a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

<   2012年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

不思議なランゲ (I)

1815です。
今はディスコンとなったオリジナル1815の黒ダイヤル。

b0159560_662843.jpg


一見しても、不思議な点は見いだせません。

b0159560_68114.jpg

b0159560_691449.jpg

強いて言えば、純正の押印があるのに、ストラップの裏側に染色処理がされていない点でしょうか。
 
ランゲのストラップと言えば必ず最高級クロコですが・・・
そうです、ランゲのカタログには絶対に存在しないハズの、カーフのストラップなんです! 
・・・って、不思議なのはそこじゃないぃ~~~!!

b0159560_620326.jpg

b0159560_6224424.jpg

ケース上に見慣れない文字が彫られておりませんか?

よぉ~くご覧ください・・・。

“EIGENTUM DER FIRMA PROPERTY OF LANGE UHREN GmbH” とあります。
訳しますと、「ランゲ時計会社の資産です」というような意味になります。

さらにもっとよく見ますと、GOLDやPLATINを保証するホールマークもないのです。

では正解を言いちゃいましょう・・・実は・・・なんとこれ、
ステンレス・スティールの1815なのです!!!

復興初期のランゲは、オーバーホールや修理などでユーザーが時計をランゲに預けなければならない際に、代替えの時計(車で言う代車のようなもの)を貸し出していたのですが、さすがに貸し出し時計に貴金属を使うわけにいかず、ステンレスケースのモデルを作り、しかもご丁寧にストラップまでランクを落としたカーフ(牛皮)を付けて貸し出したのです!
b0159560_6585920.jpg


当然、尾錠もステンレス!!
b0159560_6594314.jpg

b0159560_70049.jpg


貴金属を使わなかったことにより、結果として、このステンレスの1815は、ランゲ史上最も貴重な時計のひとつとなりました。何個作られたのか、ランゲ本社は絶対に教えてくれませんが(笑)、マニア間では現在までに少なくとも3個の存在が報告されております。

もうひとつの個体の裏側・・・
b0159560_732783.jpg

ムーヴメント番号の下に"SERVICE"の文字も確認できます。




万が一、オークションにでも出てきたら、
かなりものすごいプライスが付くのでは
・・・と言われております。









als_uhruhrをフォローしましょう

More・・・ここだけのお話
[PR]
by a-ls | 2012-04-24 07:11 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(2)

相似フェイス II

似てる! 

b0159560_23204753.jpg







例えるなら・・・

More・・・こんな感じ?
[PR]
by a-ls | 2012-04-19 23:25 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(2)

相似フェイス

似てる! 
b0159560_172832.jpg





例えるなら・・・

More・・・こんな感じ?
[PR]
by a-ls | 2012-04-18 17:34 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(0)

ケースイニシャル番号 110.xxx

1989年に復興されたランゲ&ゾーネが、
ランゲ1を含む最初のモデルを発表した記念すべき日。
それは、1994年10月24日のことでした。

その当時のモデルは、現在のようなクリスタルバック(いわゆる“裏透け”)ではなく、ソリッドバック(メタルケースバック)仕様であったことは以前にも書きましたが、この度、明らかに初期の、しかもファーストロットに間違いないであろうランゲ1を発見しました。

b0159560_15272048.jpg


復興ランゲのケース番号は、110.001からスタートします。
これは、1845年にアドルフ・ランゲが創業した旧(=オリジナルの)ランゲ&ゾーネが、東ドイツによって国有化されその歴史を停止する約100年の間に、(第二次大戦中の軍用時計も含んで)およそ110,000本弱の時計を作ったという史実を尊重し、その歴史を継承するという意味から、イニシャル11万1(つまり110.001)を最初のケース番号としたためです。

b0159560_15281477.jpg


b0159560_15474040.jpg


今回見つけたランゲ1のケース番号(イニシャル)は「110.034」、保証書の販売日付も、ランゲ1が発表された10月24日から、僅か1ヶ月半後の94年12月12日となっており、この世で34本目のランゲ1であることは間違いなく、販売実績においても、おそらくこの世で20本目くらいに買われたランゲ1ということになるのではないでしょうか。


