a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

<   2012年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ランゲ・コノスール・アカデミー・II

ヒコ・みづのジュエリーカレッジを会場にお借りしてのランゲ・コノスール・アカデミー。
そのワークショップ編です。
ランゲ・オーナーズクラブ・メンバーの多くはグラスヒュッテでのランゲ・アカデミーを体験していますので、その際に支給された、胸に自分の名前が刺しゅうされた自前のウォッチメーカー・コート(白衣)を持参しています。コレはちょっとした自慢(笑)。
体験者4人+ヒコ・みづの時計学校の学生さん(この場では頼もしい教官!!)、合わせて5人でひとつのチームとなり、テーマ別にセッティングされたデスクをローテーションしながら、ワークショップを体験していきます。

わたしたちのグループに割り当てられたまず最初のミッションは、下の写真のセットを用いるものでした。
b0159560_11523953.jpg

主ゼンマイを写真右にあ注射器のような器具を使って巻き上げてから、それを香箱に収めるという、聞いただけでは想像を絶するもの。しかも使用するのは、本物のランゲ1の主ゼンマイと香箱です。
いやがうえにも緊張が高まりますが・・・
b0159560_11513078.jpg

でも、学生さんに言わせると、「これは簡単」とのこと・・・。う、う、先が思いやられます。
まず、器具の頭についてる小さなハンドルを外し、そこにゼンマイの小さな穴を噛ませます。
b0159560_1158829.jpg

その後、小さなハンドルを元に戻すのですが、その際に、器具の小さな溝にゼンマイを通します。
えーと、実作業中はそれどころではなかったので、写真撮影できてません・・・・
これは作業前に行われたヒコ・みづの講師さんの模範演技から、ビデオ画面に映ってるあんな感じ。
b0159560_124896.jpg

そしてハンドルを使ってゼンマイを巻き上げたら、再度注意深くハンドルを外し、ゼンマイの残った頭部を下に向けて香箱に差し込み、器具のお尻の注射器のような部分を押すと、あら不思議、ゼンマイがぴったりと香箱に収まります!
b0159560_1295534.jpg

ゼンマイ in 香箱のビフォー(左)・アフター(右)です。

次はいちばん楽しみだった、ネジの青焼き。
これは消防法の問題や天井高の問題から、ホテルなどを会場とする場合ではほとんど不可能なカリキュラムなのです。ヒコ・みづのさんに感謝、ラッキーです。
ま、でも、本当は針を焼きたかったんだけど・・・ランゲの純正針だと長短あわせると30万くらいするらしいので、今回はネジで代用。しかもこれは本当に使用されるネジよりも少し大き目なものだそうです。その理由は体験するとすぐにわかります。この大きさでもピンセットでつまむのは一苦労なのです!

専用の台座の中央にピンセットでつまんだネジを置き、着火したアルコールランプで熱します。
b0159560_12211291.jpg

ベストとされるブルースティールの適温は300度。余熱のことも考え、290度くらいでネジをピンセットでつまみあげます。その際に、慌ててネジを飛ばしてしまう事故も多発(笑)。
b0159560_12275320.jpg

熱によってみるみる色が変わっていくのですが、写真の上の方に見えるチャート表のようなものが、熱によるスティールの変化の図で、理想の青(コーンフラワーブルーというのだそうです)の直前の暗青色までじっと我慢。ちなみに、熱が足りないと紫っぽくなり、熱しすぎるとグレー、極限まで熱すると(770度以上)オレンジになるそうです。下は我が仕事です!
b0159560_1232626.jpg

この作業では、みなさん自画自賛しておられました。

つづいてアンクルの爪石(ルビー)の着脱・・・だったのですが、これはパーツが細かすぎて写真どころではありませんでした・・・。抜き取るまでは良かったのですが、再びはめ込む作業中にルビー3個を弾いて紛失。人工ルビーとは言え宝石ですから笑えません・・・・。
この作業の詳細に関しましては、1年前に書いたものですが、過去のアーカイヴをご参照ください・・・・

