a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

カテゴリ:オークション( 22 )

PHILLIPS 東京プレビューのお知らせ

プレヴューというのは、文字通りの下見会である。
オークションのハイライトとなるようなアイテムが世界を巡回展示し、入札を考えている愛好家は、この下見会に出掛けて、実際のモデルを観て触れて、入札するかどうかなどを、実機を下見しながら考慮することが出来る会なのだ。


ひと昔前は、どのオークションハウスも東京の下見会はほぼ恒例としていた感があったが、最近は台北や北京・上海などのコレクターの勢いが隆盛のためか、巡回が日本を素通りしてしまうことが多く、あの「Only Watch」のプレヴューなどもバンコク、シンガポール、香港、台北まで来ていながら日本には来ないという状態だった。

そんな中、PHILLIPS(フィリップス)が10月のニューヨーク開催オークションと、11月のジュネーヴ開催オークションの、2回分のハイライト・アイテムを展示する東京プレビューを、今週末に開催する!


展示される時計の中には、最近たいへんな話題となっているポール・ニューマン所有のデイトナ(Ref.6239)や、常に高額落札が話題となるパテック・フィリップのRef.2499など、貴重なモデルが目白押しとなっている!!

2017年10月26日ニューヨークオークションからの展示予定品
・ROLEX、Ref. 6239、ポール・ニューマンが所有したコスモグラフ・デイトナ

・PATEK PHILIPPE、Ref. 2499、18KYG、サードシリーズ


・CARTIER、Grand Tank Cintree、プラチナ
・VACHERON CONSTANTIN、チェコレートーネ、18KPG 
・他



2017年11月11&12日ジュネーブオークションからの展示予定品
・PATEK PHILIPPE、Ref. 2497、18KWG
・ROLEX、Ref. 18038、カンジャー、18KYG & エメラルド
・PATEK PHILIPPE、Ref. 570、18KPG & SS
・ROLEX、Ref. 6263、ポールニューマン
・OMEGA、トゥールビヨン、プロトタイプ、SS
・HEUERテーマオークション時計
・他




あまりに貴重アイテムが多いせいか、今回のプレビューは予約制となっている。
<日時>
・2017年9月24日(日)10時〜19時
・2017年9月25日(月)10時〜12時

<会場>
・PHILLIPS(フィリップス)東京オフィス
  東京都千代田区有楽町1-12-1新有楽町ビル8F 823区


<ご予約・お問合わせ>
・電話: 03-6273-4818
・E-mail: info@fivew.jp>


[PR]
by A-LS | 2017-09-23 14:15 | オークション | Trackback | Comments(0)

OFF会~LS:RM:PP=4:3+α:2 の巻


昨晩のOFF宴。ランゲ4本、リシャール3本+α、パテック2本。FPJとVCAが各1本と、ほどよい比率(笑)。
で、RMの "+α" 、すごいんだ、これが!





https://watch-media-online.com/offline/793/




[PR]
by A-LS | 2017-06-23 12:00 | オークション | Trackback | Comments(0)

PHILLIPS バリュエーションツアー!


時計の有力なオークショニアと言えば、クリスティーズ、サザビーズ、アンティコルムの3つが有名だが、
最近は、昨年のOnly Watchを取り仕切り、5016SSの超高額落札でも話題となったオークショニア、PHILLIPS(フィリップス)が大きな存在感を持って注目を集めている。

そのフィリップスが日本でのバリュエーションツアーを開催する。

バリエーションぢゃないすよ! バリューエーション、価値を付ける、つまり時計の査定会ですな。


b0159560_05283624.jpeg

情報がギリギリで大変に申し訳ないが、
時計の出品を考えている方は、連絡を取ってみてはいかがだろうか。



















als_uhruhrをフォローしましょう



















[PR]
by A-LS | 2016-09-07 05:17 | オークション | Trackback | Comments(0)

5016Aの落札者って、なんとあの!!


当ブログでも何回か取り扱ってきたが、
オークションにおける腕時計の落札額を大きく塗り替えることになった今年の「オンリーウォッチ2015」において、約9億円というとんでもない価格で落札されたパテック・フィリップの5016A。

b0159560_14270414.jpg
Patek Philippe 5016A in SS Case with Bule enamel dial
※画像をクリックすると大きくなります。


永久カレンダー・トゥールビヨン・ミニッツリピーターというハイエンド機構を盛り合わせた通常仕様がもともと人気も評価も価格も高く(笑)、惜しまれながら生産終了となった名機だったのだが、それに加えて、ブルーエナメルダイヤル+ステンレススティールケースというまさに”only one"な特別仕様を施されたその個体が、先月のオークションで、なんと9億円で落札されたのだ。

【関連ブロク】
(第一報) http://alszanmai.exblog.jp/24644615/
(実機展) http://alszanmai.exblog.jp/24956885/  
(落札時) http://alszanmai.exblog.jp/25069988/  
(その後) http://alszanmai.exblog.jp/25081961/


で、通常であれば、なかなか表に出ないハズのその落札者の名前が、この数日の間に一斉に報道された!