その後、ソリッドバック(メタルケースバック)について、いろいろと調べる機会がありまして、その辺のことはもうしばらくしてまとめたいと思うのですが、ケース番号=製作順番というルールはかなり早くに破たんしますので、ケース番号が若ければ製作年度が古いというルールは必ずしも(・・・というかまったく)成立しません。
ですから、この110xxx番台だけは非常に非常に特殊かつ重要な番号なのです。

わたくしもまだ全貌を把握しておりませんので、もし、初代PLMを除く、110xxxもしくは111xxxのケース番号を持つランゲをご所有の方がいらっしゃいましたら、ぜひご一報いただけないでしょうか?















[PR]
by a-ls | 2012-04-16 15:30 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(1)

ランゲ1 備忘録

なかなか有益な資料を見つけました。
1994年から2012年までの、ランゲ1ファミリー9機種のスペック表です。
(本当はリトル1と旧グランド・ランゲ1を加えた11種なんですけどね・・・苦笑)
でもまぁ、こういう資料ががネットですぐに見られると自分にとっても便利なので、
備忘録としてUPしておこう~~。


b0159560_18582434.jpg
 (クリックすると拡大されます)

そして、
ファミリー全機種の勢揃いショット!!
b0159560_18452417.jpg


コンセプト、デザイン、ヒストリー、復興ランゲ&ゾーネを代表する作品です。
やはり、ランゲの中では一番好きな機種ですね、うん、うん。





ん????
あららら・・・

UPしたあとで、熟読しましたら、
上のスペック表に大変に残念な間違いを発見”してしまいました(涙)・・・しょぼぉ~~んです。





はからずも“ランゲ・センター試験”第二弾みたいになってしまいましたが・・・
では、誤りはどこに???









als_uhruhrをフォローしましょう

More・・・あちゃぁ~・・・
[PR]
by a-ls | 2012-04-11 18:50 | Lange 1 | Trackback | Comments(4)

ランゲ&ゾーネ観桜会

b0159560_965067.jpg

というわけで、ほば満開の桜の杜にいだかれた宴席にて、
ランゲ&ゾーネ主催のお花見会に参加させていただきました。
陽が落ちて、急に冷え込んできたため、お庭の観桜はそこそこに、
CEOさんが開宴の挨拶
b0159560_9403016.jpg


早速、“お花見”ならぬ“お時計見”も開宴です(笑)
わたくしも、自分の本日の時計との“ペア”と出逢い、記念撮影
b0159560_13363925.jpg

さらにもうひとつ“同系”の御方にも加わっていただきました。
b0159560_13384131.jpg

今、思いますと、これはまだ「五分咲きのランゲ」でした(笑)。
もしくは、本日は和食をいただきましたので、このスリーショットが「先付・前菜」段階でした・・・。

続いて、ローマンインデックス・フェイスの“ランゲ三種盛り”という、滅多に撮れないショットを拝み、
b0159560_13483550.jpg

ここで「七分咲きランゲ」もしくは「お造」を堪能した感じでしょうか。。。。

そして「箸休め」かなと思ったら・・・・
b0159560_13502263.jpg

ん? どちらのバックショットでしょう。。。
そして、こちらを表に返しますと・・・いきなりの「満開」です! 
b0159560_1352332.jpg

しばし、リヒャルトランゲ・トゥールビヨン・プール・ル・メリット・ハンドヴェルク・クンストの世界を満喫。
b0159560_13542644.jpg

b0159560_13551381.jpg

b0159560_13553967.jpg

リヒャルトランゲ・トゥールビヨン・プール・ル・メリットPTとハンドヴェルククンストHGでは裏の風合が異なります。
b0159560_13555478.jpg


ところが、宴はこれでは終わらず、こんなことになってしまうのです!!
b0159560_1358433.jpg
b0159560_13591819.jpg

よ、よ、よ、4本!!

