a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

<   2013年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

香港Watches & Wonders report I

アジア初の大規模な高級機械式時計展示会であり、リシュモン・グループの中核ブランド(今回は13ブランド)が参加したSIHHのアジアヴァージョンともいえるイベント、Watches & Wondersが9月25日から28日までの4日間、香港の国際展示場「コンベンションセンター」で開催されました。
前にも書いたような事情で日本はこのイベントの対象国ではなかったわけですが、とはいえ、飛行時間10数時間のジュネーヴSIHHには行くのに、4時間先の香港に行かないのは如何かということで(笑)、LOCメンバー有志を募って香港へ行ってきました。ま、結果としては、W&Wを口実とした香港食べ歩きツアーのようなものだったかもしれませんが…(笑)。以下、W&Wレポートです。
香港の空港で、いきまり巨大告知看板に迎えられます。
b0159560_8523133.jpg

街中にも。
b0159560_8541836.jpg

早速、会場に向かいます。
b0159560_8563899.jpg

b0159560_8573271.jpg

入場にはあらかじめの登録が必要で、まず受付で顔写真付きのパスが発行されます。
b0159560_993865.jpg

そして入場
b0159560_995780.jpg

パスにつけられたバーコードで入退場を管理します。
b0159560_913542.jpg

当然のことですが、真っ先に駆け付けたのはココです!
b0159560_9295217.jpg

巨大なアイツと8カ月ぶりの再会(笑)。
b0159560_9321540.jpg

ブース内を案内してくれたのはランゲ・アカデミーでいつもお世話になるジョアンナ(・ランゲ)女史
b0159560_9332115.jpg

Watches & Wondersが開催された大きな理由は、拡張するアジア市場をより成熟したものにするため、今までのアジア市場に欠けていた時計の歴史や機構への理解を高めるための展示をしようという意図がありまして(それですでに成熟している日本市場が対象国から数されているわけです)、ランゲをはじめとする多くのブランドがその歴史の展示に力を入れていました。
b0159560_9392239.jpg

ウォルターランゲ翁の若き頃もありました。
b0159560_9424689.jpg

そしてワークショップ・ブースでは、
今回の目玉であるランゲ1トゥールビヨン・パーペチュアルカレンダー・ハンドヴェルククンスト用のアウトサイズデイト・プレート、その手書き実演が行われていました。
b0159560_9432924.jpg

b0159560_9442228.jpg

b0159560_9443955.jpg


まだいくつか展示あったのですが、手書きの流れから、紹介しちゃいましょう。
実機写真です!!
b0159560_9531532.jpg

b0159560_9562871.jpg

b0159560_10172079.jpg

b0159560_9594840.jpg



裏がまたすごい!
b0159560_1045974.jpg

b0159560_1054347.jpg

b0159560_1085246.jpg

b0159560_1093870.jpg



もうひとつの限定時計。
b0159560_10101686.jpg

b0159560_10105880.jpg


ツーショット
b0159560_10175378.jpg




後半はのちほどに・・・!
[PR]
by a-ls | 2013-09-30 10:19 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(4)

速報! Only Watch 2013 auction results!!

過去、何回かにわたって
レポートしてきましたOnly Watch 2013ですが、つい先ほど、すべてのオークションが終了しました。

幾つかのアイテムでウィッシュ・プライスに達しないものもありましたが、総落札額は万々歳の模様です!!


なぜならば・・・





注目のあのアイテム・・・






Patek Phillipe 5004Tが、
b0159560_3141973.jpg

落札額

€2.950.000


(約3億8千5百万円)!!!



だったからです!!!!! 



