a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

ヴァシュロン・コンスタンタン展示会~天空のプレゼンテーション

先日、ヴァシュロン・コンスタンタンのプレゼンティーションが、パークハイヤット51Fのプレジデンシャル・スイートを数日間貸切る形で、VC愛好家に向けて開催された。

51階に案内され、その部屋の豪華さ&スケール感、そして眺望に感心する。





お部屋自体が290㎡ほどあるので、デスクやソファーがそこかしこに置かれているものの、どれもゆったりとした空間となっている。
いくらか書いてもキリがないので、これ以上はオフィシャルページの参照URLを。
https://suiteroom.parkhyatttokyo.com/presidential_suite/index.html


さてヴァシュロン・コンスタンタンの時計であるが、この広い空間の中にくらべて、展示個所は非常に少ない。
このあたりの奥ゆかしさというか、260年以上の歴史を持つメゾンの余裕というかが、実にヴァシュロン・コンスタンタンらしい。
そして一言、気になっているモデル名を口にすると、数分後にはその実機がトレイに載って運ばれてくるという感じで、SIHH新作をはじめ、コンプリケーションや限定モデルなど、この日のために集めた特別なコレクションが、スタンバイしているのである。

驚いたのは、このメティエダールの気球シリーズ。
https://watch-media-online.com/blogs/1216/



エナメル(しかもプリカジュール)、彫金、エングレーヴなど、メティエダール・セクションの技術の粋を極めた至宝ピースで
5種それぞれ5本限定だったが、ここで見ることができた3本は、この世に残る現在入手可能なすべてを集めたものであると聞いた。

夜のとばりが忍び寄り、さらに落ち着いたムードとなった室内。


なにせほとんどのモデルが集めれらているので、各所でなごやかなうちに、通常はなかなかできない比較検討や、腕に乗せての装着感の吟味などが行われていた。



個人的に気になったのはこれ。

画像などでみていた際には、色味的にはナシのイメージだったが、いざ実機を腕に乗せると、日本人の肌色には実にクールに映える印象であった!


コチラもよかった!






そしてこちらもヴァシュロン・コンスタンタンらしいのは、展示会と同等以上にディナーを楽しんでほしいというホスピタリティである。時計を一時間ほど見たのち、もっと見ていたかったりもするのだけれど(笑)、ディナー会場(当然ながら「ニューヨークグリル」)へご案内となる。

いうまでもないが、パークハイヤット東京とそのメインダイニングである「ニューヨークグリル」は、ソフィア・コッポラ監督がアカデミー脚本賞を受賞した映画、「ロスト・イン・トランスレーション」の舞台となったことで海外での認知度がとても高く、外国人観光客が憧れる東京のホテルの筆頭格なので、予約の取れなかった多数の外国人ゲストが通路や眺望で記念撮影
をする賑わいの中、本日のゲスト約30人ほどの予約席で、歓談しつつのディナーがスタート。



挨拶するヴァシュロン・コンスタンタンのグジェCEO。
時計業界で最もグルマンかつファッショナブルなCEOのひとりである。



グジェCEOをはじめヴァシュロン・コンスタンタンのスタッフならびにアワーグラス銀座スタッフのみなさま、そしてこの日、13日の金曜日にわたしを守護してくれたマルタクロスのヴィンテージ。タイムピースに感謝しつつ。


世界最古のメゾンによる卓越した時計製造技術およびホスピタリティーを堪能できた一夜だった。


ありがとうございました。


【お問い合わせ】
Vacheron Constantin
0120-63-1755(フリーダイヤル)

アワーグラス銀座店
〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-6 ロイヤルクリスタル銀座1F
TEL: 03-5537-7888
http://www.thehourglass.co.jp/




[PR]
# by A-LS | 2018-07-18 19:31 | ヴァシュロンコンスタンタン | Trackback | Comments(0)