こうなるとクロノグラフ系も黙ってはおられません!!
ダト&DSの逆襲です。
b0159560_1403883.jpg

珍しいYG限定など“超弩級戦艦”が艦隊を組んで出撃です。

コース料理としてはすでにお腹いっぱいなのですが、もう誰にも止めることはできないのです!
だって、 さきほどのリヒャルト・トゥールビヨンさんたちも加わった、戦隊ヒーロー・ショー
“ハニーカラー・レンジャー”が控えていたんですもの!!
b0159560_14104181.jpg

ろ、ろ、ろ、六人衆!!

収拾のつかないこの事態を収めていただいたのは、この夜の特別ゲスト松山猛さんのスピーチでした。
b0159560_14133857.jpg

ランゲ創世記のお話、復興の祖であるブリュムライン氏の思い出など、
貴重なお話をうかがうことができました。

このようなお話を素敵な「デザート」として、宴はようやく幕を閉じます・・・
素晴らしい桜とランゲ・・・、でも・・・桜を見に行ったのか、ランゲを見に行ったのか、
よくわからなくなるような、強烈な一夜でした。

More・・・秘密
[PR]
by a-ls | 2012-04-07 14:30 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(11)

桜とランゲ

b0159560_15505866.jpg


ようやくと気候も春めいてきました。
本日はランゲさん主催の観桜会にお呼ばれしたので、
同伴時計を桜色(PG)のランゲからセレクト中に
庭先の花びらと・・・。


b0159560_15544597.jpg


今宵、久々にお会いできるオーナーズクラブの方などもお見えとのことで、
とても楽しみです。

うーん・・・・・・・・






・・・左腕は、こちらに決めました

b0159560_1641218.jpg


More・・・おまけ
[PR]
by a-ls | 2012-04-06 16:05 | GTG | Trackback | Comments(0)

“ランゲ&ゾーネ・センター試験”(笑)

懐中やマリンクロノなど、最近はヴィンテージ・ランゲを市場で見かけることも多くなってきました。
ただ、その商品説明に、誤った表記などがある場合もあります。
以前にもチラりと触れた個人オークションの出品などのレベルであれば、多少の誤記があっても、まぁまぁ微笑ましいのですが、中古店などではやはり説明においてもプロであってほしいわけで・・・
そこで現在某中古店に出品されているDUF懐中や、最近某オクで落札されたランゲ懐中の、画像や説明文を例に、“ランゲ&ゾーネ・センター試験”風に問題形式で作ってみました。

b0159560_18255663.jpg


【問1】
下の短文①~⑨は、上記ランゲ懐中に付けられた説明文を9つのブロックに分けたものですが、
①~⑨の中で、文章中に誤りを含むものを選び、その理由を述べなさい。

①1885-1890年製造のA.ランゲ&ゾーネの懐中時計です。 A.ランゲ&ゾーネ懐中時計にはランクがあり、ALS>DUF>OLIWとなっています。こちらはD.U.F.ランクの懐中時計です。

②D.U.F.ランクは石の数は15石、一般にケースに14金もしくは銀を用いています。 調整については2つの温度下で2姿勢でされていました。

③表記はダイアルとムーブメントの両方にDEUTSCHE UHRENFABRIKATION,GLASHUTTE-SA,A.LANGE&SOHNEと3つ表記されています。

④A.ランゲ&ゾーネの懐中時計はドイツ軍との関わりがあり、将校等に勲章を与える時にA.ランゲ&ゾーネの懐中時計を与えていました。それがD.U.F.ランクのものでした。