さ、さ、さ、さんおくって… 



もうひとつの注目アイテムRichard Milleのヨハン・ブレイクのプロトタイプは
ウィッシュプライス€450.000-500.000に対して  €350.000の落札でした。




以下、全落札額リストです。
【落札結果】

※ブランド/機種名の後の数字が落札額。単位はすべてユーロ。つづく()内は事前に発表されていたウィッシュ・プライス

Lot # 1: Backes and Strauss, Victoria Princess Red Heart €55.000(50.000-75.000)
Lot # 2: Bell & Ross, Flight Instrument Collection Orange €32.000(24.000-32.000)
Lot # 3: Blancpain, White Dove €40.000(40.000-60.000)
Lot # 4: Breguet, Classique Chronograph 5284 €120.000(100.000-120.000)
Lot # 5: Chanel, Premiere Flying Tourbillon €75.000(150.000-200.000)

Lot # 6: Chopard, L.U.C. Tourbillon Engraved €65.000(120.000-160.000)
Lot # 7: Christophe Claret, X-Trem-1 Pinball €100.000(230.000-300.000)
Lot # 8: Chronoswiss, The Three Apes €42.000(22.000-32.000)
Lot # 9: Corum, Ti-Bridge 3 Day Power Reserve €55.000(20.000-30.000)
Lot #10: Cyrus, Kambys €40.000(40.000-45.000)

Lot #11: De Bethune, DB28 Skybridge MC €95.000(100.000-130.000)
Lot #12: deLaCour, Red Dots €16.000(10.000-14.000)
Lot #13: DeWitt, Twenty-8 Skeleton Tourbillon €120.000(250.000-300.000)
Lot #14: Frederique Constant, Double Heart €13.000(12.000-16.000)
Lot #15: Girard-Perregaux, Chrono Hawk €32.000(14.000-18.000)

Lot #16: Harry Winston, Midnight Big Date €25.000(25.000-35.000)
Lot #17: Hublot, Classic Fusion Skeleton Tourbillon Red Ceramic €100.000(80.000-110.000)
Lot #18: Ikepod, Horizon €7.000(5.000-8.000)
Lot #19: Jaquet Droz, The Loving Buttery Fly €27.000(30.000-50.000)
Lot #20: Julien Coudray 1518, Manufactura 1528 €60.000(55.000-80.000)

Lot #21: Laurent Ferrier, Galet Classic Tourbillon Double Spirale €130.000(100.000-120.000)
Lot #22: Louis Vuitton, Tambour Spin Time Regatta €40.000(60.000-80.000)
Lot #23: Maurice Lacroix, Masterpiece Seconde Mysterieuse €30.000(15.000-20.000)
Lot #24: Montblanc, Nicolas Rieussec Rising Hours €17.000(15.000-20.000)
Lot #25: Patek Philippe, 5004T €2.950.000(400.000-600.000)

Lot #26: Piaget, Altiplano Skeleton 1200S €42.000(40.000-60.000)
Lot #27: Richard Mille Tourbillon Prototype Yohan Blake €350.000(450.000-500.000)
Lot #28: Roger Dubuis, La Monegasque €70.000(120.000-160.000)
Lot #29: Armin Strom, One Week Skeleton Water €32.000(35.000-40.000)
Lot #30: Ulysse Nardin, Marine Chronometer Manufacture €45.000(30.000-40.000)

Lot #31: Vacheron Constantin, Patrimony Traditionnelle World Time €100.000(90.000-120.000)
Lot #32: Van Cleef & Arpels, Lady Arpels une journee a Monaco €60.000(80.000-100.000)
Lot #33: Zenith, Stratos Flyback tribute to Felix Baumgartner €45.000(40.000-160.000)

追加
Lot #34:ヴィンテージのLanson champagne 14本 €36.000 (?ー?)

落札額総計 € 5.066.000






…え! ってことは…つまり
落札総額の半分以上、
その約6割がパテック代なのですね!! 





ちょっとビックリ・・・・・・・・
[PR]
by a-ls | 2013-09-29 00:51 | ユニークピース | Trackback | Comments(0)

コンセプト

①番ルイ・ヴィトン
b0159560_98437.jpg

②番グラフ
b0159560_9101477.jpg

③番ブレゲ
b0159560_984934.jpg



【問】以上の3つから、同じコンセプトの時計を選びなさい。




答えは・・・下に

More…回答欄
[PR]
by a-ls | 2013-09-28 09:15 | 時計いろいろ | Trackback | Comments(0)

香港W&W発表限定時計

情報解禁のようです!

