a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

<   2015年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

リズムと時計

先週、久々にライヴに出掛けてきた。

以前は本業の関係で週の3~4日は、このようなライヴ空間で取材をしていたことが懐かしくもあるが、
そのせいもあって体を壊し、仕事のスタンスを変えてからは、クラシックやアコースティックなど耳に負担の少ないライヴが主となり、
いわゆるロックやポップスなどのライヴに足を運ぶことは、年に数えるほどとなった。


この日のライヴは着席で観られる女性アーティストのものだったが、
盛り上がった拍子に客席がスタンディング状態となり、曲に合わせた手拍子が始まった。


これがなかなか面白いのは、客席の手拍子にはいろんなパターンがあって、絶対に全部は揃わないことだ。


周囲の様子をみているだけでも、
合っている方、遅れている方、少しずつ遅れていく方、少しずつ早くなっていく方、ちゃんと休符を空打ちしている方、
実に様々である。


正確なリズムをキープする訓練のひとつには、下半身、特に膝で「8」か「16」のリズムを取って、それを基本に手拍子を打つというのがある。
これがうまくできるようになると、変拍子でない限りは(ま、変拍子で手拍子を要求するアーティストもおるまいが...)ほぼ正確にリズムをキープできるようになるハズである。


で、ここでふと、これが時計ブログであることに気づく(笑)。


しかし実は、手拍子と時計とには思わぬ因果関係があるのだ。



というわけで、ややこじつけ気味ながら(笑)、ここからが本題。



機械式時計に関しては・・・、



手拍子や拍手は禁物なのである!



いかに耐震機能があるとはいえ、あれは天真を折れにくくする機構であって、一定の律動を刻んでいるテンプに激しいテンポで打刻振動を与える拍手はたいへんな悪影響を及ぼすばかりか、激しい振動がカムの伝導の瞬間に加えられたりすると、歯車がずれるなどの深刻な障害が発生しないとも限らないし、手拍子のような絶え間なくリピートするパターン干渉は、真回転に対して逆転の動きを発生させることもある。


スタンディングのライヴなどでの汗も危険だが、それ以上に、忘年会などが頻繁にあるこの時期、二次会のカラオケなどでの拍手や手拍子の末に時計が動かなくなるということもままあることなので、よくよくの注意が肝要である。

・・・という、起承転結がなんとなくつながって目出度し目出度しな、お話でありました(笑)。
 

b0159560_22053506.jpg



写真は、前日のブログで載せ忘れた「1815UP&DOWN限定」PGケースのリストショットで。


b0159560_22133237.jpg
針先の”曲げ”もなかなかの仕上がり。


b0159560_22145666.jpg



b0159560_22181968.jpg



明日からはいよいよ師走・・・早いよなぁ…。





































































als_uhruhrをフォローしましょう





















[PR]
by A-LS | 2015-11-30 22:25 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

ランゲな風景


ランゲな風景。

b0159560_13300777.jpg


当時はブルースティール針が好きで、金針を使ったPGケースはなかなか出番がなかったのだが、
1815UP&DPWNの復活を機に身に付ける機会が増え、そして最近では、ある先輩の影響で金針がいっそう愛おしく思えるように(笑)。


しかもこのUP&DOWNは裏がハンターバックなので、

b0159560_13594537.jpg


b0159560_14063400.jpg


開けますとお爺様のシグニチャーが。。。



b0159560_14003123.jpg


これをもって”アドルフ・ランゲ限定”と呼ぶ人もいる。


別の見方をすると、
ランゲがまだユーザーを楽しませることにも心を砕いていた頃の作品と言えるのかもしれない、
・・・・たぶん(笑)。




b0159560_14130730.jpg



アドルフ・ランゲな2015年も間もなく暮れていく。。。。。





























































als_uhruhrをフォローしましょう





















[PR]
by A-LS | 2015-11-29 14:20 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(1)

スモセコのルイ


ムーブメントクォリティーはDUFという中級ランクだが、
ちょっとした可愛い特徴を持つ懐中時計。


b0159560_13182059.jpg


わかります?


そう、



なんと、


スモセコまで、


ルイ針なのだ。


b0159560_13193272.jpg


拡大すると、こんな感じ。


b0159560_13200985.jpg


130年前の”手仕事”!!!

時の流れに思いを馳せると、実に感慨深い・・・。






そして、




言葉で表現できる範囲を超えた”手仕事”と、
時間という”神職人”とのコラボ・・・。























































als_uhruhrをフォローしましょう




















More…
[PR]
by A-LS | 2015-11-28 13:38 | ビンテージ | Trackback | Comments(5)

2016年 干支時計 ①


昨年と同じ書き出しで恐縮だが…(笑)



これが出てくると、
そろそろ年の瀬という感じとなる・・・


b0159560_23303157.jpg





ヴァシュロン・コンスタンタンのゾディアック・シリーズ!
2016ヴァージョン!!