さらに細かい作業が続きます。
テンプからチラネジを外し、ワッシャーを噛ませてから再びネジこむという、これは過去にドレスデンで体験して惨敗した作業ですが、爪石よりはマシに思えたのと、2度目ということもあってなんとか成功。
これも画像イマイチなので、過去ブログから写真リンクを貼りつけておきます。
b0159560_11222343.jpg

(2012年7月25日付ランゲアカデミーの記事より。「チラネジの頭をネジ切った瞬間にも見えます」・笑)

そして最後にブラックポリッシュ。
トゥールビヨンのキャリッジやブリッジに使われる仕上げ方法で、通常、ひとつの部品に5日以上をかけてようやく完成する作業なのですが、ここではランゲが開発した特殊なポリッシュパウダー(配合成分はジョアンナ校長ですら教えてもらえていないという社外秘の物質)を使って、ランゲ時計に使われる実際のキャリッジを磨く、そのさわりを体験。
b0159560_1257392.jpg

要は、部品の面と角を金属のヘアラインが無くなるくらいの鏡面に仕上げることで、部品の見た目が、反射面と影の面とに分かれ、黒か鏡面の色しか反射しないことからブラック・ポリッシュと言われる・・・というような感じをお勉強した気がしますが、この頃になりますと、楽しいのとか集中力を求められるのとか疲れてきたのとか、いろいろなテンションが交錯して、記憶があいまいなのでご勘弁を・・・。

そして約4時間のセミナーの後、学生時代を思い出すようなスクールバスに乗って移動します。
休日なのに無理に開けていただいた表参道のレストランをすっかりランゲ色に染めてのディナー。
b0159560_13133184.jpg

b0159560_1314054.jpg

初めての方も、常連の方も、そしてヒコみづのとランゲ・スタッフも、みなとても打ち解けて、本当に本当に楽しく素晴らしい1日を締めくくりました。
b0159560_13142775.jpg


この3年間、ランゲ・オーナーズクラブを全国に広げようと頑張って参りましたが、やはりドイツに行くことなどスケジュール的にもハードルの高い部分があったことは否めません。でも、大成功を実感した本日のコノスール・アカデミーのような試みが、日本国内で定期的に開催できれば、もっともっと気軽にメンバーに参加してもらえるのではないかと確信しました。

今回のイベントの成功にご尽力いただいた関係各位様に、深く感謝申し上げます!!
[PR]
by a-ls | 2012-11-30 13:15 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(2)

コノスール・アカデミー

b0159560_15453388.jpg

渋谷にある世界最大級の時計・宝飾の専門学校、ヒコみづのジュエリーカレッジの校舎をお借りして、
昨年からランゲ&ゾーネが世界的に展開しているワークショップ&レクチャー「コノスール・アカデミー」が開かれました。
b0159560_15463259.jpg

ランゲにはランゲ・アカデミーという主に店舗スタッフが履修するためのコースがあります。これはグラスヒュッテのランゲ本社内の特別校舎を訪れ、3~4日間集中的かつトータル的にランゲの時計や歴史について学ぶためのコースですが、このコノスールは、ドイツに行かなくとも受講可能なようにランゲ・アカデミーの授業をワークショップとレクチャーとに単元化して、主にユーザー向けの、約半日間のコースにパッケージしたものです。
b0159560_15594449.jpg

今回のコノスール・アカデミーは、日本のランゲの新CEOエドモン・ブスマール氏とアカデミー校長のジョアンナ・ランゲ女史の熱意によって急きょ実現したもので、のちのち、日本におけるランゲのユーザー・サービスを大きく変えるかもしれない可能性や実験を兼ねたトライアルイベントでもありまた。
b0159560_16321425.jpg

このイベントの真意などに踏み込んだお話は、おいおい具体的な企画となった際に改めてお伝えしていくこととしても、たとえばわかりやすい例を挙げるならば、この前日はランゲの時計をまだお持ちでない時計愛好家の方々を多く含むグレッシヴの読者を招いた形式で、そしてこの日は過去にドイツのアカデミーに参加した経験を持つようなコアなLange Owners Clubメンバーと、比較的新しいメンバーで、まだアカデミー受講経験のない方々との共同作業形式でと、今後ランゲのメンバーシップやユーザーシップを全国的に拡大していくうえで想定されるシチュエ―ションで行われたことも、そのトライアル要素のひとつでした。
まずはブスマールCEOの挨拶。
b0159560_17101363.jpg

