a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

<   2014年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

最もランゲに相応しい計測器

以前に、博学・博識の皆さまに教えを乞うた謎の木箱入り計測器ですが、

b0159560_19422528.jpg
来週の日曜日に銀座のランゲ・ブティックで行う予定の「Klub Lange#3」のため、関係書籍に目を通していたところ、「Glashutte und seine Uhren」(=「グラスヒュッテとその時計」)という書籍(この本プレミア付き値段で売られてるんです!)に、ほぼビンゴの記述を発見しました!

b0159560_19225085.jpg
その346ページに
b0159560_19392329.jpg

写真と図版を重ねますと、ジャストですね!
b0159560_19380344.jpg
そして、その正体は・・・・
b0159560_19442873.jpg
マイクロメーターでした!!

b0159560_19452634.jpg
3時位置のピンの間に厚みを計測したいものを挟んで、12時位置のピンを回して固定する仕組みだと思います。

0~8mmまでを100分1ミリまで計測可能なのですが、このA.Lange&Sohne銘のマイクロメーターがなかなか因縁深く面白く感じるのは、それまでリーニュという単位で作られていた時計制作現場に、初めてメートル法を持ち込んだのが、誰あろうアドルフ・ランゲその人だということなんです。


実にランゲ銘がふさわしい計測機械と言えるのではないでしょうか!











[PR]
by a-ls | 2014-05-31 20:03 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(0)

夏時計

暑い!!


そろそろ夏時計が活躍する時期となりました。

b0159560_13262565.jpg
はて? 



真ん中の人、ちょっとスポーティなふりしてますが(笑)・・・あなたは夏時計???




さて、今日のお供に選ぶならどれでしょう???








[PR]
by a-ls | 2014-05-31 13:32 | GTG | Trackback | Comments(0)

10カラットダイヤモンド・カラトラバ・チタンケース

そういえば表フェイスを出していなかったサザビーズのチタン・コレクションのひとつ、10カラット・カラトラバ・チタンケース。
b0159560_15331285.jpg
実機は、ブレゲ数字・ブレゲ針という、なかなか良い表情でありました。
Refは3928Tとなります。

予想通り、10カラットダイヤ越しに、ムーヴメントを覗くという趣向でした。
b0159560_15292340.jpg
鑑定書付、正確には9.44カラットだそうです。
b0159560_15295834.jpg

b0159560_15304983.jpg

b0159560_15300641.jpg
b0159560_15324498.jpg

ダイヤセッティングの構造はこのような形で。
b0159560_15315442.jpg


b0159560_15352019.jpg




久々に長文ブログを書こうとしていたら、
ちょっと行き詰まり…さらに急に多忙になったのとが重なってしまいまして、
コメント返信含めて遅れました。


ごめんなさいです。









[PR]
by a-ls | 2014-05-29 15:38 | パテックフィリップ | Trackback | Comments(6)

無題

b0159560_13081207.jpg








感じるままに・・・・













[PR]
by a-ls | 2014-05-27 13:20 | パテックフィリップ | Trackback | Comments(7)

TVでみたリシャール(3)

雑誌対談などをご覧になって、
すでにご存じの方も多いかと思いますが、最近、リシャールの信奉者となった御方です。








テレビ朝日系「お試しかっ!」の”帰れま10”のコーナーに
当年とって59歳のスーパースター、リシャール・ミルを装着しての登場です!!

b0159560_21404598.jpg
郷ひろみといえば、フランク・ミュラーとのコラボレーションが有名ですが、
http://watchland.jp/hiromigo/index.html
契約が切れたのでしょうか・・・・。
今や、『リシャール・ミルという時計の範疇を超えた存在を手にすることで、自分のテリトリーを広げたい』とまで語っています。

選ばれたのはRM30日本限定カーボン・コンポジット。
デクラッチャブル・ローターを備えた逸品!
b0159560_21500286.jpg
b0159560_21521262.jpg
 RM030 カーボンコンポジットケース

 50.00㎜×42.70㎜×13.95㎜
 Automatic With Declutchable Rotor Japan Limited (2013)
 自動巻・50m防水・約55時間パワーリザーブ
 ¥15,876,000
 RM030で初となるカーボンケース。日本限定15本。
 モノトーンでまとめられたデザインは白く塗りつぶされた数字が特徴。






b0159560_21594968.jpg

今度はトゥールビヨン、できれば3番を狙っているという郷さん、
ま、おそらく、かなり縁遠いと思いますが、ドイツにはその名もズバリ、”GO”というブランドもありますので、
銀座のリシャール・ブティックに行ったついでに、ハイエック・センターとかランゲ・ブティックにもGO!してみてくださいませ(笑)・・・!