一晩引っ張った、限定時計の正体は・・・

Lange 1 Tourbillon Perpetual Calendar Handwerkskunst

呪文のような長さです(笑)

b0159560_10155150.jpg



【9/25日23時付の追加情報】です。
アウトサイズ・デイト内の数字は、ランゲ史上初めての青文字で、手書き(これまたハンドヴェルク!)だそうです!


b0159560_10161024.jpg


b0159560_10162481.jpg


b0159560_10164461.jpg


b0159560_10265251.jpg


もともと100本限定のPTモデルに、さらにダイヤルとムーヴメントにエングレーヴを加えたモデル。
世界ブティック限定15本。


そしてもう1本は・・・

b0159560_1017765.jpg



Saxonia Automatic Outsize date

b0159560_10194112.jpg


ランゲの名作 in-houseムーヴメント L921.4 Sax-0-Matの復活です!!
PGケースのみでサイズは37 x 9.7 mm。
世界ブティック限定25本。


b0159560_1026104.jpg



いずれも、たった今開場した香港初の世界的な時計展示イベント “ Watches & Wonders”
にて発表されているハズです!



現地に行っている方、実品画像(できれば接写フォト)をヨロシクですッ!!
[PR]
by a-ls | 2013-09-25 11:00 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(10)

さきほど…

ランゲ&ゾーネのFBにこんなメッセージが!  


あとたった一晩眠りますと、香港の “Watches & Wonders” の扉が正式に開きます!

この地域の時計愛好家ならびに収集家コミュニティの成長に対する敬愛の姿勢として、ランゲ&ゾーネにおける最も複雑な腕時計、「グランドコンプリケーション」を展示するだけでなく、2つの新しい限定時計を発表します。 興味津々?


そして
ヒント画像がぁ~~~!








b0159560_209506.jpg




ん!!!??? 



エングレーヴ・・・・?



情報解禁は、日本時間、明日朝11時らしいです。

ちょっと待っててね。。。。
[PR]
by a-ls | 2013-09-24 20:23 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(3)

TVでみたランゲ…のロゴw

半沢直樹、ついに最終回を迎えました。

今回も北大路欣也(ドラマでは特別出演扱いなんですね!)演じる中野渡頭取の出演がありましたので、
「持ち道具協力」表記はコレ(↓)で!

b0159560_15301179.jpg

しかも良い具合に、着用者である中野渡頭取と半沢直樹のツーショット・シーンでのテロップ!
b0159560_10442994.jpg

“やっぱランゲが先頭に来るよね~! すげぇ~”とか思っていたけど、実際、この順番って誰がどーやって決めているのでしょう。
ま、これ、ヤラシイ話ですがw・・・やっぱ定価順なのでしょうか!?!?!?
b0159560_1047255.jpg



しかし残念なことに、この最終回でも、ランゲのリストショットはありませんでした。
頭取さんよ~、Yシャツ袖、ちょっと長すぎなんじゃねぇ~の!

そう言えばちょうどこの日の午後、ランバン ブティック銀座店で時計雑誌クロノスとのコラボイベントが行われていたんですが、テーマはまさに「時計の見え方と袖の仕立て」
おお、なんとタイムリー!!