続いてヒコみづの石崎校長のスピーチ。
b0159560_1711380.jpg

そしてランンゲ・アカデミー責任者のジョアンナ・ランゲ(6代目ランゲ当主のお母さまでもあられる)女史が挨拶&レクチャー。
b0159560_1712299.jpg

b0159560_1712279.jpg

テーマはフィニッシィング(仕上げの一連の工程に関して)。
b0159560_17134839.jpg

エングレーヴィング、ポリッシュング、それぞれの大まかな技法や効果などを、プロジェクターの画像を見ながら説明する講義があり、そしてその後いよいよ実技体験へ。
b0159560_172258.jpg

本日のメニューは、
①ランゲ1の実パーツを使って主ゼンマイ巻き上げと香箱への収納
②スチールネジに焼き入れをしてブルースティールにする
③アンクルの爪石の着脱
④テンプからチラネジを外し、ワッシャーを付けて再挿入
⑤トゥールビヨン・キャリッジのブラックポリッシュ

以上の5項目です。
②以外はすべて実際にランゲの時計に使われているパーツを使っての実技体験となります。

今回特に素晴らしかったのは、通常であればホテルのバケットルームなどを借りて会場を作る必要があるのですが、ヒコみづのさんをお借りできたということで、作業デスクや工具など、すべて本式で完璧に整ったことと、そして4人ひと組のチームに一人ずつ、ヒコみづのの学生さんが付いて作業をフォローしてくれたことです。
通常、質問する時や困難に陥った場合、ジョアンナやランゲの教官にドイツ語や英語の通訳を介してフォローしてもらうのですが、学生さんといえども我々よりははるかに経験豊富な学生さんの的確なフォローは、作業の理解や達成に非常に役立ちました! 本当にありがとうございました。


さてmここから先は・・・・・・・自分でも課題をこなすのが精一杯で、順を追った写真が撮れていなかったりものするのですが、明日以降、1~5の課題を出来る限り記事に構成して掲載していきますので、
b0159560_17252658.jpg

本日はとりあえずのイントロということで失礼します。
[PR]
by a-ls | 2012-11-26 17:37 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(2)

ランゲ探偵局からの「お願い」です

下の画像は、旧タイプのランゲ尾錠ですが、最近勃発しました"謎”解明のため、
94年に発表されたファーストモデル以降、この尾錠はいつまで、どの機種で採用されていたのか、
また、このタイプの尾錠のPGやPT素材は存在するのかなど、
鋭意捜査中であります。

b0159560_1495993.jpg


特に94年のファーストモデルがほぼYG素材だった中、
数少ない例外機種となったRef.100.005というPTケースのランゲ1と、
Ref.701.005のPlmトゥールビヨンの尾錠をお持ちの方、
ぜひご協力をお願いしたいです。

お手持ちのランゲ尾錠がこのタイプのオーナー様、
通信欄に連絡先を残していただけましたら幸いです。
どうか皆さまのお力をお貸しください。


m(_ _)m


なにとぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by a-ls | 2012-11-25 11:11 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(0)

ランゲブティックの定休日

最近パテック・ネタが多くて、
ランゲはちょっとばかり「お休み」状態ということで、
こんな写真を。

b0159560_15481459.jpg


定休日のランゲ・ブティックです(笑)。
ついうっかり行っちゃうこともあるのですが、ランゲブティックは水曜日が定休日です!

b0159560_1549428.jpg


定休日のブティックの外観。
でも意外と、初めてご覧になる人もいるのでは。
b0159560_15524344.jpg


そして、
ロールブラインドの一番目立つところに、あの名作キャリバーが!!
b0159560_1553127.jpg

この作品名は即答していただきたい(笑)





さて。
この「お休み」気分を完全払拭するような、
すんごい発表まで、あとちょうど2週間だぁ~!!!
[PR]
by a-ls | 2012-11-22 16:00 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(0)

