a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

Not so bad ! ~ダトグラフUP&DOWN感想第一報 

SIHH初日を終え、ジュネーヴ会場にいる関係者からの“生声”が入り始めていますが、
なかでも多く聞こえてくるのが、
「ダトグラフU&D、悪くないよ」という声です。

b0159560_2252153.jpg


「想像していたよりも小さく見える」
「そんなに大きく感じない」という感想が多く、
“へぇ~、そうなんだぁ”と自分の期待も膨らんだのですが、
その時、ふと思った・・・

SIHHの同じテーブル、同じトレイに乗っている時計は・・・・
"ランゲ1・トゥールビヨン・パーぺチュアルカレンダー"、“ランゲ1・タイムゾーン・ルミナス”の41.9mm
大きな時計のイメージがある“グランドランゲ1”が40.9mm
小さなイメージのある“フラッハWG"でさえ40mm

その中で41mmのダトグラフU&Dが・・・小さく見えたとしたら、それって…もしかして・・・
b0159560_1064589.jpg

b0159560_2324583.jpg

・・・・・・ん? 他もデカいからでは ??



















als_uhruhrをフォローしましょう




ところで。。。。。




ダトグラフU&Dのユーロ価格は€69,000(しかもVAT19%込み)なんだそうです。
でも、発表された日本定価は7,560,000円(消費税5%込)・本体価格7,200,000円


うーん・・・・・・・・・・・・・・・、
かりに本日の€・¥レート(97.7円)で計算しますと、
ヨーロッパでNewダトは6,741,300円で買えてしまううえに、VAT還付されたら約5,460,000円!!
本体価格で174万円もの差が生まれるのですが・・・・
リシュモンの為替予約がどういうタームでなされているかは存じませんが、
これはどーなんでしょう? 

平行業者を云々する前に、
もう一度、価格改定をして、内外価格差の是正をしたほうが・・・・・・
[PR]
トラックバックURL : https://alszanmai.exblog.jp/tb/17634610
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ランゲを訪ねて三千里 at 2012-01-18 01:29 x
新型ダトグラフは値段据え置きなら良かったんですが、ユーロ安も関係ないんですね。
ランゲ1ビヨンパーペの3000万円弱はちょっと強気すぎるかも!?
ALSさんはお持ち帰りになられるんでしょうか?(笑)
Commented by a-ls at 2012-01-18 09:32
PTケースの¥29,589,000という価格には、正直、ドン引き(笑)。だったらトゥールビヨンじゃなく、非限定・カタログ品で、ランゲマティック・パーペくらいの値段で出て欲しかった・・・に1票です!
Commented by a-ls at 2012-01-18 09:32
そもそも、自動巻きのランゲ1デイマティックに永久カレンダーを載せた時計が、トゥールビヨンである必要性があるのか・・・という根本的な疑問も…
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by a-ls | 2012-01-17 23:05 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(3)