⑤ムーブメントを見ると1864年に完成したA.ランゲ&ゾーネの特徴であるムーブメントの安定と保護を目的とした4/3プレートになっていて隅々まで面取り、仕上げされています。 そして耐久性を高めるために青焼きしたネジ等、A.ランゲ&ゾーネの伝統的要素を備えています。

⑥初期の緩急針はスワンネック型ではなくシンプルにまとめられている印象です。
また、香箱の○+□のネジ、独特なテンプ受けはグラスヒュッテ特有のものです。

⑦約100年前の時計ですが、ダイアルの一部にクラックがありますが、光の反射で見える程度で綺麗な状態を保っています。ホワイトダイアルにローマ数字、1行程加えたブルースチール針が良い雰囲気を出しています。 A.ランゲ&ゾーネのオリジナルムーブメントの高品質、高級仕上げの魅力を持つモデルです。

⑧今ではO.I.L.W.ランクの物も珍しく、D.U.F.ランクの物は非常に希少です。

⑨販売価格 948,000円 (税込) 送料別


【問2】
下記①~③は最近某オクで実際に落札されたランゲ懐中(すべてDUFクォリティー)ですが、以下の3個に関して真贋を鑑定し、完品、贋作品、不完全品に分類しなさい。


A. LANGE & SOHNE ( GERMANY ) 15 JEWLS PURE PINK GOLD PALLET & ESCAPEMENT WHEEL VERY HIGH GRADE FULLY OVERHAULD MOVEMENT IN A NICKEL FILLED HUNTER CASE. CIRCA 1906
b0159560_2284480.jpgb0159560_2291029.jpg


出品者からの商品説明:
1907年に作製されました、ニッケルメッキのLANGE & SOHNEのハンターケース懐中時計。
(ケース:)ニッケルメッキのハンターケース。フロントとバックカバーの内側には、`PDB 38339`と刻まれています。フロントカバーは、90度の位置できちんと止まります。バックカバーは、90度よりほんの少し広がったところで止まります。当たり等なく美しい状態のケースです。ステムワインド、レバーセット。
(文字盤:)白色セトのダブルサンクの文字盤。ダメージ等なく、とても美しい文字盤です。“DEUTSCHE UHRENFABRIKATION GLASHUTTE I/SA A.LANGE & SOHNE”と描かれています。美しい金色の針を持っています。風防も、擦れなく、とても良い状態です。写真にて、この美しい新品同様の状態の文字盤をどうぞお確かめください。
(機械:)ドイツ製。レバームーブメント。“DEUTSCHE UHRENFABRIKATION GLASHUTTE 54368”と刻まれています。アンクルとガンギ車は純金製。違う機械と組み合わされている場合もありますが、この機械はLANGE & SOHNEのものです。OH済み。快調に作動しており、高品質の機械です。金メッキを施された美しい機械を、写真にて是非お確かめください。
(サイズ:)直径:52mm、 高さ:70mm(環を含む)、 厚み:12mm.


ランゲ&ゾーネ 14K大型,貴重初期DUF,金無垢脱進機!!美品!!
b0159560_22252579.jpgb0159560_22254958.jpg

出品者からの商品説明
昨年、当オークションにて落札しました。コレクション整理の為、出品致します。下記は、私が落札時に記載してあった文章になります。あくまで私見ではありますが、状態等はほぼ変わりはないといっていいと思います。

