a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

<   2012年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

眼福

コチラ【→眼福の素】をぽちりっとしていただきますと、
眼福pdfがやってきます。








ああ~~2438~きれいだ~~。
1579も興味あるなぁ~。
でもやっぱ3974は憧れだ~~

[PR]
by A-LS | 2012-03-29 00:43 | ビンテージ | Trackback | Comments(0)

アーカイヴ~ランゲ マリンクロノメーター Cal.48

昨日の続きです。

これは2010年05月21日に
「ランゲ マリンクロノメーター cal.48」という表題でクロノスSNSに投稿したものです。

 【ご注意】 2年前の投稿であることをご理解の上お読みください 






昨日紹介したマリンクロノメーターと、
表情は同じ感じなのですが・・・・
b0159560_1323870.jpg


ガラスをはずし、ムーブメントを取り出しますと・・・なにかが違う。
「チェーンフュージー」型に比べると、厚みがいやに薄いではありませんか!
b0159560_13233855.jpg


裏を返して、その正体をみると・・・・
b0159560_1326122.jpg


なんと! 「キャリバー48=cal.48」と呼ばれる、ランゲが開発した懐中時計のムーブメントがはめこまれているのです。下の写真と同じ懐中のムーブメントで、ちなみにこの時計は皆さんご存知、1815 UP&DOWN のデザインの原型ともなっています。
b0159560_1325129.jpg



第二次大戦中のナチスドイツは、高度な時計製造技術を誇ったランゲ&ゾーネ社を一級クロノメーター製造企業に認定し、ランゲが開発したこの傑作キャリバー、cal.48を陸海軍の正規時計に採用します。
そしてこの設計図をランゲ以外のメーカーにもオープンにすることで、ラコやIWCなどのメーカーにも、このキャリバーを使用した軍用時計の生産を命じました。

このムーブメントを内蔵した懐中時計は、いわゆる観測時計(B-Uhr=beobachtungsuhr)としても知られ、ドイツ軍将校や空軍時計として配布されただけではなく、デッキウォッチとして木枠に装着され、マリンクロノメーターの補助(参照・標準)時計として、戦艦やUボートなどの潜水艦でも活躍しました。
b0159560_13294972.jpg



おそらくですが、第二次大戦中には、あまりにも多くの船舶が造船されたため、鎖引きのマリンクロノメーターでは、その生産が追いつかず、より簡易かつ精度も高いcal.48をはめ込んだ、この“なんちゃってマリンクロノメーター”が採用されたのではないでしょうか。
48mmのムーヴ(だからcal.48と呼ばれました)が、約3倍の径を持つマリンクロノの針を動かす輪列です。
b0159560_13333439.jpg

戦時でなければ発想しなかった工夫ではないでしょうか。

More・・・つづく
[PR]
by A-LS | 2012-03-26 13:39 | ビンテージ | Trackback | Comments(0)

アーカイヴ~ ランゲ・マリンクロノメーター

マリンクロノメーターの記事、思いのほか多くの閲覧をいただいたようで、ありがとうございます。
というわけで、以前にクロノスSNSに投稿したブログの再編集ではありますが、過去にまとめたランゲ・マリンクロノメーターの記事を、ここに再掲載しました。

年末年始にも行なったクロノスからの“再放送ブログ”ですが、それをアーカイヴという形にあらためまして、今後も折に触れて、コチラに移行していけたらと思っております

当該記事は、ランゲブティックに展示されたマリンクロノメーターを紹介するために、
2010年5月20日に 「ランゲ 鎖引きマリンクロノメーター展示」というタイトルで投稿したものです。

【ご注意】繰り返しになりますが、本稿は2年前の時点でのものであり、
現在この展示は行われておりませんので、よろしく御理解のほどをお願いいたします。




東京・銀座、ランゲブティックの奥の間。
その展示スペース・・・
b0159560_19563098.jpg


いつもは過去の限定の名品などが並んでいるそのスペースに、
なにやら、バラバラのパーツが!
b0159560_19582229.jpg


よく見ると・・・・
チェーン・フュージーのマリンクロノメーターが!!
b0159560_205350.jpg


鍵で巻き上げますと、 こちら(↓)の鎖が・・・、
b0159560_19585728.jpg


手前側に巻き取られるという
b0159560_2013319.jpg


鎖引きの機構が、よくわかります。
b0159560_2015014.jpg


鎖の動きを理解しやすいようにというブティックの配慮で、展示の背面も見える小さな鏡がセットされていました。
b0159560_208298.jpg



以下は、ブティックの展示ではありませんが、サービスカットです。

通常はこのような木箱にセットされ、ムーブメント部分はケースに覆われているので、機構は見えません。ですから、今回の展示は貴重な機会かもしれません。
b0159560_2084193.jpg