[PR]
by a-ls | 2014-05-26 22:13 | リシャール・ミル | Trackback | Comments(0)

リサイズ1815

特殊なP社モデルの話が続いておりますが、
この辺りで、ランゲ・ネタを!!



今年のSIHHで発表された38.5mm径の1815のデリヴァリーも始まっているようです。

旧1815との比較。縦にして比べてみました。

b0159560_14584388.jpg
上が旧サイズ(40mm)で、下が新サイズ(38.5mm)。
新サイズの1815はランゲ1と同じ径なので、腕に載せても馴染みのある感覚です。

b0159560_15033047.jpg
左が旧サイズ、右がサイズダウン。
実機はランゲ・ブティックでみることができます。







[PR]
by a-ls | 2014-05-26 15:04 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(2)

チタニウム・コレクション

最近すっかりこの話題ばかりですが、もう少しお付き合いください。


セレスティアル・チタンケース(5101T)
エスティメイトは$200,000300,000 
b0159560_17500014.jpg
保証書のケース欄(Boitier/case:という欄)に「Titane」の記述が。
b0159560_17503777.jpg
正直言って、チタンケースは他の金属と比べて、もっさりした感じが出てしまうような気がするのですが、今回出品されたパテック中で、オリジナルよりも良いんじゃないと思えたのがコチラ、
トノー・シェイプのシンプル・リピーター(5033T)でした。
b0159560_17584128.jpg
これと同じローマン・インデックス・デザインのダイヤルを持つPTケースの5033も、ごく少数ですが存在はしていますけれども、
チタンケースとこのダイヤルの組み合わせは、ローマン好きのわたしとしてはかなり高評価です。
エスティメイトは$400,000 ~ 600,000
b0159560_17581816.jpg
ちなみに、5033の通常フェイスはこちらです。
b0159560_18023693.jpg


あとチタンじゃないけど、ちょっと凄いのは、5103Pというリファレンスのリピーター
5104Pといえば、ハーフスケルトンのパーペチュアル・リピーターですが、そのリファレンス違いの特注ヴァージョンが存在していたのです。
それがコレ!!
b0159560_18324015.jpg
正規品の5104P と比較してみますと、
b0159560_18333962.jpg
主な違いは、ケース・サイドのエングレーヴですが、
b0159560_18334994.jpg
おそらくこの御方の家紋などをイメージしたものなのではないでしょうか。
ちなみに裏はこんな感じに作り込まれています。エスティメイトは$500,000700,000

b0159560_18353825.jpg


さて、ここまで、パテックについてのみレポートしてきたのですが、この出品者(キング・オブ・チタニウムさん・仮名)の凄いところは、このチタン好みはパテックだけにとどまってはいなかったのです!!

パテック同様、他ブランドのVIPとしてのパワー・プレーも多々あったのでしょう。
この”キング・オブ・チタニウムさん”の特注品としか思われない、チタン・ケースのユニーク・ピースが目白押しなのです。

まずはオーディマ・ピゲ
b0159560_18375098.jpg
2010年に特別に製作された、ミニット・リピーター+グランド&プチ・ソヌリ。
下の画像でみるように、3ゴングですから、カリオンを奏でてしまうのです!! エスティメイトは$100,000 ~ 150,000
b0159560_18375333.jpg
このほかにも、HD3のチタン、ウブロのチタンなど、
チタン・ケースがざくざくでております。


というわけで、主催のサザビーズもこの6月のNYオークションに「Important Watches 」”Including the Titanium Collection”というサブタイトルをつけているくらいです。




