a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

ランゲ&ゾーネ、1815ラトラパント・パーペチュアルカレンダー・ハンドヴェルクスクンストを発表!

青く輝く工芸美

A.ランゲ&ゾーネは、華麗なる工芸美に彩られたハンドヴェルクスクンスト・エディションを世に送り出し、熟達した職人技が芸術作品を創造し得ることを示します。新作1815ラトラパント・パーペチュアルカレンダー・ハンドヴェルクスクンストでは、ホワイトゴールド製のダイヤルと裏蓋に青い釉薬を焼き付け、浮彫りで意匠を凝らした装飾模様を入れています。
特殊な装飾技法で仕上げられたムーブメントは、スプリットセコンド・クロノグラフとムーンフェイズ表示付きパーペチュアルカレンダーを同時に搭載するという稀有かつ刺激的な構造になっています。



1815ラトラパント・パーペチュアルカレンダーは、その発表年に二度も時計界の話題をさらった時計です。1回目は、2013年1月のSIHHジュネーブ・サロンです。機械式時計の中でも最高レベルの技術力が必要な複雑機構を組み合わせただけでなく、デザイン美をも実現した時計製作技法には、時計業界の関係者およびジャーナリストから大きな反響が寄せられました。そして、同年のジュネーブ時計グランプリでは、グランドコンプリケーション賞に加えてオーディエンス賞にも輝く栄誉にめぐまれました。

このたび、非凡なタイムピースに工芸美を添えたハンドヴェルクスクンスト・エディションを、世界で20本限定製作します。モデル名に「ハンドヴェルクスクンスト」の銘を冠する時計は、これで6作目です。この銘は、A.ランゲ&ゾーネのムーブメント、ダイヤルおよびケースに施されたとりわけ芸術性の高い仕上げ装飾を象徴しています。丹念な手作業による装飾は常にA.ランゲ&ゾーネの時計のトレードマークとなっていますが、その中でも1815ラトラパント・パーペチュアルカレンダー・ハンドヴェルクスクンストの製作は、仕上げ装飾、エングレービングおよびエナメル焼成を担当する職人たちにとって新たな挑戦となりました。彼らはこの新作で工芸美をさらなる高みに引き上げるため、途絶えていた技法をよみがえらせ、希少な技法に挑み、斬新なアイデアを出し合いました。


A.ランゲ&ゾーネがダイヤルにエナメル焼成とエングレービングを組み合わせた装飾を試みたのは、このモデルが初めてです。無垢のホワイトゴールドに浮彫り技法で星を描き、深い青色の釉薬を焼き付けることによってムーンフェイズ表示に立体感を出し、一層魅力的な表情を与えています。エナメル表面と同一面に整列させた算用数字は、時刻表示、カレンダー表示およびパワーリザーブ表示のロディウム仕上げのゴールド製針と見事に調和しています。

ムーンディスクおよびブルースチールの分積算針もエナメルのブルーにしっくりと馴染んでいます。これとは対照的に、ホワイトゴールドをシルバーカラーで仕上げた四つのサブダイヤルがメインダイヤルに鮮明に浮かび上がります。クロノグラフ針には、ダイヤル上ではっきりとそれと見分けることができるように配慮してゴールドプレート仕上げのスチールを採用し、アクセントカラーとしての効果も添えています。シルバーカラーのダイヤル外周には、線路をイメージした古典的なレイルウェイモチーフの分目盛りをあしらっています。





ムーブメント裏側のサファイアクリスタルを覆う裏蓋には、月の神話を再現しました。

レリーフサークルの中に、ローマ神話に登場する月の女神ルーナが風に翻るベールを纏い、三日月形の王冠を頭上にいただき、夜を照らすたいまつを持って佇む姿が見えます。この装飾は、レリーフ技法とトランブラージュ技法を駆使して円形の浮き彫りにしたものです。このレリーフサークルを、浮き彫りにして青い釉薬を焼き付けた星と雲で縁取りました。