ムーブ本体はこのようにメタルで覆われており、ゼンマイは機構を裏返し、付属のカギで巻きあげます。
b0159560_2131626.jpg


ちなみに時間あわせは、同じカギの頭部を用いて、下のように行われます。
b0159560_209960.jpg


展示の状態からはうかがうことはできませんが、エンドストーンのダイヤは、
むちゃくちゃデカイのです。
b0159560_2095053.jpg















More・・・つづく
[PR]
by a-ls | 2012-03-25 20:35 | ビンテージ | Trackback | Comments(0)

ランゲ・マリンクロノ・ウォッチ

長い間、撮りたいと願っていたショット、ついに写真に収めることができました!

b0159560_13324891.jpg

ドイツの高名なジュエラーWempeとランゲが、マリンクロノメーターという船舶用の時計を開発してから100年を迎えたことを記念して発売されたアニヴァーサリー・ウォッチで、ドイツのWempe本社からYG100本、PT100本が限定販売されたのですが、実はNYのWempeもアメリカ市場用にPGケースを25本作成していたのです。
過去、PTとYGのツー・ショットは見たことありましたが、PGを加えたスリー・ショット、ついにゲットできました。
b0159560_13391622.jpg

b0159560_13412753.jpg

個人的には、最も美しくて最も存在感のあるブルースティール針を持つ、史上最強のランゲ・ウォッチであると言えると思います!!
b0159560_1342230.jpg


この限定時計の専用ボックスは通常のランゲのものとは大きく異なり、木製ボックスになっております。
(保証書などを入れるホルダーも茶色の皮仕立てになっていたりもします)
b0159560_1641925.jpg

b0159560_1663049.jpg


というのも、マリンクロノメーターがそのような形状の箱に納められていたからです。
そのマリンクロノメーターの実物はこんな感じ・・・
b0159560_13453265.jpg

通常は、柱時計のようにガラスをはめ込んだ木箱に入った状態で使用します。
蓋をあけて・・・フェイスを見ますと、腕時計のデザインはその忠実な写しであることが解ります
b0159560_13464695.jpg

さらに内部の機械は・・・基本チェーン・フュージー
b0159560_13474471.jpg

中には、歴史上、こういうマークの入ったものも・・・
b0159560_13483746.jpg


ちなみに現在、日本の某有名オークションサイトにも同様の品物が出ておりますが、非常に高価な設定ですね。でも、海外のオークションでは意外とリーズナブルに取引されているものですので、もし真剣にご所有をお考えの方がおられましたら(笑)、どうかお気軽にご相談ください。

100年の時を超えて、今度はオリジナルとアニヴァーサリーとの3ショット
b0159560_1359285.jpg








ラストの一枚は・・・・ほのぼのショット??
お爺ちゃんマリンクロノから、第二次大戦中の苦労話などの昔話をおとなしく聞いている、現行ランゲのマリンクロノ坊やたち・・・です(笑)!!

More・・・つづきはコチラ
[PR]
by A-LS | 2012-03-23 14:05 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(8)

カラトラバ2012新作5123R

今年のパテック・フィリップ新作群の中でも、概ね好評なのがこのカラトラバ。
b0159560_12203264.jpg

PATEK王道の針に、十字に描かれたスモールセコンド。
ラグの形状には好き嫌いがあるかもしれませんが、最近のフェイスの大型化の流れに対し、
38㎜というサイズ感を固持したことも、伝統に対するパテックの節度ある姿勢がうかがわれ好感が持てます。
b0159560_12253998.jpg

b0159560_12314966.jpg

ま、キャリバー215PS自体は21.9 mm径、2.55 mm厚ですから、ずいぶん“盛っている”ことには間違いないのですが・・・、ね。

以下、
カラトラバの長い歴史の中から、同系列のデザインを持つ名作を集めてみました。
b0159560_12343756.jpg

まずはこの逸品から、2509の表(写真:上)と裏(写真:下)です。
b0159560_12354985.jpg


続いて3433
b0159560_12402998.jpg


3440
b0159560_1243024.jpg


3445
b0159560_12421584.jpg


そしてもう一度5123・・・
b0159560_12445477.jpg

b0159560_12451286.jpg







ひとことだけ言わせてもらえれば、
「これで100万円台だったら、もっと良かったんだけど・・・ね」。うーむ。。。。。。。














als_uhruhrをフォローしましょう
[PR]
by A-LS | 2012-03-20 13:00 | パテックフィリップ | Trackback | Comments(2)