c1880th, A. Lange & Söhne Glashütte, 14K Pink Gold Large 49mm 84gram, Early "DUF" (DEUTSCHE UHRENFABRIKATION Glashütte) w/Solid Gold Lever & Escape Wheel, Near Mint Condition!!
世界中の時計愛好家を魅了するランゲ&ゾーネの、1880年代の使用頻度が少ない貴重な状態を保った大型男性用ハイグレードウォッチです。
アンティーク時計に御詳しい方々なら御存知のランゲのDUFグレードの誠に初期のモデルです。この通称DUFと呼ばれる時計は、Deutsche Uhrenfabrikation Glashütte とムーブメントに記され、1879年に、これまでのランゲの小生産性を省みて、グラスヒュッテの時計産業の興隆を目指し生産性を上昇させる目的でランゲの中間的グレードとして確立されたものです。
このムーブメントのシリアルナンバーより1880年代前半に製作された初期DUFグレードの時計の仕上げは素晴らしく、ドイツ時計のシンボルである3/4プレートは隅々まで面取り仕上げされ塗金装飾が施され、またグラスヒュッテ独特の螺旋模様の丸孔・角孔車、金無垢チラネジを有す大型特殊素材テンプ、そして独特の角度を有しグラスヒュッテレバーと称されるアンクルとガンギ車は金無垢の物が使用されるなど、第一次大戦後に大量に生産された廉価版のOLIW(Original Lange Internationales Werk)グレードと違い、ランゲ&ゾーネらしい高級仕上げが施されています。
この美しい貴重な初期DUFは使用頻度が少なかった物と見え、外観・ムーブメント共々、かなり綺麗な保存状態を有しています。
(ムーブメント:) ランゲ&ゾーネのDUFグレードを表す、Deutsche Uhrenfabrikation Glashütteと記されたムーブメントは、美しい塗金装飾に面取り仕上げ、グラスヒュッテ時計独特の螺旋模様の丸孔・角孔車、青焼きネジ、金無垢チラネジを有す特殊素材の大型テンプ、そして金無垢製のアンクルとガンギ車など見るものを魅了するランゲらしい機械です。状態は今だ輝いた美しい状態で正常に作動致します。(整備歴が不明で、現状で日に2分ほど進みます。その様な方はあまりいらっしゃらないかと思いますが、日常使予定の方は注油清掃をお勧め致します。) シリアルナンバーは「19683」となっています。
(ケース:)14Kピンクゴールド無垢の美しく重量感有るケースです。大きさは、幅約49ミリ(竜頭含まず)、厚さ約12ミリ(風防含まず)にして、時計全体の重さは約84グラムとずっしりしています。状態は、使用頻度が少なかった物と見え、表面上の極軽いスレがある程度で、誠に良い保存状態を保っています。裏蓋内蓋内側に14K刻印が確認出来ます。
(ダイアル、風防、針:) ダイアルは誠に綺麗でヘアラインなどが見られない誠に良好なコンディションです。風防綺麗で、金無垢製のルイXVI針も良好です。


lange&sohne 1900年代手巻きアンティーク
b0159560_22331587.jpgb0159560_22334665.jpg

出品者からの商品説明
(仕様:)ケース径:47mm。アンティークのランゲ&ゾーネ手巻き式時計です。ランゲDUFラインのものです。非常に貴重な1本。ムーブメントの堅牢な作り、精度は現代のランゲと比べ遜色ありません。
こちらは懐中のリケースです。懐中から腕時計の移行期に懐中は用を成さなくなったのではなく、その時代のケース専門業者により、少なくない数の懐中がリケースされ、腕時計に生まれ変わりました。その流れを汲んでいると思われるものです。
表記についてはダイアルとムーヴメントには DEUTSCHE UHRENFABRIKATION GLASHÜTTE-SA.
A.LANGE & SÖHNEと表記あります。
DUF (Deutsche Uhren-Fabrikation) はUnionの創始者、Johannes Durrensteinの発案によって、1879年に規格化され、ブランドとして成立したランゲのディフュージョンラインです。
この当時のランゲは、職人などの失業対策のため、様々な工房からランゲを冠したモデルが出された歴史があるようです。DUFは、造り込みが非常によいです。







このブログ、すかさずクレームや苦情が寄せられる可能性もあります。
その際は、即座に長いものに巻かれていきますので(笑)、
削除や閲覧不可になる可能性がありますことをご了解ください。


More・・・解答例
[PR]
by A-LS | 2012-04-03 17:26 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(4)