Patek Philippe – A Shared Vision – 2008-2013 – Tiffany & Co

先日お知らせしました5396G・ティファニー限定ですが、
興奮していたせいか、何のための限定時計かということを、すっかり書き忘れました。
b0159560_63395.jpg

この黒ダイヤル+WGケースのティファニー限定5396、ならびに2種のレディースゴンドーロ(11月17日付ブログのオマケ写真参照)は、2008年に有名なあのNY5番街のティファニーの中に、280平方メートルもの広さでオープンしたパテックとしては米国内初の“ブティック”の、その開店5周年を記念した時計だそうです。

たった5年というなかれ。

パテックとティファニーのコラボレーション自体は1851年以来、実に160年を超える誇らしい歴史があります。ということで、このティファニーの旗艦店内にブティックが開かれた際にも、ジュネーヴのパテック・フィリップ博物館から多数の貴重な歴史的タイムピースを空輸して、両社がいかに長きに渡って、共通の価値観もとで、最高水準の芸術的な時計を製作し続ける関係を育んできたかを示す 〝The Values of a Family Watch Company” と題された展示博覧会が別途開かれたくらいなのです。

ま、1851年といえば、日本はまだ江戸時代の嘉永4年!
ペリーが黒船でやってくるのはさらにその2年後ですから・・・この歴史の長さも頷けるでしょう。

2001年には、この歴史と伝統ある両社のパートナーシップ150周年の具体化として 〝T 150"と呼ばれた
限定時計が発売され、
b0159560_6232681.png

のちにたいへんなプレミア時計となったのは記憶に新しいところですが、そうした互いがシェアした歴史とヴィジョンを踏まえたうえで、改めてこの時計を見ますと・・・・

b0159560_10585153.png

そのケースバックに誇らしげにエングレーヴされている文字の重みを、改めて感じるわけです…。
“Patek Philippe ・A Shared Vision ・ 2008-2013 ・Tiffany & Co”















うーむ。。。。。欲しい。(・・・あ、間違い)

うーむ。。。。。深い。
[PR]
by a-ls | 2012-11-21 06:36 | パテックフィリップ | Trackback | Comments(0)

JB Champion Chronometer PT

時計業界でJ.B. Championといえば、NASAのマーキュリー計画でマーキュリー9号のフェイス7に乗込んだ宇宙飛行士ゴードン・クーパー氏の腕に巻かれたスピマス(宇宙に行った時計として知られるあのモデル)のブレスレットがまず思い浮かびます。ステンレス・メッシュのブレスメーカーとして、オメガのみならず、レマニア、ブローバ、グリュエン、ロレックスなど多くの時計メーカーの純正ブレスとして採用されてきました。
b0159560_21164420.jpgb0159560_2117220.jpg

この時計も、クリスティーのカタログ掲載時は革ベルトでしたが(上の写真左)、落札後のインフォメーションがいかにもJ.B. Champion風のベルト(同じく写真右)に変わっていたので、漠然とですが、そちら関係のイメージが強かったのですが、それにしても落札価格は高すぎだろうと、改めてインフォメーションに目を通しましたところ・・・、あららら、ブレスレットのJBチャンピオンとは全然関係ないのね~。



というわけで、
クリスティーズのカタログをよくよく見たら、
なんと10ページにもわたって、この時計の特殊性・希少性が延々と書かれておりました!

クリスティーズのウェブ・カタログもまだ閲覧可能なはずなので、お暇とご興味のある方は
是非お読みください。

んで、この時計がどういうものなのかを、かいつまんで書きますと・・・・

b0159560_21244291.png

話は第二次大戦直後にまで遡ります・・・。
ムーブメント直径が30mm以下、全体の表面積は706.86mm以下であることなど、非常に厳しいルールで知られるジュネーブ天文台精度コンテストのために、この頃のパテック・フィリップ社は、販売用ではなく完全に研究目的のテスト・ムーブメントを幾つか製作しています。
この天文台コンテストに臨むためだけの目的で作られた約30個のムーブメントは、パテック社の最高水準の精度に到達しましたが、非常に興味深い点は、それらの多くがスイスの習慣に反し、安定性を増やすために¾プレート(我らがザクソンの方向性ですな!)で固定されていたことです。