来年の干支は「猿」、
彫金の仕上がりはいかに?



b0159560_23321540.jpg





詳細はヴァシュロン・コンスタンタンのオフィシャルHPをご参照のほどを。
※掲載画像もオフィシャルHPより









































als_uhruhrをフォローしましょう



















[PR]
by A-LS | 2015-11-26 23:39 | ヴァシュロンコンスタンタン | Trackback | Comments(0)

予兆・・・・その顛末。m(_ _)m



昨晩、「予兆…!?」 なんてタイトルで不吉なブログ(笑)を書いてしまったところ、
いろいろなご方面から情報をいただき、いまさらながら、この件に関わる関心の高さと、
拙ブログの意外な影響力を自覚いたした次第です。m(_ _)m


で、その結果を、今の流行り風に申し上げますと・・・、













安心してください!  
いまは・・・
上がりませんよ!!




というのが事の顛末で、えーと、整理しますと、
まず、前ブログで kujisuke さん(わざわざ「S」さんにお問い合わせいただきありがとうございまいしたm(_ _)m)
より頂いたコメントにあるように、

ホームページ上から価格を削除するようにという今回の御通達は、パテック・フィリップ本社、すなわちジュネーヴからのお達しである。



そしてさらにいろいろな方々からの情報をまとめますと、


これは日本だけでなく全世界すべての正規店にむけた一律のオーダーである模様。



その理由は、美しい時計写真や詳細な機能説明のそばに価格が表示されているのは、どうもビジネスライクに映り、パテック・フィリップの時計作りの精神からすると、そういう見え方は本意ではないこと。


「そのうえで、時計の美しさや、機能の精巧さに興味を持った方は、お気軽に正規店にコンタクトとしてほしい。」



ということが真相のようである。



また、想像するに、
各国の為替によって生じる価格差とか、昔の価格のまま更新しないルーズな店など、価格にまつわる問題を、
ネットの表記ではなく、スタッフとのヒューマンな対話でクリアにしていこうという方針の表れでは、とも思えたりもする。




というのも、パテック・フィリップは最近、「The human touch」というコンセプトを前面に出してきているからだ。




実は数日前に、パテック・フィリップのオフィシャルホームページに、このコンセプトが掲げられ、


b0159560_15523802.jpg

みんなの憧れ、5370Pを題材にした手作業の動画や解説が数々UPされたのだ!

つまりは、価格的なことまでも店頭での”ヒューマン・タッチ”で、ということなのかもしれない。




で、パテックのオフィシャルHPにアップされた数々の動画には、


ケースの仕上げ過程
や、インデックスの干支足接合やら、


そして、あの美しすぎる黒エナメルの製造過程などもあって、


しばらくブログにも書かずにひとり悦にいっていたのだが、


「風評」のようなブログを書いてしまったことを反省しつつ(笑)、




そのURLをここで大宣伝してしまおう!


http://www.patek.com/en/insider/hand-finishing



これらの動画見て思う、
Patek Philippe、やっぱ、凄ぇぇぇ!!!



































als_uhruhrをフォローしましょう


















[PR]
by A-LS | 2015-11-25 16:02 | パテックフィリップ | Trackback | Comments(0)

予兆…!?



地震や火山噴火など、大きな天変地異には必ずその予兆があると言わる。


普段はなかなかあり得ないハズの事象が、たて続けてにもしくは同時に起こることなどが、その目安とされる。



だとすれば…その目安は、
時計業界にも通用するのだろうか!?




実際、それはある日突然に起こった怪現象だった・・・。




ココにも!

b0159560_21043970.jpg
※表参道の正規代理店「S」さんのHP






そしてコチラにも・・・!

b0159560_21050519.jpg
※渋谷は幡ヶ谷の「Y時計」さんのHP




何が起きているかお解かりだろうか?




実は、
P社の正規代理店のホームページから、ある日を境に、



一斉に 価格の表示が削除された のだ!!!




「S」さんでは、”個別モデルの価格につきましては、お気軽にお問い合わせください”という但し書きがページヘッドに加えられたが、「カラトラバ」の価格から問い合わせろなんて…。「Y時計」さんにいたっては、例示したノーチラスのみならず、すべての時計に


”Price On Request”なる、あの”甘美なる”呪文が・・・!!







