a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

タグ:パテック・フィリップ ( 286 ) タグの人気記事

7月13日より、ニューヨークで「パテック フィリップ・ ウォッチアート・グランド・エグジビション」開催


もし仮に、

朝起きたら家の前にこんな不思議な入り口が出来ていて・・・、


"えぇ~! 何じゃ、これ??”って幕の中に入ると、
そこはあっという間にニューヨークの42番街だった・・・
なぁ~んてことにならないかなぁ。


いま、猛烈にニューヨークに行きたいぞぉ~!!!




https://watch-media-online.com/blogs/797/


[PR]
by A-LS | 2017-06-25 15:19 | パテックフィリップ | Trackback | Comments(0)

OFF会~LS:RM:PP=4:3+α:2 の巻


昨晩のOFF宴。ランゲ4本、リシャール3本+α、パテック2本。FPJとVCAが各1本と、ほどよい比率(笑)。
で、RMの "+α" 、すごいんだ、これが!





https://watch-media-online.com/offline/793/




[PR]
by A-LS | 2017-06-23 12:00 | オークション | Trackback | Comments(0)

Patek Philippe 2017 実機レポート④レディース・ウォッチ + レポート⑤~最終章

バーゼルのパテック・フィリップ実機レポート、ようやく書き終えられた・・・。

遅々として進まずで、ほんとすみません。









これでようやく、他ブランドのレポートや、日々のオフ会やイベントのUPに集中できそう。


ふぅ~。















[PR]
by A-LS | 2017-04-10 00:33 | パテックフィリップ | Trackback | Comments(0)

パテックフィリップ 2017新作速報

いよいよバーゼルワールド開幕!

まずはパテックフィリップの新作速報から!!



[PR]
by A-LS | 2017-03-23 12:22 | パテックフィリップ | Trackback | Comments(0)

ウォッチメディアオンライン・ブログ更新

時計ニュースサイト、「Watch Media Online」に以下の記事をUPしています。






パテック・フィリップからノーチラス40周年の記念モデル発表。
https://watch-media-online.com/blogs/182/




A.ランゲ&ゾーネのキャリバーナンバーの読み解きルール
https://watch-media-online.com/blogs/180/






Watch Media Onlineとは:
①時計を愛するユーザーを応援します。
②時計の情報やニュースを集め、共有していきます。
③時計を通じたワールドワイドなコミュニケーションを作ります。
④時計の美しさや技術を追求します。
⑤時計に関わる最新の動向をリアルタイムに伝えます。


https://watch-media-online.com/index.html

なにとぞ宜しくです。








als_uhruhrをフォローしましょう





[PR]
by A-LS | 2016-10-05 07:41 | Watch media Online | Trackback | Comments(0)

挑戦 ? or 挑発 ?  


ジュネーヴでみた光景。

b0159560_17474795.jpg
写真の写りがあまり鮮明ではないが、
黒いメカクシ板に見えるロゴ…、

そう、リシャール・ミルのなにかブティックのようなものを建設している現場に遭遇したのだ。

b0159560_17181949.jpg
現在はケンピンスキ―ホテル内に大きなブティックを持っているが、これはそれを超える大きさに思える。
ま、これだけなら大したニュースにもならないかもしれないが、問題はその”場所”である。


歩行中のマダムの左上に見えている住所表示には、Rue du Rhone 80-84 とあるが、
この住所でピンと来た方はさすがです!!!


では、上記の写真の左半分を掲載します。 
歩行中マダムを目安に位置関係を確認して欲しいのだが・・・

b0159560_17324233.jpg
マダムの頭上、2Fのガラスに映り込んだ文字(とうぜん鏡文字だが)を読んでみて!!!!