b0159560_2201445.jpg

大きな真鍮のインバー・ギヨーム・バランスと青焼きされたブレゲーひげを特徴とするムーブメントNo.861121は、天文台規則によって要求されたすべての必要条件を満たしており、この特別なムーブメントは1948年のクロノメター・コンテストで第3位に入賞しました。

b0159560_221888.jpg

繰り返しますが、これらは純粋に研究目的のために作られたもので、販売の予定はありませんでした。
しかしそこにわずかな例外が生まれます。
http://www.tp178.com/jd/patek-cormac/tourbillionobservatory.html
パテックの長い歴史の中でも、わずかに2個の研究用ムーブメントのみが、販売用の時計にケーシングされたことが知られているのです。
このJB.Championはそのうちのひとつであり、かつまたプラチナでケーシングされた唯一の天文台ムーブメントと言えます。
b0159560_2235554.png


さて、パテック社にこのような我儘を要求したのは、戦後のアメリカで最も成功したテキサス州の刑事弁護人であり、パテック・フィリップとヴァシュロン・コンスタンティンの伝説的な(かつまた抜け目のない)クライアントだったJoe Ben Championでした。
彼はその貴重で高水準のムーブメントで腕時計を作ることを望み、そのうえ、あらゆる材料の中で最も貴重なプラチナを選び、そのケースはChampionの趣味に合わせて限定で設計・製作されました。
b0159560_22403876.jpg

ムーブメントはマスター・ウォッチメーカーのAndre Zibach氏によって再調整され、ジュネーブObservatoryの保証を受けています(最初のムーブメント時と合わせて2度のジュネーヴ・シールを受けたことになります)。
b0159560_2242957.jpg

時計のケースも少し独特で、この「JB Champion」プラチナ・ケースは、同時代のモデルよりわずかに大きい36mmの径となっています。

b0159560_2241406.jpg

さらにチャンピオンは特別なダイヤルも注文しました。
その結果、6時位置に「MADE ESPECIALLY FOR J. B. CHAMPION」というサインが入り、さらにダイヤモンドの時間目盛りつきのタキシード・ダイヤルなど、完全な個人仕様となっています。

b0159560_22442418.jpg

つまりこれは、これまで腕時計ケースに入れられた最も高水準のパテック・ムーブメントであることに間違いありません。



最後に、クリスティーズの注釈にはこうあります。
「我々は誰かが今日のPatek社から類似したダイヤルを求めることができるものならやってみろと挑発します...つまりこれは、パテック史上で、個人が手にした最高にして究極に貴重な時計と考えられます。」だって。。。。











うーん。。。。。すごい。。。
貴重なのかもしれないけれど、でもケースの状態見ると、一度はポリッシュしたほうがいーよね。。。。






als_uhruhrをフォローしましょう

More・・・おまけだよ~
[PR]
by a-ls | 2012-11-18 22:47 | パテックフィリップ | Trackback | Comments(0)

5396WG 黒ダイヤル・ティファニー限定

ついにパテックから正式なプレスリリースが出た模様ですね。
各所でニュースになっております

b0159560_7215653.png

5396WG ティファニー限定。

数ヶ月前から現地のティファニーを通じて各所に打診のあったモデル。
パテックの歴史的にも、このタイプの理想的なフェイスですから、当然、限定100個を上回る申し込みが出るでしょう。
実際すでにかなりの購入希望があるらしいです。

b0159560_7224427.jpg

かなり前にわたしが戴いた画像。
ムーンの空が青から黒に変更されたようで、さらに良くなりましたね~(笑)。


b0159560_10585153.png


別画像(ん、空の色は青のままかも??)


