a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

ブティック・イベント The Art of Saxon Craftmanship

b0159560_1384140.jpg

9月20日、銀座のランゲ・ブティックにて "To Discover the Art of Saxon Craftmanship"と題されたイン・ストア・イベントが行われました。

b0159560_153317.jpg

お馴染みの広田氏(左)とジャーナリストの篠田哲生氏(右)のトーク。

篠田氏は先日グラスヒュッテのランゲ本社で催されたマスコミ向けの体験イベント「プレス・アカデミー」に参加したそうで、その際の話を中心に、ときおり広田御大が補足・解説する流れで、ドレスデン、アドルフ・ランゲとグラスヒュッテのヒストリー、そしてランゲのクラフトマンシップについてなど、かなりマニアックなレンジでのトークショーが展開されました。
b0159560_223581.jpg

b0159560_2133962.jpg

続いて、日本でただ一人、公式的にランゲのムーブメントに触れることが許されている公認ウォッチメーカー森山氏による、ランゲ1ムーブメントの分解・組み立て実演で、そのクラフトマンシップを実見します。

b0159560_2162440.jpg

森山さんのお持ちの資格のおかげで、現在、ダトグラフまでの機械であれば日本での分解修理が可能なのです。オーバーホールがすべてドイツ行きになってしまうような国と較べれば、ほんとうに有り難いことです。
b0159560_2163727.jpg

b0159560_217722.jpg

手際良く並べられていく部品。

b0159560_2193437.jpg

最後のこの写真は森山さんが並べた部品ではありません、念のため。これは会場で振る舞われたフィンガーフード、ん? 気持ちはランゲ1なのか??(笑)


しかし、ブティック自らがランゲ・ウォッチの素晴らしさを様々な形で発信していく、こうしたイベントは、ぜひ定期的に開いていただきたいと思います。






えーと、しばらく更新しておりませんでしたが、実は8月~9月に撮った写真データが、夕立の雷光とともに消失するというショッキングな出来事があり…、そのため、ランゲ韓国ブティック訪問記や、いくつかのプチ・オフ会の投稿ができなくなってしまいました…。

韓国ブティックのレポートに関しては、aytyさんのブログがフォローしてくださっておりますので、ぜひご覧ください。

ソウル・ブティックで驚いたことは、最新最速のダトグラフ・アップ&ダウンや、リヒャルト・ランゲ・トゥールビヨン・プールルメリットの限定PTケースや、複数のツァイトベルクなど、思っていた以上に充実した品揃えであったこと、そして感動したのは、ブティックの女性スタッフがとても良く勉強していて、ランゲに対して仕事以上の情熱を持っていることが、ひしひしと伝わってきたことでした。日本正規店でも、あれほど的確で情熱的な接客ができるところは多くないような気がしました。
LOCとしても、これから密に連絡をとりあって、いつの日にか何らかのコラボレーションができたらいいなと考えております。

















als_uhruhrをフォローしましょう




それから、ランゲ本社からのプレス・リリースで、今年のランゲのマスター・イベント"Never Stand Still Tour"の概要が発表されました。

訳すの面倒なので、原文で失礼します。

A.LANGE & SOHNE - “Never Stand Still” Tour
It is part of the tradition of the Saxon Manufaktur Lange to never stand still. That’s how it should be with a good watch. The A. Lange & Sohne novelties of 2012 uphold the brand's aim to develop itself and its products unceasingly.

With a "Never Stand Still Tour", an international road-show, A. Lange & Söhne will present its current watch collection in more than 60 cities
around the world between September and December 2012. In each city, invited Lange owners and partners will have the opportunity of seeing the entire
new collection that had its premiere in January at the Geneva watch fair.

Beyond these, for the first time, is also the brand's top-of-the line model, the LANGE 1 TOURBILLON PERPETUAL CALENDAR. This watch represents
the continuous quest for perfection that distinguishes the brand and makes its timepieces outstanding references to the Saxon art of watchmaking.

"It is very important to us to develop our relationship with A. Lange & Söhne collectors in depth, and to continue building on our many years of
successful collaboration with our retailers. Only those who are in close touch with the market and who listen to their customers will be able to
set the points right for the future," says Lange CEO Wilhelm Schmid, clarifying the significance of the company's programme of events.

An accompanying exhibition goes back to the brand’s roots in the Saxon region and provides an insight into the development of craftsmanship that the Saxons had already cultivated to the highest levels by the Middle Ages. In the Baroque period, under their art-loving ruler, Augustus the Strong, they took their crafts to cultural heights that made the country famous throughout Europe.


日本では10月5日~8日の4日間にわたって開催となります。

なんのこっちゃ解らん方、いまだお誘いのない方は、
すぐにでも、お付き合いのある正規販売店へお問い合わせを!!
[PR]
トラックバックURL : https://alszanmai.exblog.jp/tb/19021938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by a-ls | 2012-09-22 03:05 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(0)