a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

A.ランゲ&ゾーネからの歴史的発見!~幻の代用モデル、あのSSケース・ヴァージョンが日本でも存在確認!!


驚きである!!
――いま"幻の時計”を目の当たりにしている。

まずは、ざっとでよいので、ちょうど2年ほど前に書いた過去記事を読んでいただけると話が早い。

https://watch-media-online.com/blogs/249/ (A.ランゲ&ゾーネとステンレス・ケース)


その記事に登場する1815のステンレス・スティール・モデル。
もともとは、オーバーホールや修理中に時計がないと困るというユーザーへのサービスとして、いわゆる"代車"的な考えで、修理期間中に代わりの時計をお貸しするというものだった。

「オーバーホールや修理などでユーザーが時計をランゲに預けなければならない際に、代替えの時計(車で言う代車のようなもの)を貸し出していたのですが、さすがに貸し出し時計に貴金属を使うわけにいかず、ステンレスケースのモデルを作り、しかもご丁寧にストラップまでランクを落としたカーフ(牛皮)を付けて貸し出したのです!(拙ブログより引用)」


その希少な1815ステンレス・スティール貸与用モデルが、なんと日本のリシュモン・サービスに長く保管されていたことが判明したのだ。


これがその実機である。





「ランゲ時計会社の資産」という意味のドイツ語、“EIGENTUM DER FIRMA PROPERTY OF LANGE UHREN GmbH” も、ムーブメント番号の下に"SERVICE"の文字が彫られているのも約束どおり。





海の向こうの話とばかり思っていたのだが、まさか日本もに存在していたとは。
初めて見るステンレスケースの1815。やはり軽い!!

表は通常の1815黒ダイヤルとまったく同じなので、あまり面白みもないので、手持ちの黒ダイヤル・ランゲと並べてみた。





で、この特別な1815SSの来歴調査をしていただいたのだが、これがなかなか困難なことになった。なにせ販売用の時計ではなく、修理・サービス部門の管理だったこともあり、通常のような在庫管理台帳には載っていないのだ。

つまり価格がついていない時計、極端な言い方をすれば、修理用の"パーツ"と同列の存在で、営業部門の手を経ずに、修理・サービスのセクションへ配備されたわけである。


そこでランゲ探偵団による"推理"を試みる。
ここから先はあくまで「仮説」であることをご理解の上、お読みください。



まず、1815が発表されたのが1996年で、黒文字盤が作られるのはその一年後の1997年のことなので、当然それ以降に配備されたことになる。
さらに、代用品貸与サービスをドイツ本国のみならず日本まで、つまり全世界的なサービスに拡大してるという事実から考えると、A.ランゲ&ゾーネがリシュモンの傘下に入った2000年以降と想像するのが自然ではないだろうか。
おそらく2000年代の前半に日本にやってきた個体ではないだろうか。

さかのぼれる範囲での貸与記録は2005年が最も古く、最後の貸し出し記録は2011年(ああ。この頃に知っていたら、オバホの際とか"時計がないと困るぅぅぅ"とか騒ぎ立てて絶対に借りていたろうに・・・)。

2011年以後このサービスは休止され、現在に至るまで復活していない。念のために言っておくが、現在ではいかなる理由があろうとも、A.ランゲ&ゾーネが時計を貸与してくれることはない。

ちなみに2年前のブログに登場した1815SSは、ストラップがカーフだったが、撮影した日本の配備品は純正のクロコだった。この理由は調べがついている。さすがは日本のサービス、お客様に貸し出すごとにストラップを新品に換えていたので、初代のカーフ・ストラップは最初のおひとり様で終了、廃棄されたようだ。


「貴金属を使わなかったことにより、結果として、このステンレスの1815は、ランゲ史上最も貴重な時計のひとつとなりました。何個作られたのか、ランゲ本社は絶対に教えてくれませんが(笑)、マニア間では現在までに少なくとも3個の存在が報告されております。(拙ブログより引用)」


ということで、これが4本目の"発見"となる。
この4例目の個体は、近くドイツ本社に返納されるそうだが、その前に、WATCH MEDIA ONLINEの読者限定で、10数年間の日本生活をねぎらう1815SSの送別会(笑)をやらせてくれとお願いしているので、ちょっと期待していて下さい。


さて、こんな写真も撮ってみた。



黒文字盤ばっかりであるが・・・ほかに、なにかお気づきの方はいらっしゃるだろうか。

㊙㊙㊙㊙㊙・㊙㊙㊙㊙ですが、もしかしたら、A.ランゲ&ゾーネから黒文字盤にまつわる、なんらかの発表があるかも・・・気になる方は、ここ数日の間、WATCH MEDIA ONLINEをこまめにチェックです!!







[PR]
# by A-LS | 2018-11-27 22:29 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(0)