スーツの袖口から1cmほどYシャツがあり、手を曲げた際どのくらい時計が覗くか、手を下に伸ばした時にカフと時計の収まりはどうか…。などをテーマに、
クロノスの広田さんとスタイリスト森岡弘さんがトークされていました。
b0159560_1124593.jpg

もちろんその後、お仕立て相談会&採寸会なので…冷やかし参加の私は早々に退散でございます(笑)


半沢次長は時計をつける位置が尺骨上なのか、肘を曲げた際に時計がとても目立ちますが、
b0159560_1181090.jpg

Yシャツ袖が見えていないこのパターンは、スタイリング的には残念なんだそうです…。
ファッションって難しいゾ。。。。(笑)

ま、話が横道それましたが、ここで前回から持ち越していた機種当てクイズの正解発表です。
画面に映っていないので、透視能力でもなければわかりようもありませんが(笑)、


ランゲジャパンに問い合わせたところ、




正解は・・・・





コチラ!!!





b0159560_1118732.jpg

厚さはわずか5.9mmの超薄ドレス・ウォッチ

サクソニア・フラッハWG

b0159560_1123319.jpg


でした! 

b0159560_11233584.jpg


おお~。

ま、ドラマはどう考えても続編前提の終わり方だったため、
いつの日がフラッハがドラマ・デヴューする日もあるかもしれません。

ちなみに原作は『ロスジェネの逆襲』というタイトルで、半沢が部長として出向中の東京セントラル証券を舞台としたIT業界のM&Aに絡んだお話と、現在まだ「週刊ダイヤモンド」連載中ですが、破たんした某国営航空会社をモデルに、その企業再建に絡んだ『片翼のイカロス』というタイトルの2本がありますので、

まだまだ“倍返し”は続きそうですね(笑)。
[PR]
by a-ls | 2013-09-23 11:11 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(2)

スペシャル・イベント at ISHIDA表参道

昨晩開かれた、ISHIDAでのイベントにお招きいただきました。

b0159560_12591018.jpg

CEO、ブスマール氏のご挨拶
b0159560_131156.jpg


この日のイベントがスペシャルな点は、何といってもこちら、山田五郎氏のトークショーがあったことです!
b0159560_1384155.jpg


五郎さんを、ただの“アド街ックなコメンテーター”のおじさんだと思っていたら大間違いなのです。もともと編集者であった五郎さんは、美術、音楽、ファッションなどのカルチャーをややサブカル的な斜め視点から軽妙に語れる文化人であり、なかでも時計に関する造詣の深さは有名で、イギリス古時計協会(Antiquarian Horological Society)の会員でもあられます。

ランゲに関しても、ブランドがまだリシュモン・グループに入る以前、日本で紹介されたばかりの時からの愛好家で、ランゲ・オーナーとしても大先輩なのです!!

b0159560_13304528.jpg

というわけで、ランゲの歴史を軽く紹介する際にも、
「なんでランゲ・"アンド”・ゾーネなんでしょう、ドイツ語なんだから、ここは"ウンド”と呼んでほしいなぁ」とか、“GUB”を語るときも、ごく自然に“ゲー・ウー・ベー”という発音になっていていたり、ともかく非常にカッコイイわけです。
そして五郎さんの腕には・・・
b0159560_133441.jpg

自前のランゲ1が!!

トーク中、おもむろにご自分のランゲ1を外して、アウトサイズデイトのデザイン的な由来と、
b0159560_13413751.jpg

3/4プレートの意義を解説してくれました。
b0159560_1342535.jpg

特に3/4プレートに関しては、「ぜひ今日はコレだけ覚えて帰ってください」と、持参したご自分の懐中時計コレクションから、バージ脱進器の懐中(地板が全部ふさがれた例)、ユリウス・アスマン(ランゲの娘婿のブランド・3/4プレートの例)など、実物をモニターに映して、大変に解かりやすく説明してくださいました。
b0159560_13545327.jpg


ランゲの復興に際して、あの仕上げクォリティーで3/4プレートが採用できた理由のひとつとして、グラスヒュッテが共産主義という技術革新に鈍感な地域に残されていたため、懐中時計時代の技術が多く伝承されていたことや、ドイツ再統一後も旧東独地区の人件費の水準が非常に低かったことを挙げておられたのは、さすがの慧眼と感心しました。

続いて、ISHIDAの石田社長とライターの篠田哲生氏の対談がありました。
アメリカズカップ帰りでまだ時差ボケ中と言っていた石田社長ですが、あにはからんや……(笑)
b0159560_1424833.jpg