そう、このリシャール・ミルの大きな建造物は、
パテック・フィリップ・ジュネーブ・サロンの道を挟んだ斜め前に建設中 なのだ!!!!


b0159560_16115368.jpg
有名なこの画像は正確に言うと裏だが、
パテック・フィリップ・ジュネーヴ・サロンの住所は Rue du Rhone 41

チャレンジなのか挑発なのか、
リシャールさんの目の付け所には、なんかいつも”ドラマ”が漂う。



もうできてるくさいし。
http://www.richardmille.com/store/richard-mille-boutique-geneva/



ちょっと
今後に注目したい(笑)。
































als_uhruhrをフォローしましょう






























[PR]
by A-LS | 2016-08-11 17:50 | リシャール・ミル | Trackback | Comments(2)

一世紀の垂直



お招きいただいたのは、”パテック・シスターズ”のお祝いの席。
それにしましても美事な2本!!


b0159560_01211108.jpg

この宴、訳あって、男性陣は「11」にこだわれとのお題があり、
そのためにこんなショットで・・・

b0159560_01252758.jpg
57”11”A と RM”011”と 57”11”P。



で、さらに、ワインも11にこだわった粋人がお持ちになったのは・・・・




b0159560_01283506.jpg
1911 と 2011 の ヴィンテージ!!!

100年垂直のムートン、ディケムの1911とか・・・・あり得ないんですけど(笑)。
1911年とかっていえば、わが陣営ではまだリヒャルト・ランゲもエミール・ランゲもご存命なんですけどぉ~!
某麗人の誕生年のラトゥールも良かったです。



最後に、それぞれのグラスと一緒に!
b0159560_01461718.jpg


お美味しゅうございました!!
m(_ _)m




























als_uhruhrをフォローしましょう





































[PR]
by A-LS | 2016-07-27 01:50 | GTG | Trackback | Comments(4)

赤と黒のGTG


赤と黒に、そして白・・・。

この日のGTGに集まったピースは、奇しくも、時計そのものだけでなくそのコーディネーションを楽しむマインドに彩られたものだった!

b0159560_11234390.jpg

さらに、1個増えて・・・・


b0159560_11243592.jpg

しかし、まだまだ終わらない・・・

b0159560_11261405.jpg

うわっ!!

b0159560_11284667.jpg

ストラップの素材の違いにも注目!

b0159560_11292617.jpg

ま、時計は楽しまなきゃね。

b0159560_11162769.jpg


にしても・・・RM率高し!!!  ”夏に弱い”わが陣営は(笑)、”完全撤退”の方向・・・。




にしても・・・こんなに美味しい焼き鳥があったとは!!!!




b0159560_11333280.jpg

というわけで、
なにかと”感激”の多い一夜でした!




















































als_uhruhrをフォローしましょう


















































More・・・GTG
[PR]
by A-LS | 2016-07-22 12:09 | GTG | Trackback | Comments(0)

うぉっちたいむさん、ありがとう。



過日、行きたくて行きたくて行きたく行きたくて行きたくて仕方なかった催事があったのだが、のっぴきならない急用のため列席すること能わず、
そこで別日に別会場で同内容の催事があると知り、お願いしてお願いしてお願いしてお願いしてお願いしてお願いしたのだが参加すること叶わず・・・・。ああ、無常哉。。。。。。。
ここまでの自分の時計趣味の道程で、とりわけ熱く勉強して勉強して勉強して勉強して勉強してきたのは、七宝と、時打ちに関して。
それほどの熱情を注ぎきたるにもかかわらず、この催事に立ち会えない自分が不甲斐なく口惜しく、その歯がゆさゆえ時計が事を考えることさえ辛く、しばし時計について書くことを辞めたくなるほど脱力したこの数週間であった・・・。

しかし、捨てる神あらば拾う神あり。

”America's No.1 Watch Magazine”を謳い文句とする時計雑誌「WatchTime」さんが、
June 19, 2016付のウェブ記事で、独逸にて行われた概念的にとても近い内容の催事の音部分を公開してくれたではないか!


わが国のものとまったく同じ内容・切り口とは言えないかもしれないが、その情報公開の姿勢があまりに有難いので、感謝の気持ちを込めて「WatchTime」最新号の表紙写真と定期購読申込ページのURLまで載せて、雑誌の宣伝・販売まで協力してしまうぞ!!
http://www.watchtime-shop.com/subscription/all-access-subscription.html?utm_source=website&utm_medium=banner&utm_campaign=allaccess


b0159560_06340502.jpg

ま、おふざけはこのくらいにして、以下、引用。
文責は
Patek Philippe has not only been a driving force in re-introducing minute repeaters during the last 25 years; the family-owned watch company also offers one of the larger, if not the largest, selection of men’s and ladies’ minute repeater wristwatches in its current collection. The company states that it takes a watchmaker 200 to 300 hours to assemble a minute repeater and that every finished timepiece, even if it’s the same watch reference in the same metal case, will sound subtly different. Also, every single watch is personally checked by the Patek Philippe’s President Thierry Stern before leaving the manufacture.


