a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

<   2016年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

納涼



b0159560_20211400.jpg


b0159560_20223668.jpg

風流な

b0159560_20231415.jpg


ひと夏の経験w


お世話になりました



























als_uhruhrをフォローしましょう


























[PR]
by A-LS | 2016-07-31 20:25 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

COMICでみたランゲ ②


以前の投稿がなかなかの好評だった「COMICでみたランゲ」

その第2弾を発見!!


あるコミックを検索中にネットで遭遇した画像なのだが、
まだ実際の画を単行本などで確認してはいないので、やや確実性には欠けるところもあるものの、

ま、とりあえず、コレを!!



b0159560_21464112.jpg






会社ロゴは省略されているけれども、この時計は絶対アレだよね!!!
※画像の天地を逆にして実機と比較すると・・・・



ほらね!!!



b0159560_21471493.jpg
おおおお~っ、セレクトが渋すぎる!!
さてこのコミックは何でしょう。

出題しておいて大変に恐縮ですが、
お解りの方はCOMIC第何巻のどんなシーンかまで教えて戴けると、わたしが有難いm(_ _)m

ヒント、TV放映もされているし映画にもなっている・・・・ただし実写だが!!




解答発表以前に著作権の問題が露見した場合、
いつも同様、長いものに巻かれてすぐさま削除ですので(笑)、あしからず。


































als_uhruhrをフォローしましょう


























[PR]
by A-LS | 2016-07-29 21:52 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(5)

一世紀の垂直



お招きいただいたのは、”パテック・シスターズ”のお祝いの席。
それにしましても美事な2本!!


b0159560_01211108.jpg

この宴、訳あって、男性陣は「11」にこだわれとのお題があり、
そのためにこんなショットで・・・

b0159560_01252758.jpg
57”11”A と RM”011”と 57”11”P。



で、さらに、ワインも11にこだわった粋人がお持ちになったのは・・・・




b0159560_01283506.jpg
1911 と 2011 の ヴィンテージ!!!

100年垂直のムートン、ディケムの1911とか・・・・あり得ないんですけど(笑)。
1911年とかっていえば、わが陣営ではまだリヒャルト・ランゲもエミール・ランゲもご存命なんですけどぉ~!
某麗人の誕生年のラトゥールも良かったです。



最後に、それぞれのグラスと一緒に!
b0159560_01461718.jpg


お美味しゅうございました!!
m(_ _)m




























als_uhruhrをフォローしましょう





































[PR]
by A-LS | 2016-07-27 01:50 | GTG | Trackback | Comments(4)

パチモンGO


ついに日本でも配信が開始された「ポケモンGO」

ゲームと言えば部屋にこもるイメージが強かったが、この「ポケモンGO」は外に出ないと始まらない。
その意味で歓迎されている向きもあるが、車を運転しながらゲームをしたり、私有地や立ち入り禁止区域に入り込んでしまったり、仮想現実空間に没頭することで現実空間に対する集中力・注意力が減ってしまう結果、思わぬ事故などが多発するのではという心配もされている。
ゲーム画面を見ながら不意に飛び出してくる歩行者と接触したら、車の場合、やっぱり前方不注意っていうことになるのだろうか・・・咄嗟に避けられないケースもあるだろうに、それはそれでこわい話だ。


さて、アウトドアでポケモンを捕獲する「ポケモンGO」にあやかったわけでもないだろうが、
なんと、アウトドア空間に潜むパチ・ランゲを某ネット・オークションにて発見、早速捕獲に向かった・・・。



b0159560_02201454.jpg
b0159560_02204269.jpg
おっと。これはレアな珍種かもしれないゾ!

これはなんと!!!!




b0159560_02214877.jpg
わたしも初めて見た、”アーケードン” じゃないか(笑)!!!!


パチをどんどん捕獲していく新ゲーム、
「パチモンGO」。
けっこうハマるかも(笑)。。。。



さぁ、街へ出て、”ぱち”を捕まえよう!!
銀座や上野あたりいっぱいいるのかな



以上、「パチモンGO」の話題でした。















【追記】書くことを予定している記事、取材済みの記事など、書かなければいけない記事はたくさんあるのだが、
最近、公私ともに本当にバタバタしており、なかなかに取り掛かれない。
たぶんしばらくはこのような短い投稿が多くなると思い、書くと約束している関係各位には本当に申し訳なく、
この場を借りてご理解をお願い申しあげる次第である。
・・・・・ほんとうにすみません。

































als_uhruhrをフォローしましょう

















































[PR]
by A-LS | 2016-07-25 02:37 | パチ | Trackback | Comments(1)

赤と黒のGTG


赤と黒に、そして白・・・。

この日のGTGに集まったピースは、奇しくも、時計そのものだけでなくそのコーディネーションを楽しむマインドに彩られたものだった!

b0159560_11234390.jpg

さらに、1個増えて・・・・


b0159560_11243592.jpg

しかし、まだまだ終わらない・・・

b0159560_11261405.jpg

うわっ!!

b0159560_11284667.jpg

ストラップの素材の違いにも注目!

b0159560_11292617.jpg

ま、時計は楽しまなきゃね。

b0159560_11162769.jpg


にしても・・・RM率高し!!!  ”夏に弱い”わが陣営は(笑)、”完全撤退”の方向・・・。




にしても・・・こんなに美味しい焼き鳥があったとは!!!!




b0159560_11333280.jpg

というわけで、
なにかと”感激”の多い一夜でした!




















































als_uhruhrをフォローしましょう


















































More・・・GTG
[PR]
by A-LS | 2016-07-22 12:09 | GTG | Trackback | Comments(0)

熊本城復旧チャリティー!


