a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

グラスヒュッテ・オリジナルのバーゼルワールド2018、注目の新作!

バーゼルワールドに出展するドイツ勢の中にあって、自社開発ムーブに対する実にストイックなアプローチや、ステンレススティール・ケースの採用などによって、信頼性と価格的な面からも愛好家に寄り添う形で確固たる位置をキープしているグラスヒュッテ・オリジナル。

すでに、
・セネタ・エクセレンス・パーペチュアルカレンダー ・リミテッド・エディション
スタイリッシュグリーン・ダイヤルのシックスティーズモデルとシックスティーズ・パノラマデイトモデル

上記の限定モデル2を取り急ぎ速報的にお知らせしているが、ここでは残る新作に触れたい。

まずは、2017年の話題作と2015年の衝撃作、GOを代表する2つのコンプリケーションが、新装・改装で発売されたというニュースから。

セネタ・コスモポリト
3年前に驚愕のデヴューを飾った「セネタ・コスモポリト」。これ1本であらゆるタイムゾーンに対応する真の機械式ワールドタイマー・ウォッチが、サテンブラシ仕上げとポリッシュ仕上げからなるミニマルなステンレススティール・ケースをまとって登場した。



実際、この時計のタイムゾーン機能はすごい!
世界の時差はすべてが対グリニッジ標準時に対して1時間刻みではなく、中には、対グリニッジ5時間半のインドや(パキスタンが5時間差なのでそれと一緒になりたくない意地から30分ずらしたとされる)、5時間45分差のネパール(こちらは逆にインドと一緒になりたくないというネパールの意地とされる)など、普通の機械式タイムゾーン時計ではカバーしきれない時差が存在するのだが、このセネタ・コスモポリトでは、現在使用されている世界の36 タイムゾーンがすべて選択でき、ホームとアウェイの2 つのタイムゾーンの時刻を一度に設定することが可能なのだ。
各タイムゾーンは、ゾーン内の代表的な国際空港を表す公式IATA ロケーションコードによって示され、加えて8 時位置の2 つの小窓により、サマータイム(DST)と標準時刻(STD)を設定することができる。

ディスプレイの設定も、ホームタイムは2 時位置のリューズで、現在のタイムゾーンは8 時位置のリューズを用いて簡単に選択できる。驚くべきことは、そのすべての機構が歯車で制御される、機械式時計なのである。

グラスヒュッテ・ウォッチの中でも特筆すべき複雑機能であることをぜひ知ってほしいので、プレスリリースから少し引用する。

(以下青字引用)
ダークブループリントのアラビア数字とブルーのアップリケは、マットホワイトのラッカー仕上げのダイヤルを引き立てます。6時位置のスモールセコンドと4時位置のパノラマデイトは、中央のブルーの分針と時針と調和しています。独立した12時位置のホームタイム表示には、非常に実用的な昼夜表示とパワーリザーブ表示が組み合わされ、2つの補助ダイヤルは、スリムで光り輝くシルバーリングで囲まれています。
8時位置の2つの細長のディスプレイウィンドウは、ダイヤルの曲線にぴったりとフィットし、サマータイムと標準時刻に分けられたディスプレイウィンドウは、3色のうちの1つをIATA国際空港コードとして目的地を示します。9時位置には、新たにデザインされた小さな太陽と芸術的な夜空による昼夜表示が配置されています。

東向きに旅行する(時間が進む)場合は、ローカルタイムゾーンのIATA コードが該当するDST またはSTD ウィンドウに表示されるまで、4 時位置のリューズを時計周りに回します。西向きに旅行する(時間が戻る)場合は、リューズを反時計周りに回します。いずれの場合でも、中央の時針と分針が15 分間隔で時計方向または反時計方向に動き、それに応じてローカルタイムゾーンのIATA コードがDST またはSTD ウィンドウ小窓に表示されます。
この時点で、旅行者はそれ以上の変更を行う必要がありません。中央の時針と分針は目的地の正確な時刻を示し、9 時位置の正確な昼夜表示と目的地の正確な日付がその精度をさらに高めます。もしローカルタイムの設定中に午前0 時を過ぎると、パノラマデイトは場合により1 日遅れた日付または1 日進んだ日付を表示します。


グラスヒュッテ製オフセンターローターによってエネルギーを与えられる4Hzマニュファクトリー製キャリバー89-02の中には、インテリジェントな機構が隠されています。そのパワーリザーブは、最低72時間です。レギュレーターを用いないスワンネックスプリングによる緩急微調整装置は、バランスホイールの4つの小さなネジを用いて調整することができ、これにより高い精度の歩度が保証されます。
標準的なグラスヒュッテ3/4プレートを備える自動巻きムーブメントの繊細な仕上げの表面と多数のディテールは、反射防止加工を施したサファイアクリスタルのケースバックを通じて眺めることができます。
(引用終了)