もしかしたら、
巨大な地殻変動ならぬ、巨大な価格変動 でも迫っているのではないか!!
突然の火山噴火ならぬ、突然の価格爆発 でも起こるのではないか!!




そう考えると、恐怖で夜も眠れないのだが(笑)、
情報をお持ちの方は、どうかこっそり教えて下され!!!!



【以下11/25日・追記】

と、おねがいしましたところ、

たくさんの反響をいただきました!
ありがとうございます。

m(_ _)m

次のブログに情報のまとめを掲載します。




























als_uhruhrをフォローしましょう














[PR]
by A-LS | 2015-11-24 21:21 | パテックフィリップ | Trackback | Comments(6)

Big Bang Panda


WWFが中国での活動を開始してから35周年を記念して、ウブロから「ビッグバン パンダ」が発表された。

b0159560_00461766.jpg

可愛いじゃないか!


WWFとは、世界約100カ国以上で活動している環境保全団体で、その活動は世界各地からの支援(寄付、会費など)によって賄われているもの。


このブログでウブロはあんまり記事にならないのだけれども、動物愛護というチャリティのテーマが素晴らしいのと、この可愛いエナメル・ダイヤルの製作過程の動画が発表されているので掲載してしまう。






この「ビッグバン・パンダ」のうち1本は、中国の成都にオープンする新しいブティックのガラ・パーティでオークションにかけられ、その落札金額WWFを通じて動物愛護とパンダの生息地の環境保全のために使われるとのことだ。













しかし、わたしならこの時計のタイトル、
絶対「Big Pang!」にしたと思うよ(笑)。



















als_uhruhrをフォローしましょう














[PR]
by A-LS | 2015-11-24 00:55 | 時計いろいろ | Trackback | Comments(0)

「LUXE WATCH STYLE」

先日、007とオメガについて書いた際に、「Nikkei Asian Review」に寄稿した拙記事を再編集した”エコ・ブログ”と表現したところ、

”「Nikkei Asian Review」とは何ぞ?”というご質問をいただいたので、ちょっと紹介。
とは言え、自分もよくわかってない部分もあり、困ったときはWikipediaである(笑)。

以下、引用抜粋。

「Nikkei Asian Review(ニッケイ・アジア・レビュー)は日本経済新聞社の英字新聞・英語ウェブサイトである。
日経新聞社は近年成長の著しいアジアマーケットに特化した英語マガジンの開発を進めるために、試験的にiPad対応のタブレットPC向けのウェブマガジンとして発行。これを発展させ、2013年秋をめどにパソコン、スマートフォン、タブレットPCといったインターネット媒体と、印刷物を融合した総合英語メディアとして、アジアの経済の理解を必要とするビジネスマン向けの必読メディア媒体とすることにした。これに伴い、日経ウィークリーは2013年9月30日発行の分で発展休刊した。」


なるほど。

で、その「Nikkei Asian Review」の企画別冊として、「クロノス・ジャパン」が編集し、機械式時計に特化したフルカラー・80ページの冊子「LUXE WATCH STYLE」に、いろいろ書かせてもらったうちのひとつが前述の「007」だったわけである。


b0159560_13190783.jpg


内容を目次で見ると、こんな感じ。

b0159560_13242574.jpg

これらのうちの、インタヴュー記事と一部の日本ブランド以外の記事のほとんどを書かせていただいた。
「Watches&Wonders2015」の概要や、「ワールドタイム&トラベル・ウォッチ」などの機能別時計の記事など、このブログでも時折触れるトピックスから、
外国人の方が対象ということで、非居住の読者に向けて書いた銀座地区・日本橋地区の時計店情報や、当ブログではまったく登場することのないブランドや時計の記事なども扱えたことで、いろいろと勉強にもなり、たいへん良い経験となった。


ただ唯一の特記点は・・・・内容はすべてが英語という点だ(笑)。


わたしは日本語で原稿を書き、それが英訳されて世に出ているため、
自分のニュアンスである日本語ヴァージョンが永遠に陽の目を見ないというもの、なぁ~んとなく残念なのだが・・・

たとえば、下の5370P の記事、
わたしが付けた大見出しは「究極のブラックエナメルの凄味」だったが、英訳では「The Perfection of the Ultimate Black Enamel」。


b0159560_13430245.jpg



ま、007のように再編集(書き直し)すれば、基本的には問題ないのだろうが、
英文の著作物の原文の著作隣接権ってどうなっているのかしら??




b0159560_14122583.jpg





で、この付録雑誌、「興味があったら読ん見てくだされ」、
といっても「Nikkei Asian Review」を購読するしか閲覧する方法はないようなので、
うーん、ごめんなさい。(笑)


















als_uhruhrをフォローしましょう














[PR]
by A-LS | 2015-11-23 14:16 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