時に応じ、積極的にチャリティーを開催するリシャール・ミルさんの行動力は、実に賞賛に値するものがある。

この度の、熊本の震災に関しても、
特別制作モデルのRM023を出品した。

なんと、インデックスがアラビア数字!!

b0159560_19474590.jpg
ケースはWG製で、最低入札額は8,000,000円より。

既に入札は受付中で、締め切りは8月18日(木)18時まで。

結果は翌日に発表される。


詳細はコチラをよくお読みいただきたし。
http://www.richardmille.jp/blog/?p=536



チャリティーの目的を、熊本のシンボルともいえる「熊本城の復旧支援金」としているのが、
戦国マニアのわたしにはひときわ嬉しかったりする。


がんばれッ!!!!






















































als_uhruhrをフォローしましょう
















































[PR]
by A-LS | 2016-07-19 19:53 | リシャール・ミル | Trackback | Comments(4)

No repair is too small 


昨日の夕方にEテレでやっていたディズニー短編アニメセレクションを、そのタイトルに惹かれて観た。

ちょっと良かった。
2010年の作で「小さな時計」(原題は「Tick Tock Tale」)というショートフィルム。
遅れ気味のため75%引で売られてるテーブルクロックの冒険。

YouTubeで検索したら、完全版があったので貼っちゃう。
※ディズニーからクレームきたら、即攻で”長いモノに巻かれます”のでご理解あれ。




ここに出てくるクロックやウォッチがどこのものか、だいたいわかっちゃう方もいるんだろうなぁ~。
羨ましい!

フィルム中のキーワード、
”No repair is too small” 

これは寄付金募集などの際にスローガンぽく書かれていたりする、”No amount is too small”、
つまり、「どんな金額でも少な過ぎることはない」 をもじったこの店の標語なのだろう。

”No repair is too small” 
和訳しときますと、
”しなくてよい修理などない”、ってことだろうか…。


このスローガンに関しては、
「そうだそうだ!!」と、
我が家のランゲ懐中ジャンクムーブたちも、大いに賛同しております。(苦笑)













































als_uhruhrをフォローしましょう









































[PR]
by A-LS | 2016-07-19 00:37 | 時計いろいろ | Trackback | Comments(2)

ランゲ ”贋物”オンパレード


先頃、某ブランドを騙った「だぶるとぅーるびよん」について書いたが、
わが陣営にも、けっこう”ニセモノ”が湧いてきているようだ。


ここ数年、急にニーズが高まったのか、ほんの2~3年前くらい前にはランゲの”ラ”の字も知らなかったようなヤカラが、急きょランゲを扱い始めたと思われるような、本質や特徴を完全に無視した、かなり醜悪な顔つきのものが目立つ。

b0159560_19111050.jpg
トゥールビヨンだのルモントワールだの、機能のお話は当然全部インチキだし、せめてランゲの特徴くらい勉強してから着手してほしいもんだが、ま、せめてもの償いなのか、ちっちゃいけれどデイトをつくった例がコチラ。
b0159560_19164270.jpg

時には妙に勉強してしまった結果、別の知識とこんがらがってしまったような、こんな事例も。



b0159560_19191797.jpg
ああ。。。。。。。。FPJさんにも謝ってほしいぞ!!(笑)


こんな笑えるレベルならまだいいが、タチの悪いのに出くわすと本当にめげる。
ここには載せないが、ブランドを応援したり、ブログを書こうとする気持ちが打ち砕かれるような、
悪質な”ニセモノ”にも、ちょいちょい出くわすご時世・・・・はふぅ。


b0159560_19305134.jpg

ま、いつの世でもどんな場所にも、”ニセモノ”はいるわけで、どうもこればかりは仕方ないようで、ある時は無視してある時は排除して、そしてあるときは笑い飛ばして、一生懸命に趣味を楽しむしかないようだ。











































als_uhruhrをフォローしましょう








































[PR]
by A-LS | 2016-07-17 19:42 | パチ | Trackback | Comments(7)