b0159560_06461423.jpg


Our colleagues from WatchTime.net (WatchTime’s sister publication in Germany) recently had the rare opportunity to watch six minute repeaters from Patek Philippe in action. All of them chime three distinctly different sounds: the hours are signaled by a low tone, the quarter-hours by a sequence of two tones, and the minutes by a high tone.


As you will see below, the time is struck by small steel hammers on different gongs (the watches were set to a time shortly before 1 o’clock in order to produce the maximum amount of chimes, and thus auditory enjoyment). Here are videos of all six references, along with pricing and specs.



Patek Philippe Ref. 5074R-012 in rose gold
(CHF 597,200.00), automatic movement, Caliber R 27 Q; perpetual calendar with day, date, month, leap year, moon-phase and a.m./p.m indication; case diameter: 42 mm.





Patek Philippe Ref. 5207/700P-001 in platinum (CHF 826,400.00), manually wound movement, Caliber R TO 27 PS QI; perpetual calendar with tourbillon, day, date, month, leap year, moon-phase display and day/night indicator; case diameter: 41 mm.




Patek Philippe Ref. 5078P-001 in platinum (CHF 398,100.00), automatic movement, Caliber R 27 PS; enamel dial; case diameter: 38 mm.




Patek Philippe Ref. 5073P-010 in platinum (CHF 749,300.00), automatic movement, Caliber R 27 Q; perpetual calendar with day, date, month, leap year, moon-phase and 24-hour display; case diameter: 42 mm.





Patek Philippe Ref. 5304R-001 in rose gold
(CHF 639,100.00), automatic movement, Caliber R 27 PS QR LU; perpetual calendar with retrograde date hand; case diameter: 43 mm.





Patek Philippe Ref. 5217P-001 in platinum (CHF 881,500.00), manually wound movement, Caliber R TO 27 PS QR; perpetual calendar with tourbillon, retrograde date hand, and moon-phase; case diameter: 39.5 mm.





引用は下記URLから。
http://www.watchtime.com/wristwatch-industry-news/technology/6-patek-philippe-minute-repeaters-in-action-video/?utm_source=WW+6-25-16&utm_campaign=WW+6-25-16&utm_medium=email



似た内容の展示が全世界規模で行われていることを考えると、
今後、同社のミニッツリピーターの位置づけがよりオープンなスタンスに代わっていくことを意味するのかもしれない。


これはまた別の記事にしようと思うが、不景気や高額品の頭打ちを予想している時計業界にあって、文字盤やケースなど時計デザインの工芸化とリピーター機構は、新素材革命と並んで非常に重要な選択肢と考えられているはずなので、この分野での新製品にはこれまで以上に特別な注目が注がれることになるだろう。















































als_uhruhrをフォローしましょう
























…More
[PR]
by A-LS | 2016-06-26 07:23 | 雑記 | Trackback | Comments(1)

自然淘汰??


一番なごめる時計の会なのだけれども、

今年の初めに、このような状況に陥り ~RM包囲網~三田攻防戦


続く、エレガンスGTGでは、集合写真左端にちょっこりと写りこむのみとなり…、



そして昨夜、6月の定例会では、とうとう以下のような布陣に・・・・




b0159560_19353617.jpg

ああ、ついにわが陣営は完全に・・・・・・・ていうか自分がしてないのはどうよ(笑)。





"イギリス大迷惑事件"が勃発(笑)した歴史的な日に、その処理のためなのか、メンバーの遅参・欠席相次ぐ中(笑)、
戦場はとうとう、PPとRM、2社の寡占状態に!!











ま、ユーロ建てランゲ納品が終わるまではこの混乱も良しとするか(笑)・・・。













































als_uhruhrをフォローしましょう



















[PR]
by A-LS | 2016-06-25 12:18 | GTG | Trackback | Comments(2)