a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

オーデマ ピゲ、故郷「ル・ブラッシュの春」を銀座に再現~SIHH2018新作展示会レポート

うららかな春の訪れを感じつつある4月のある日、オーデマ ピゲのSIHH新作お披露目パーティにお招きいただいた。

オーデマ ピゲの故郷、ル・ブラッシュは冬の間は雪によって長く閉ざされる。この冬の隔絶期に手作業に集中できたことが緻密な時計製作のルーツとなっていくのだが、それだけに、ムーブメントの出荷ができる雪解けと春の到来に対するル・ブラッシュの人々の喜びには、日本とはまた違ったものがあるという。
今回のパーティーのテーマは、そんな「ル・ブラッシュの春」の慶びを丸ごと銀座に持ってこようというもの!



なんと、会場には、ジュウ渓谷の森林の光景が!




そこら中に、木が生えてる!!



木立の合間を縫うように新作を展示する時計ケースが点在。





ディナー会場も、アウト・ドアな“ル・ブラッシュ”感が満載。



お食事はロブションさんが出張で担当、シェフのご挨拶も。


ブティックのお客様が、実は新進気鋭のジャグリング&タップ・パフォマーだったというご縁で、素晴らしいパフォーマンスを披露。



オーデマ ピゲの凄いところは、新作のお披露目パーティだからと言っても、特段な商談やアプローチがあるわけではないところ。実際、注目の新作の多くは人気沸騰で、すぐにご案内できるものが少ないという、昨今のオーデマ ピゲの勢いの素晴らしさにもその一因がある。
希少なアイテムは、むしろ出席者の袖口で確認(笑)、お願いして写真を撮らせていただく。



招待ゲストの時計、チタン+プラチナベゼルのロイヤルオークが2本も!


食事後も歓談&展示品の品定めが続く・・・。










全然帰ろうとしないゲストのみなさん(笑)。
つくづく時計好きの宴でした。
銀座ブティックのスタッフのみなさん、ありがとうございました!!



[PR]
トラックバックURL : https://alszanmai.exblog.jp/tb/28303391
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by A-LS | 2018-05-09 18:05 | Trackback | Comments(0)