モンブラン 銀座ブティック10周年記念のスペシャルエディション


もう2年も前に書いた記事にもかかわらず、現在まで日々一定したアクセスを戴いているページがある。

「モンブラン、そしてミネルバ」というタイトルの記事だ。

それは、このメゾンがいかに世間の注目を集め、いかにネット検索されているかを物語る証左と言えるのではないだろうか。

時計というビジネス・シーンにおいて、これまでかなり多くの経営者と会談する機会を得たが、そのなかで(そのやり方はともかく)経営者の視点から時計業界全体を語り、なおかつその信念に特別な敬意を抱いた人物が2人いる。ひとりは、いまやLVMHグループの時計部門を総括するジャン・クロード・ビバー氏、そしていまひとりがモンブランを率いるジェローム・ランベール氏である。

ジェロームは”わがランゲ陣営”にも短期間関与したのだが、自らの成果を明確な形にする前にその地位を離れてしまったことで、彼の改革が充分に咀嚼されないまま現体制に引き継がれてしまったのは、ある意味でたいへんに残念である。(このことはいつか文章にまとめたいと思ってはいるが…)



さて、今日のニュースは、
そのモンブランから、銀座ブティック10周年記念のスペシャルエディションが発表されたということ!

b0159560_16280938.jpg
(以下、ブラントの資料から引用)

世界各国のモンブランブティックでも有数の規模を誇る銀座本店は、2016年にオープン10周年を迎えます。これを祝い、日本のモンブランファンに感謝をささげるべく、日本限定のスペシャルエディションのタイムピースが登場。
登場から3年で早くも定番の座を占めるにいたったモンブラン ヘリテイジ スピリット。丁寧にはめ込まれたアップライトのインデックス、垂直方向にヘアラインが走るマットな横顔を持つシリンダーケース、そして外周に溝を走らせたボンベダイヤルなどの端正さは、世代を超えて受け継がれるタイムレスな美を醸し出しており、控えめなスタイルを好み確かな審美眼を持つ日本人にふさわしいタイムピースです。

モンブラン ヘリテイジ スピリット デイト オートマティック
ギンザ10周年記念
スペシャルエディション100 (SSケース)

b0159560_16314961.jpg
モンブラン ヘリテイジ スピリット デイト オートマティック
ギンザ10周年記念
スペシャルエディション10 (RGケース)

日本限定発売となるスペシャルエディションは、エッセンシャルな3針+デイト表示のオートマティックモデルを落ち着いたネイビーブルーに染め上げました。日本人男性の凛々しさを引き立てるネイビーブルーに、古来より日本を象徴する真紅を秒針の先端に用いたカラースキームは、「銀座-GINZA-」を象徴的に表しています。
ギンザ10周年スペシャルエディションは、100本限定のステンレススティールケース、10本限定のレッドゴールドケースで展開します。どちらもケースバックには「GINZA BOUTIQUE 10th ANNIVERSARY」の文字が刻印されています。
モンブラン銀座本店で先行販売中です。

詳しくはコチラ参照
http://www.montblanc.com/ja-jp/discover/blog/ginza-btq-anniversary.html?utm_source=enewsletter&utm_medium=email&utm_campaign=201607





文章にもあるとおり、
日本の象徴的なイメージを綺麗に落とし込んだデザインだ。

ひさびさに銀座ブティック、いってみよぉ~かなぁ。






































als_uhruhrをフォローしましょう




































[PR]
by A-LS | 2016-07-13 16:42 | モンブラン | Trackback | Comments(0)

ブランドとマインド



この数日間、
畏れ多くも世界三大時計ブランドを股にかけた、
本当に良い体験をさせていただいた。
ただ、約束があって、ブログに書けるものと書けないものがある。


イベント、パーティ、発注、新技術開発・・・・内容はいろいろだが、つくづく思うこと、それは・・・
良いメゾンは、チームおよびスタッフのマインドがほんとうに素晴らしいということだ。
信頼のおけるスタッフは、ユーザーと向き合う時、愛を持って時計を語っている、たとえ自社製品以外でもだ。

書けるものは、おいおいまとめていこうと思う。




ふと思う。
誰れの言葉だったか。


『この世のミニッツ・リピーターは2つに分けられる。
Patek Philippe のリピーターと、それ以外のリピーターとにだ!』


b0159560_03385422.jpg

けだし名言である。
5016の音などを聞かせていただくたびに、それは胸に染み入る。
19世紀からずっと、ミニッツ・リピーターの頂点を極め続けているパテック・フィリップの作品、
およびその姿勢、そしてマインドが、間違いなく素晴らしいことを、昨日、改めて実感することができた。







ただ、ミニッツ・リピーターという枠組みから、
構造上とび抜けてしまったものはいる。



b0159560_03470645.jpg

もはや別物というべき、スーパーソヌリだ。


b0159560_03493548.jpg
”ルールを壊す”ということをスローガンとするブランドの挑戦、
そこに、無限の可能性を感じることができた・・・。





ニュースサイトへの移行準備などに時間がとられ、
週末はなかなか書く時間がみつからず、今日はここまで。。。。。
















als_uhruhrをフォローしましょう








































[PR]
by A-LS | 2016-07-11 03:58 | 雑記 | Trackback | Comments(0)