さて、どんな結果になりますでしょう。




[PR]
by a-ls | 2014-05-25 00:27 | パテックフィリップ | Trackback | Comments(0)

カラトラバ 3998チタン・ヒエログラフ文字盤

えーと、次回のサザビーズ、これまた衝撃だった象形文字の特殊文字盤カラトラバですが、
最終的には、なんと3種3本が出品されておりました!

b0159560_15151384.jpg
b0159560_15151863.jpg
b0159560_15151632.jpg
もう特に何も言いませんが、間違いなく特注で、その3種の内訳は・・・

一番上の画像がチタン・ケースで2003年の製作。
下の2つの画像は、ケース素材がYGで2002年の製作。

ですから、まずYGのセットを発注して、その後にチタンを追加したのでしょうか?

また、よく見ると文字盤の象形文字がみな異なるのですが、残念なことに古代エジプト人に知り合いがいないので、これがどういう違いかは解かりませんし、
なぜみな「9」時位置がブランクなのかも解かりません。


基本はカラトラバの3998ですから、径は 34 mm, 厚み 7 mm
エスティメートは、3本ともみな同じで$8,000—12,000。
ま、このくらいで終わるのなら、我が国の”勇者”もイケるんちゃいますか?










[PR]
by a-ls | 2014-05-24 15:28 | パテックフィリップ | Trackback | Comments(0)

パテック・フィリップ・スカイムーン・トゥールビヨン・5001チタン

ついにサザビーズのオークション・カタログが公開されました。
最も気になるこちら、「THE SKY MOON TOURBILLON REF. 5001T MVT 1.909.002」

b0159560_22231376.jpg

あり得ないチタンケースであることの証拠。。。
b0159560_22240802.jpg



さらには、
あり得ない、リファレンス(5001)を付けられているという証拠。。。。
b0159560_22250071.jpg


保証書によりますと、この個体の製造年は2000年とのことです!!

エスティメートは $1,000,000 ~ 1,500,000



ご丁寧に、正規のスカイムーントゥールビヨンとの相違点の比較まであるようです。

b0159560_22270479.jpg

どうですかぁ~!!
日本に持ってきちゃおうという”勇者”をおらんかね~!!!




[PR]
by a-ls | 2014-05-23 22:28 | パテックフィリップ | Trackback | Comments(0)

TVでみた時計やさん(2)

久しぶりにシリーズもので。
b0159560_06540469.jpg
はい。お馴染みのコチラです(笑)

この人気企画も、ついに正規店にやってきます。
ということで、例のお店へ・・・


b0159560_06590895.jpg
ショウ・ウインドーに並ぶ時計のプライス・タグを見た武井さんの不安そうな表情と正直な感想・・。むべなるかなです(笑)。


今回、一番長く時間を割かれていたのがコチラということで、掲載にも弾みがつきました(笑)。
b0159560_07022028.jpg
ま、値段を聞いちゃうと、みんなそんな表情になるでしょうね~。(あたしだってそうだったさッ!!)


ところで、番組のテロップにある「ランゲ31.UP」の ”U P”って、一瞬、”UP & DOWN???”・・・、ん、何だろうって考えてたら。。。。
あ、”ユニーク・ピース”の略なんだぁぁ~!! 写真は過去ブログより。でもまぁ、ちょっとイヤミでわ(笑)。
b0159560_22524378.jpg

そして、とりあえずの装着です。
b0159560_07092509.jpg
ま、当然、こういう結果になりますよねぇ~~。


そしてこの御方が登場…
b0159560_07242366.jpg
なんじゃかんじゃで、
おふたり合わせて、600万円近い売り上げを達成しますのです…
b0159560_07254065.jpg

で、お買い上げ品がコレら、とにかく、お目出とうございます!!!
b0159560_07134223.jpg

しかも、お二人とも、キメのカットをランゲ&ゾーネ・ブース前で撮られているのが、なかなかナイスですぞ。(笑)











[PR]
by a-ls | 2014-05-23 07:18 | 時計店 | Trackback | Comments(2)