この複雑機構が、ブランドの特徴的な明快な外観に収められている。貴金属ケースでは400万を超えていたこのコスモポリトが、今回のこのSSケースでは255万円(本体)で手に入る。直径44mmという大きさではあるが、世界を飛び回るようなコスモポリタンは、ぜひ店頭で腕に乗せて、その操作性を体感してほしい1本。


そしてもう一つ。昨年のヒット・モデル、
セネタ・クロノグラフ・パノラマデイトに、端正な白文字盤での登場である。


グラスヒュッテ・オリジナルの代表フェイスとなりうる、大きな可能性を秘めた作品。
フリースプラング付き一体型クロノグラフムーヴメント、キャリバー37(自動巻き)搭載。コラムホイール式プライバック・クロノグラフ、70時間パワーリザーブ、42㎜径。この機構で161万円(本体)。

昨年の黒文字盤との対比。

SSブレスモデルも(189万円・本体)入手可能とのことだ。
ちなみにだが、このバーゼルワールドの直前、ブランドがサポートするベルリン映画祭で公開された、特別仕様の文字盤を持つセネタ・クロノグラフ・パノラマデイトの限定モデル(PTケース、RGケース、SSケース・計130本)は、あっという間に完売したそうだ。



そしてそして、本年度のバーゼルワールド2018、グラスヒュッテ・オリジナルの本当の意味での"真打"こそ、数々の受賞に輝くキャリバー 36 自動巻きムーブメントを搭載した「エクセレンス」シリーズに加わった2つのニュー・フェイス、セネタ・エクセレンス・パノラマデイトとセネタ・エクセレンス・パノラマデイト・ムーンフェイズの新ヴァージョンだ。

クラシックなスタイルでデビューしたオリジナル・バージョンに加え、おのおの3 つの新ダイヤル・バージョンが発表された。

ガルバニックブルーのダイアルには上品なサンレイ装飾、アワーマーカーにはルミナスのポイントが入ったダイヤル。


ガルバニックシルバーグレーのダイアルには繊細な垂直ブラシ仕上げが施され、アワーワーカーにはルミナスのポイント。


滑らかなマットホワイトのラッカー仕上げダイアルにルミナスのスポット。


インデックスは3ヴァージョンともにホワイトゴールドが使用され、それと色調を合わせた剣型の時針と分針が、全体の統一感を整え、調和のとれた美観を引き立てている。


腕にのせると、角度によって複雑な深みを見せてくれるブルー文字盤。
これらの文字盤は、ブランドが誇るプフォルツハイムの自社マニュファクトリーで施された、精巧なガルバニック仕上げ工程の成果に他ならない。

やや大きめの 42 mm 径ステンレススティールケースに、ブルー、シルバーグレー、ホワイトの3種の文字盤のモデルが、セネタ・エクセレンス・パノラマデイトとセネタ・エクセレンス・パノラマデイト・ムーンフェイズそれぞれに新ヴァージョンとして登場、加えて、ストラップモデル、SSブレスモデルの選択も可能。

搭載されたキャリバー36(パノラマデイトではバージョン 36-03、パノラマデイト・ムーンフェイズではバージョン 36-04)の優秀さはいまさら繰り返さなくともよいと思うが、これらの最新バージョンでは、他のすべてのセネタ・エクセレンス・モデルと同様に、優れた品質基準を保証している。

このそれぞれのモデルのひとつひとつの個体のケースバックには、品質を保証する特別な「Q」の刻印がある。この「Q」 は、付属の検査証明書と合わせ、この時計が安定性、作動時間、精度、美しさの点で最高の基準を満たしていることを保証している。また、クロノメーター認定試験よりも厳しい条件で、24 日間にわたってドイツで実施されている徹底的なテストがなされたことも証明している。


42㎜径・自動巻き(両方向巻き上げ機構)・100時間パワーリザーブ
価格:セネタ・エクセレンス・パノラマデイト ¥1,140,000(本体)※全カラー共通、SSブレスモデルは¥1,382,400(税込)、
セネタ・エクセレンス・パノラマデイト・ムーンフェイズ ¥1,260,000(本体)※全カラー共通、SSブレスモデルは¥1,512,000(税込)。







【お問い合わせ先】:
スウォッチグループジャパン株式会社
グラスヒュッテ・オリジナル事業本部
[PR]
トラックバックURL : https://alszanmai.exblog.jp/tb/28262730
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by A-LS | 2018-04-22 21:59 | グラスヒュッテ・ブランド | Trackback | Comments(0)