ランゲ&ゾーネ、「コンコルソ・デレガンツァ ヴィラ・デステ」に協賛

過去4年間に渡って後援してきたザルツブルグ音楽祭に代わり、ランゲ&ゾーネは2012年5月25日から27日までイタリアのコモ湖付近チェルノッビオで開催される世界的なクラシックカー・コンテスト、「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」に協賛することを発表しました。
b0159560_21412947.jpg


(以下、ランゲHPのニュースより引用します)

この「コンコルソ・デレガンツァ ヴィラ・デステ」は、世界に数あるクラシックカー・コンテストの中でも、歴史的に最も豊かでエレガントな祭典として知られています。その起源は1929年まで遡り、1990年代よりトップクラスのクラシックカー愛好家たちに特に注目されるイベントとして定着しました。クラシックカーだけでなく、新車のプロトタイプも出品され、デザイン性とエレガンスに主眼を置きながらコンテストが競われます。姿の美しさはもちろんですが、車の歴史的背景やストーリーなども重要な審査基準となります。

コンテストの要となる「最優秀(Best in Show)部門」の受賞者には、記念品としてA.ランゲ&ゾーネを代表する時計のひとつである「ランゲ1・タイムゾーン」のスペシャルエディションが贈られることが決まりました。ケースの裏蓋には、イベントにちなんだ特別なエングレービングが施され、
b0159560_17423989.jpgb0159560_17425819.jpg



さらに心憎い演出として、世界各都市のタイムゾーンを示すリングの「CET(中央ヨーロッパ時間)」の位置にはなんと、イベント開催地である「Como(コモ湖)」の名が刻まれます。

b0159560_17443132.jpg

b0159560_21401933.jpg

b0159560_17454255.jpg













als_uhruhrをフォローしましょう
[PR]
by A-LS | 2012-03-18 17:47 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(0)

プラチナミーティング

新たなタイムピースを手に入れたスイスの友人が、遠路はるばる訪ねてきてくれました。
貴重なプラチナケースであるそのモデルの入手を祝し、こちらも珍しいプラチナ・ランゲ1でお出迎え・・・

題して、プラチナミーティング(笑)。。。。
b0159560_90172.jpg


その新たな一本とは・・・・
時計数寄者なら一度はコレクションを夢見る、フィリップ・デュフォー作「シンプリシティー」!
b0159560_911189.jpg

なんとこちら、数年間のオーダー待ちの方々の中で、幾人かのキャンセルが出たことで友人に回ってきたというラッキーな一本。つまりダメ元で入れてあったオーダーがまさかのデリバリーに!!
しかも非常に数の少ない貴重なPTケースで、アザーデザインのギョウシェ・ダイヤルがセレクトでなく、付属品として付いてくるという正規品。おめでとうございます!!

まずはランゲ1PT・チェリーニとの2ショット
b0159560_9281755.jpg

両者ともに正式なエナメルではありませんが、非常に美しい白い地肌を持っております。

続いてのランゲ1は、一瞬WGのブルーダイヤルに思われますが、実はどこかの国のお金持ちの特注によってワンオフで作られたらしいPTケース・Blue dialのランゲ1との2ショット。
b0159560_935560.jpg


ランゲ&デュフォーですから、なにはなくともバックショットの競演!
b0159560_9374946.jpg

b0159560_9382569.jpg

なにやら凄みすら感じます
b0159560_9463028.jpg

“さすが”の一語、ほれぼれします・・・・
精度も素晴らしく、日差2秒程度だそうです。




b0159560_14335936.jpg

















als_uhruhrをフォローしましょう

More・・・つづく
[PR]
by A-LS | 2012-03-15 10:19 | GTG | Trackback | Comments(4)

バーゼル2012 Patek Philippe新作(IV)~パーペチュアルカレンダー

今季のパーペチュアルカレンダーの新作は2つ。
なかでも特筆すべきは、レディースで初のパーペチュアルがでたこと

b0159560_13573156.jpg

b0159560_1358129.jpg

インデックスのフォントなど、大変に女性らしいデザイン
b0159560_13585561.jpg

b0159560_13582980.jpg

オートマチックなので女性にも管理が簡単でしょう
b0159560_13594980.jpg

昨年のレディーズWTにも見られた、ケースとのペア感を高める尾錠へのダイヤセッティング
b0159560_140871.jpg

ストラップのカラーバリエーションによって、いろいろな風合が楽しめそうです。

そしてメンズには5940、TVスクリーンサイズのパーペチュアルが出ました。
b0159560_1464875.jpg

b0159560_147649.jpg

薄型なのは好印象
b0159560_1473757.jpg


往年の5020を思い起こさせてくれます。
b0159560_14144815.jpg

同じパーペチュアル・クロノである3970のクッションケース版として、短期間でしたが、マニアに愛されたモデルだったそうです。
b0159560_14153714.jpg