複数の複雑機構を同時に搭載するという技術面での意気込みは、芸術的なムーブメントの装飾にも表れています。洋銀製の輪列受けの表面に見られるきめ細かな粒状感は、往年の懐中時計のムーブメントの仕上げ装飾に倣ったものです。ラトラパント受けとテンプ受け、クロノグラフ受けと切替えレバー受け、そしてカバープレートに見られるトランブラージュ・エングレービングに、ダイヤルに描かれた星々が自然に溶け込んでいます。631個の部品からなる自社製キャリバーL101.1がランゲ最高品質基準に準拠して仕上げられていることは、言うまでもありません。


スプリットセコンド・クロノグラフは、連続した複数のラップタイムの計測を可能にします。クロノグラフ機構とラトラパント機構を制御するため、それぞれの機構に専用のコラムホイールを1個ずつ取り付けています。10時位置のボタンを押すとラトラパント機構が作動し、その様子はサファイアグラスのシースルーバックから見ることができます。永久カレンダー機構は日数の異なる12カ月を通常の暦年だけでなく、2100年までのうるう年にも正確に表示します。6時位置にあるスモールセコンドの下部に配置されたムーンフェイズ表示は、誤差が1日分に累積するのに122.6年もかかるという高精度を誇ります。

手巻きムーブメントに組み込まれたパワーリザーブ表示は、最大42時間のパワーリザーブが完全に消費される前に、ゼンマイの巻上げが必要になったことを知らせてくれます。

直径41.9ミリのホワイトゴールド製ケースにホワイトゴールド製フォールディングバックルとブルーグレーのアリゲーターベルトを合わせた1815ラトラパント・パーペチュアルカレンダー・ハンドヴェルクスクンストには、限定のナンバリングが刻まれています。


【スペック】
1815ラトラパント・パーペチュアルカレンダー・ハンドヴェルクスクンスト
Ref. 421.048FE



ムーブメント: ランゲ自社製キャリバーL101.1、手巻き、ランゲ最高品質基準準拠、
         手作業による組立ておよび装飾、
         五姿勢調整済み、素材の特性を生かした洋銀製の地板および受け、
         表面に粒状感を持たせた輪列受け、
        手作業でトランブラージュ模様を入れたラトラパント受け、テンプ受け、クロノグラフ受け、
        切替えレバーおよびカバープレート
ムーブメント部品数 :631
石数 :43石
ビス留め式ゴールドシャトン: 4石
脱進機 :アンクル脱進機
調速機 :耐震機構付きチラネジテンプ、自社製ヒゲゼンマイ、毎時21,600振動、
      スワンネック形バネと側面にある調整用ビスにより微調整可能な速度調整装置
パワーリザーブ:完全巻上げ状態で42時間


機能 :時、分およびストップセコンド機能搭載スモールセコンドによる時刻表示/
    分積算計付きスプリットセコンド・クロノグラフ/
   日付、曜日、月、ムーンフェイズおよびうるう年表示付き永久カレンダー/
  パワーリザーブ表示
操作系 :ゼンマイ巻上げおよび時刻調整用リューズ/クロノグラフ操作ボタン2個、
     ラトラパント操作ボタン1個/日付、曜日、月およびムーンフェイズ表示に調整プッシャー各1個
ケース寸法; 直径:41.9 mm、高さ:15.8 mm
ムーブメント寸法 :直径:32.6 mm、高さ:9.1 mm
ケース :ホワイトゴールド/裏蓋=ブルーエナメル仕上げのホワイトゴールド、
      レリーフおよびトランブラージュ・エングレービング
ダイヤル: 6パーツ構成、レリーフ模様入りブルーエナメル仕上げのホワイトゴールド/
       外周リング=レイルウェイモチーフの分目盛り付き、シルバーカラーのホワイトゴールド
針:ロディウム仕上げのゴールド/クロノグラフ針:ゴールドプレート仕上げのスチール/
ラトラパント針:ロディウム仕上げのスチール/分積算針:ブルースチール
風防ガラスおよびシースルーバック:サファイアクリスタル(モース硬度9)
ベルト:手縫いアリゲーターベルト(ブルーグレーのレザーにグレーのステッチ)
バックル:ランゲ特製フォールディングバックル(ホワイトゴールド)
限定数 :20本



元記事はこちら。

















[PR]
# by A-LS | 2017-09-17 20:06 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(0)