a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

「時を知る」内覧会~カクテル・レセプション

 

 

b0159560_13072331.jpg



日本とスイスとの国交樹立150 周年を記念して、スイス・ジュネーブに拠点を置く高級時計財団(Fondation de la Haute Horlogerie)は、2月 7 日(金) ~ 12 日(水)まで、六本木けやき坂・イベントスペース umuで『時を知る /時計の歴史~日時計から腕時計へ』展を開催します。


時を計測するという時計以前の装置から、置時計、懐中時計から腕時計まで、
約 100 点にのぼる日本初公開品を 多数含む、世界の貴重な時計が展示されるということで、大変に興味があったのですが、有難いことに、その前日の内覧会および前夜祭的なカクテルパーティにお招きいただきました。
         (※冒頭のアンサンブル画像はカクテルパーティの最終シーンから)

まだ明治維新前の1863年には、スイスの 時計業界の代表に率いられたスイス最初の商業使節団が、早くも日本を訪問し、この訪問が翌年の両国間での最初の修好通商条約にもつながったそうです。



やっぱ時計ってスゴイ!



さて、会場は、テレビ朝日の1Fスペースで、ひとつのケースに複数の展示がなされ、かなり凝縮された印象ですが、
パネル展示まで真剣に読んでいくと、とても時間を要します。

b0159560_13311747.jpg
b0159560_13312228.jpg
b0159560_13323593.jpg
インク記録式のリューセックですね。


b0159560_13320861.jpg


b0159560_13334483.jpg
おなじみのGPのヒストリーです。
b0159560_13341914.jpg
和時計は別枠で展示されておりました。
欲を言えば、クォーツショック後がかなり割愛されて、いきなり現代のピースとなるところに、もうワン・セクション、高級機械式時計復権のプロセスのようなコーナーがあったら、もっともっと楽しめたでしょうか・・・
b0159560_13393614.jpg
スイス時計ではないのですが、こちらもありました!
b0159560_13413682.jpg
b0159560_13421565.jpg





そして隣接するグランドハイアットホテルでのカクテルパーティへ。
高級時計財団(Fondation de la Haute Horlogerie)の会長兼マネージング・ディレクターのファビエンヌ・ルポさんのスピーチ
b0159560_13384297.jpg
会場には、ブランド、ディラー、マスコミ、プレス…等々、日本中の時計関係の方々が集結していた感じでした!
b0159560_13453459.jpg

帰り際には、時計に次ぐスイスの名物、VICTORIXの万能ナイフ、そしてリンツのチョコレートまで、お土産に頂いちゃいました。







でも。。。。。


リンツの原産国が、わが陣営…ドイツだったとは、お気づきではなかったのかもしれません(笑)!!

b0159560_13480962.jpg






短い期間の展示ですが、みなさまも是非是非、足をお運びくださいませ。








[PR]
トラックバックURL : https://alszanmai.exblog.jp/tb/22010209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by a-ls | 2014-02-07 13:50 | イベント | Trackback | Comments(0)