しかしまぁ、その会話中での話題で、ひとつ訂正をば。

テレビドラマ「相棒」でランゲがモチーフとなった回を、
「シーズン1で、テンプ受けにエングレーヴされたイニシャルが事件解決の証拠になった」と仰られていたのは誤りです。正しくは、
「シーズン5の『貢ぐ女』というエピソードで、ランゲの限定時計(ドレスデン・セットの1815クロノグラフ)の限定番号が個体を特定できることで、事件解決の証拠となった」が正解です。


それでも、サーブされたフィンガーフードにグラスヒュッテのマークが入っていたりして、
ちょっとした洒落が素敵でした。流石です。
b0159560_14142037.jpg




関係各位さま、
どうもありがとうございました!!
[PR]
by a-ls | 2013-09-22 13:39 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(2)

中秋の名月

昨日は十五夜でした。

ということで、
最もリアルなムーンの時計をご紹介します(笑)。

b0159560_20185069.jpg

b0159560_2019101.jpg


最初に紹介した際は黒ダイヤルでしたが、
ブルーダイヤルに十五夜風味の明るく輝く月のヴァージョンも出ました。

また、こういう組み合わせもあります。
b0159560_20211726.jpg

b0159560_20215176.jpg




やっと涼しくなって、そろそろ秋…
うーん、一年って早い…
[PR]
by a-ls | 2013-09-20 20:21 | 時計いろいろ | Trackback | Comments(3)

R.I.P

b0159560_10101483.jpg
孤高の時計師とも言われたドミニク・ロワゾ―氏が他界されました

b0159560_20482514.jpg

※上の写真は最後の来日となった昨年6月16日のアワーグラスでのGPイベントにて

ロワゾー氏はアンティークの複雑時計の修復などに携わり、天才時計師の名を欲しままにした後ブランパンに入社、有名な6ピースマスターズなどを製作しました。また、哲学を学んだ時計師としても有名でした。
近年はジラール・ペルゴと提携し、同社のインハウス・ムーブメントの開発に携わっておられました。


ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by a-ls | 2013-09-19 09:57 | R.I.P | Trackback | Comments(0)

10月10日

う~ん、残すところあと一か月を切ってますが、10月10日よりランゲ&ゾーネ、
…価格改定です。ということで、主なものを挙げてみました。

ランゲ1
PT    4,263,000  → 4,494,000
YG    2,961,000  → 3,118,500


グランド・ランゲ1
PT    4,840,500  → 5,092,500
YG    3,528,000  → 3,717,000
ルーメン  6,415,500  → 6,762,000


デイマティック
PT    4,987,500  → 5,260,500
YG    3,685,500  → 3,885,000


ランゲ1トゥールビヨン・パーペチュアルカレンダー
PT    30,219,000  → 31,836,000


ツァイトベルク
WG   6,394,500  → 6,730,500


サクソニア
PG    1,701,000  → 1,785,000


サクソニア・フラッハ
PG    2,110,500  → 2,226,000


サクソニア・アニュアルカレンダー
b0159560_22123482.jpg
PT    5,323,500  → 5,607,000
WG    4,242,000  → 4,462,500


1815アップ&ダウン
b0159560_22104374.jpg
WG   2,614,500  → 2,751,000


1815クロノグラフ
WG   4,399,500  → 4,630,500 


1815ラトラパント・パーペチュアルカレンダー
b0159560_22111262.jpg
PT   19,572,000  → 20,611,500
PG    17,388,000  → 18,322,500


リヒャルト・ランゲ
PG   2,761,500   → 2,908,500


ダトグラフ・アップ&ダウン
PT   7,728,000  → 8,148,000




今年の新作、デリバリーを前に早くも2回目の価格改定・・・。
新作をすでにオーダー中の方は、お店によっては、いろいろ相談の余地もあるような話を聞いておりますので、一度お問い合わせくださいませ。

 
[PR]
by a-ls | 2013-09-17 22:13 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(4)