b0159560_14132975.jpg


そのレファレンス番号5940から推察すると、名機“3940”へのオマージュという意味合いもあるのでしょうか。。。。。


































als_uhruhrをフォローしましょう
[PR]
by A-LS | 2012-03-12 14:22 | パテックフィリップ | Trackback | Comments(0)

Patek 2012新作(III) 5204Pクローズアップ画像

b0159560_190932.jpg

5204P クローズアップ画像。
クロノ針の先はよく曲げられています。
b0159560_18582062.jpg

ケースバック
b0159560_1915698.jpg

アイゾレーター機構に新たな革新を加え、5004からみると、かなり進化したスプリットクロノ機能を採用とのことですが・・・、詳細は・・・誰か教えてください!(笑)
b0159560_21495039.jpg

Ref. 5004: The isolator for the split-seconds lever relies on an isolator wheel that is driven by an octopus wheel (O) (isolator wheel / splitseconds spring wheel) on the split-seconds column wheel and uncouples the split-seconds lever as soon as the split-seconds clamp (C) closes. Because the octopus wheel consistently rotates in the same direction, it always has to be returned to its home position together with the split-seconds lever; this is done by the isolator wheel spring as soon as the split-seconds clamp opens again.
Disadvantages: The disadvantage of this design is the extra height needed by the isolator wheel spring that sits on the split-seconds wheel (I). Because the springs of the split-seconds lever and isolator wheel act in opposite directions, the isolator wheel spring must also overcome the force of the split-seconds lever spring to rotate the unidirectional isolator (octopus) wheel back to its home position.

Ref. 5204: The unique Patek Philippe design is based on an isolator (A) controlled by the split-seconds column wheel (B ). As soon as the split-seconds clamp (C) closes, the beak (P) of the isolator falls between two columns and with its teeth advances isolator wheel (D) that uncouples split-seconds lever (E). When the splitseconds clamp is opened again, the beak (P) of the isolator is lifted onto a column; its teeth turn the isolator wheel in the opposite direction and the split-seconds lever is released again. The swan’s neck cap of the column wheel doubles as a spring (F) that constantly presses the isolator (A) against the split-seconds column wheel.
Advantages: The new design is thinner because it eliminates the need for an isolator wheel spring mounted on the split-seconds wheel (I). The isolator spring is part of the split-seconds column wheel cap. Unlike the mechanism in the Ref. 5004 in which the isolator (octopus) wheel rotates only in one direction, this isolator moves back and forth when the split-seconds clamp is opened and closed. This improves reliability.
b0159560_21515932.png

b0159560_19113717.jpg

b0159560_1952794.jpg

b0159560_1954847.jpg

b0159560_1962336.jpg

ケースサイドの画像、“ころん”とした丸み感は5004譲りといえるか・・・

b0159560_19111590.jpg

b0159560_19154993.jpgb0159560_19162125.jpg


b0159560_1920575.jpgb0159560_1920247.jpg


























als_uhruhrをフォローしましょう

More・・・つづく
[PR]
by A-LS | 2012-03-11 19:23 | パテックフィリップ | Trackback | Comments(5)

パテック・フィリップ2012年新作・実品写真 (II)

ブログのトップ画像がアレジさんの笑顔になった途端にアクセス数が激減してしまったため(笑)・・・

昨日アップしましたバーゼル2012で発表されたPatek Philippe新作の実品写真ブログから漏れてしまったレディース・ウォッチを、続編(II)として掲載します。

まずは、33mm径のサイズに、端正なムーン付のコンプリケーション。
4968G-001&4968R-001。MOPダイヤルに渦巻き模様がオシャレです。 ¥4,800,000
b0159560_14173786.jpg

b0159560_14162642.jpg

b0159560_14204680.jpg




続いて、7099R-001 レディーズ・ゴンドーロの登場です。こちらも文字盤に装飾が・・・。¥9,500,000
b0159560_14245753.jpg

b0159560_1424257.jpg



そして、新作リスト中には該当モデルが見あたらないのですが、
送られてきた写真の中に、こんなものが・・・

More・・・つづく
[PR]
by A-LS | 2012-03-10 14:34 | パテックフィリップ | Trackback | Comments(3)