Lange31 調査結果

先月に書いたLange31の記事から続きます。

まずはこちらの画像から。
これは、ランゲ&ゾーネの2007年のカタログの表紙を拡大したもの。
この年に華々しく発表された31日巻の超ロングパワーリザーブ・ウォッチ「ランゲ31」が当然のごとく、大きくフィーチャーされている。


b0159560_13261481.jpg
そして、この「ランゲ31」の実機が各国でプレゼンテーションされた。
以下のリンクはピーター・”アンクル”・チョン氏が、TimeZoneに掲載した実機プレゼン・イベントのレポ―ト記事。

http://www.timezone.com/2014/10/06/archives-lange-sohne-lange-31-peter-chong/
※上記ページの実機サンプルを見る限り、時計は稼働していることが推定される。


オマケに動画も。


それが2009年の動画になると・・・


どこが違うかお解りだろうか?

では画像で、ランゲ&ゾーネの2008年と2009年のカタログを比較してみる。
b0159560_13390158.jpg

右が発表翌年の2008年の「ランゲ31」で、左が2009年カタログの「ランゲ31」。



ね、違うよね!?



パワリザーブの回転方向がまったく逆点しているという事実!!
これをブログ読者のCC Fan さんのご指摘を受けるまで、少なくともわたしの知りうる限り、国内外のブティックスタッフはじめ、これまで誰も気づかなかったのだ。


早速この件の経緯に関して、ドイツ本社に問い合わせていただいたところ、
最初は「2007年のカタログ写真が間違えていた。何も変更されていない」という回答が届いたが、

『いやいや、2007年のプレゼンで12時側が「0」の実機を見た』と戻してもらったところ、

「それはサンプルのみで販売用には出回っていない」という答えが返ってきた。


というわけで、ここまでの事実関係を整理すると、
2007年に発表された当時のLange31のパワリザーブ表示は、12時側が「0」だったし、同形の実機サンプルが各国で展示・プレゼンされた。
その後、何故かランゲ31のデリバリー情報は聞かれず、2009年頃からデリバリー&一般市場に登場し始めた時は、特に何のアナウンスもなく12時側が「31」のパワーリザーブに変更されていた。


で、なぜそうなったかという、ここからは推測だけれど・・・
発表後に、おそらく何らかの改善点があり、その修正のために約2年の時間とパワリザーブの反転が必要だったのではないか。

そしてその改善点とは、「ランゲ31」が採用していたルモントワール機構に関するものではないか・・・と想像するのだ。


※ランゲ31のルモントワール機構の3Dアニメーション



あの当時、FP Journeや Breguet、IWC、DeWitt、Christophe Claretなどのブランドが一斉に研究成果を発表していたルモントワール(コンスタントフォース)だが、「ランゲ31」のルモントワールはトルク効率が良くないのではなどの一部指摘もあった記憶がある。
もしかしたらランゲ・サイドも、発表後にもその辺の機構を突き詰めた結果の、”2年”と”反転”であったのではないか。

また、「ランゲ31」は2007年中にいくつもの賞を受賞していたことなどもあって(ランゲが2007年に受賞した時計関係の賞は18にものぼった)、機構上の変更&改善を大きく喧伝することは避けたかったのではないか。

ちなみに、責任者のファビアン・クローネCEOもこの2009年に退社しているので、もはやその真実を確かめるのは難しいが、もしもわたしの推論がなかなか良い線を衝いているとするならば、同じルモントワール機構をさらに効率化して引き継いだ「テラルーナ」は、11年越しで完成したランゲのルモントワール機構ということになる。


うん、それはそれで実に感慨深い。(笑)




CC Fan さん、
調査の結果はこんな感じでよろしいでしょうか?
また、この件の調査にご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました。














als_uhruhrをフォローしましょう





















[PR]
by A-LS | 2015-11-22 14:38 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(4)

Heavy Memorial

香港Watches&Wondersでのいただきモノ。


生誕200周年記念Yearということで、


この御方の3Dレーザー・クリスタル!!








b0159560_15404318.jpg



すっごく重たかったけれど、
スーツケースの限られたスペースに収めるのは本当たいへんだったけど、

やっぱ、「要りません」とは言えなかった(笑)。


b0159560_15422751.jpg


これまで、キャリバーとかテンプ受けの3Dレーザークリスタルはあったけど、
初の人物モノ&重い意味と目方を持った特別グッズ!!


b0159560_15442302.jpg



有難や有難や・・・。

















als_uhruhrをフォローしましょう

















[PR]
by A-LS | 2015-11-18 15:45 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(2)