヌート・アラビアンナイト」はシンガポールのアーティストであるマイケル・コーとの共同制作で、今年の新作は、世界的に知られ最も美しい物語のひとつと言われる「千夜一夜物語(アラビアンナイト)」をモチーフとしている。




バリエーション
・Ref. MG-001657
ケース 18Kローズゴールド、ベゼルにホワイトダイヤモンド
ダイヤル シルバー、マザーオブパール、外周に62個のホワイトダイヤモンド
針 手仕上げ、ブラウンに焼き戻したスチール

・Ref. MG-001658
ケース 18Kホワイトゴールド、ベゼルにホワイトダイヤモンド
ダイヤル シルバー、マザーオブパール、外周に62個のダイヤモンド
針 手仕上げ、ブラウンバイオレットに焼き戻したスチール

価格:5,292,000円(税込)


仕様
ムーブメント:自社製キャリバー102.0、手巻き、5姿勢調整
部品数 :196個
石数:26石(うち3石はネジ留め式ゴールドシャトンに使用)
脱進機: アンクル脱進機
調速機 :質量ネジ4本および調節ネジ2本を装着した耐震軸受式グロスマン製テンプ、ニヴァロックス1ヒゲゼンマイ
テンプ 直径: 10.0mm 振動数: 21,600振動/時
パワーリザーブ: 完全巻き上げ状態から約48時間
機能: 時、分、スモールセコンド
操作 :カボション付きリュウズ18K ゴールド(巻き上げおよび時刻設定用)
ケースサイズ 直径36.0 mm、厚さ9.87/7.1 mm
ムーブメントサイズ 直径26.0 mm、厚さ3.45 mm
ケース: スリーピース、18K ゴールド

ベゼル: 60個のブリリアントカット・ダイヤモンド(TW vvsi1)
ダイヤル :マザーオブパール、ギョーシェ模様、マザーオブパール細工を用いた砂丘の情景、62個のブリリアントカット・ダイヤモンドのリング
針:手仕上げ、ブラウンまたはブラウンバイオレットに焼き戻したスチール
風防: 片面反射防止加工のサファイアクリスタル
ストラップ: アリゲーター・ストラップ、18Kゴールドのピンバックル

特徴 質量ネジ、調整ネジのついた耐震軸受のテンプ、振り石はテンワに統合/平ヒゲ/振り座と統合したテン真/微調整ネジによる緩急調整装置/5分の3プレート・支柱・個別に取り外し可能な巻き上げ機構/表面加工をしない洋銀のフレーム基部/平ネジ留め式の盛り上がったゴールドシャトン/グラスヒュッテ式コハゼ装置(改良型戻し機能付き)/両側軸受けの香箱(エネルギーバランスを最適化)/ARCAP合金の輪列/18歯のガンギ車を搭載した自社設計脱進機





【さらなる詳細は】
www.grossmann-uhren.com
モリッツ・グロスマン・ジャパン株式会社


モリッツ・グロスマン・ブティック
〒112-0002東京都文京区小石川4-15-9
Tel.: (03) 5615 8185   Fax: (03) 5615 8186


[PR]
# by A-LS | 2018-04-11 01:02 | グラスヒュッテ・ブランド | Trackback | Comments(0)