いずれにしても、
様々なアプローチで行われているであろう入手への綱引き、
さて、どうなりますやら・・・(笑)。






















als_uhruhrをフォローしましょう

More・・・つづく
[PR]
by a-ls | 2012-11-17 10:45 | パテックフィリップ | Trackback | Comments(0)

クラプトン2499を、落札しちゃう(笑)!~妄想ブログ

(クリスティーズ・ジュネーヴ・オークション会場にて)

さぁ、ロットナンバー151
エリック・クラプトン所有のパテック2499PT。
b0159560_12472686.png

現在、2百90万スイスフラン
他の方、ありませんかぁ~、ありませんかぁ~
なければ、あちらのアジアの紳士の落札となります!!
b0159560_12501142.png

よろしいですかぁ~? よろしいですね、それでは・・・
b0159560_12505637.png

2百90万スイスフランで、
ハンマァ~プライス
(会場拍手)


(その後VIPルームに移動して即金精算)
「それではバイヤーズ・プレミアムをふくめまして
3百43万3千スイスフラン確かに頂戴しました
お品物は本日お持ち帰り希望ですね? それでは・・・こちらをどうぞ。」
b0159560_1257882.png

「あ、どうも。。。」
b0159560_132168.png

「思ったよりも軽いんだね~」
b0159560_1351523.png

b0159560_136539.png

「んじゃ、記念に写真でも撮っておこうかな」
b0159560_1364069.png

b0159560_1365232.png

「こんなアングルでは・・・」
b0159560_137557.png

「やっぱ普通のほうがいいかな」
b0159560_1371675.png

b0159560_13111822.png
b0159560_13113338.png

「じゃ、着けてみよーか」
b0159560_13122348.png

b0159560_13124728.png

b0159560_13155543.png

「針位置が重なっちゃってイマイチだな。動かしちゃえ」
b0159560_1317065.png

「これでよし!」
b0159560_13173414.png


「で、今日は全部で幾ら使ったの?」
「ん!?」

1本・・・


2本・・・


3本・・・




b0159560_13182963.png


円建てだと7億4千ちょいか・・・
「ま、予算内だな、はははは」




Orz ・・・・ 悪ふざけが過ぎました。。。。
すぐに消しちゃうかもしれません・・・すみません 

[PR]
by a-ls | 2012-11-15 13:14 | パテックフィリップ | Trackback | Comments(2)

E.クラプトン2499 、JB.チャンピオンに負けちゃう!!~オークション結果速報

3億円オーバーのエスティメイトがつけられて話題を呼んでいたE.クラプトンの2499/100、ついさっき落札結果がでました!

SFr3,443,000

b0159560_1058354.jpg

日本円で約2億9千250万円で、3億円にはわずかに届きませんでした。

たしかにもの凄い金額ですが、実はこの日のクリスティーズ・オークションには、落札額でこちらのクラプトン超えしたパテックのオンリー・ワン・ウォッチが登場したのです。


The platinum J.B. Champion Patekと呼ばれるこの時計の落札価格は、なんと!
SFr3,779,000
b0159560_116735.jpg

ということで、こちらは約3億2千万円



という結果となりました!!

今はとり急ぎ、結果のみで失礼します。




















als_uhruhrをフォローしましょう

・・・
[PR]
by a-ls | 2012-11-13 11:06 | パテックフィリップ | Trackback | Comments(0)

Double Split シンシア限定

ときおりオークションなどのセカンドマーケットで見かけます
シンガポールの名門ジュエラー、シンシアの限定品。

Double Splitシンシア限定
b0159560_1639074.jpg


シンシア限定というとPGケースに黒ダイヤルのシリーズが有名で、
b0159560_16302447.jpg

もちろんダブル・スプリットも出していますが、こちらは本店のもので、10本限定。

冒頭写真のものは、シンシア高島屋店(今でもあるのかな?)の限定で、
こちらは5本だけ作られたレア・ピースですが、どういうわけか過去の中古市場の履歴を振り返っても、
プレミア付で売られたのはものほぼありません。
b0159560_16253615.jpg

実はこのデザイン、これがダブルスプリットの最初のデザインだったらしいのですが、一説によりますと、
パワーリザーブの“赤”色が、戦時中のナチス親衛隊(SS)の時計デザインを想起させるかもしれないという理由で、発売直前に現在流通しているものに変更されたのだそうです。


そして、シンシアといえば、
ここ数年の間に経営母体・出資者が目まぐるしく変わっているらしく、
ま、わたしが心配することでもないのですが(笑)、ちょっと気になります。
大丈夫なのでしょうか?












als_uhruhrをフォローしましょう
[PR]
by a-ls | 2012-11-12 16:43 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(4)