それはなんとあの





ブラッド・ピット !!!!!!!!
http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/mycom-20151209-20151209125/1.htm

http://soljp.com/yep/post-1116



引用記事にもあるように、ブラッド・ピッドはかなりのパテック・ファンで、通常使いはノーチラス5711A、2012年にアンジェリーナ・ジョリーとの婚約に際して、パテックの現行品中の唯一のレディース・ミニッツリピーターである、7000Rを送ったことも有名だ。 

b0159560_5502217.jpg

そして昨年、今度はアンジェリーナ・ジョリーが、結婚の記念日のプレゼントとして1952年製の貴重なヴィンテージ・パテック、約200万ポンド(約3億5500万円)をプレゼントしていたりもするそうだ。

http://www.movient.net/archives/41132272.html
http://celebgossipbiyori.seesaa.net/article/406267142.html

このパテックがどのような機種だったかについては、まだ確定されていないようなので記事にはしなかったが、
1952年製プラチナケースの個体で3億円以上のプライスが付く時計となると非常に限られるため・・・
一部では、↓これの落札者から買い取ったのではとささやかれていた。
http://alszanmai.exblog.jp/19520756/



こうした高額時計にまつわる2人の報道がなされるたびに、
「そんなに金があるならチャリティーにでも寄付しろ」という声が上がるのが”世の常”なので、
ブラピが今回のOnly Wach(売り上げのすべてが難病に苦しむ子供たちの支援に充てられる)で一歩も引かずに、パテック・フィリップを落札したのは立派だ。

しかも、このご夫婦くらいのセレブリティ―であれば、パテックのオーナーであるスターン家とのお付き合いの中で、こっそりとワン・オフのスペシャル・オーダーが出来そうなものなのに、衆人環視のオークション・マーケットに挑むのもとても立派なことだと思うが、うーん、常識を超えた市場価格の底上げはどーかとも思ったり思わなかかったり(笑)。。。。

























als_uhruhrをフォローしましょう



















[PR]
by A-LS | 2015-12-12 00:58 | オークション | Trackback | Comments(0)

Only Wach 2015余談


先日ジュネーヴで行われた「Only Wach 2015」チャリティー・オークションで、Patek Philippe の5016Aが、約9億円というオークションレコードを達成したことは、拙ブログをはじめいろいろなニュースで報じられているところだが、その話題のオークションにまつわるちょっとした余話をまとめてみた。

b0159560_06191896.jpg


まずは、何故にPatek Philippeの時計は、他のブランドの時計と比べて圧倒的な価格差(落札額第2位のリシャール・ミルに対しても10倍以上!)がつくほど高く落札されるのか、という根本的なお話から(笑)。
Only Wach は2年に一度なので、その直近6年分のヒストリーをさかのぼってみると、そこにひとつの傾向があることがわかる。
※ちなみに2009年は5712(ノーチラス5712のチタンケースだったと思う)

2011年が3939A(ステンレスケース・黒エナメルダイヤル)
結果:http://alszanmai.exblog.jp/16335031/
※この当時はアンティコルムが幹事オークショニアでモナコ開催だったため、通貨単位はユーロで、日本円換算すると約2億円)

2013年が5004T(チタンケース・特殊加工ダイヤル)
結果:http://alszanmai.exblog.jp/21163180/

そして今回
2015年が、5016A(ステンレスケース・ブルーエナメル)
結果:http://alszanmai.exblog.jp/25069988/


この6年間の3本の共通点は:
①長く名機と言われカタログの華だったレファレンスで、
②惜しまれながらディスコンになって1~2年内のモデルを、
③カタログ時代にはなかったケースに入れ、
④エナメル・ダイヤルなど特殊な文字盤をつけた、
⑤世界で唯一の作品となる仕様で出品している。

一方、他の多くのブランドは、これから売りたい新作のヴァリエーション・ウォッチを(ある意味その宣伝・告知も兼ねて)出品してくるので、このパテック・フィリップの方向性との差は歴然としている。

これらを踏まえて冒頭の疑問に答えるならば、
「スターン・ファミリーは、”コレクターがどういう時計を求めているのか”、”どういう時計にオークションで高値が付くのか”を知り尽くしており、高値で落札されることが明白な限定モデルを出品しているから」という至極当たり前な結論に行きつくのである(笑)。

そりゃあそうだ。
だって、世界中のお金持ちVIPから、「こういうスペシャルピースは作れないか?」といった類のリクエストが絶え間なく寄せられ、98%くらいのそれらを日々あしらっているブランドとしては、どういう傾向のスペシャルが望まれているかなどすべてお見通しなワケだ。

他ブランドが、その年の新作を母体とした特別仕様を(新作の宣伝効果などにも期待して)出品している中にあって、パテック・フィリップは過去の超人気アイテム(つまり通常オークションでもプレミアムが付くくらいの作品)の、さらに練りに練った限定ヴァージョンを出してくる。しかもオークション結果がこれほどのニュースになるとなれば、ブランドにとっての広告効果は計り知れないことも、よぉ~くわかったうえでの仕業なのである。

では次に、この9億円という落札額についてだが、5016(PT)は通常のオークションにおいては6000~7000万円くらいなの落札実績なので、当初のエスティメイト価格(CHF700,000 - 900,000) は充分妥当な線のところにあった。
また、ほぼあり得ない話だが、もしパテックが5016Aの特注を受けてくれたと仮定するならば、ケース&ダイヤルが特殊仕様(エナメル文字盤とSSケースはパテックのオークションで高額が付く定番条件)で、これに関わるコスト、つまりSSケースの鍛造、文字盤の製作を勘案すると、おそらく1億円くらいの価格になるのではと想像される。

これらの要素から、落札額はだいたい3~4億円くらいで決着するのではと予想していたのだが、Only Watchという世界注視の中でのオークションで、パテックのPOR品のしかも世界唯一の時計となれば、ま、競り合いが青天井状態になるのは仕方ないとはいえ、約9億円もの高額になったのは、もはや落札者は資産価値としてのイメージ以上に、パテックのOnly Watchをセリ落とすという名誉や満足感を求めていたといえるだろう。


次に、落札価格の第二位だったリシャール・ミルのRM027-02のプロト・タイプのお話。
実は、マカオと香港のプレヴューに、このリシャール・ミルだけが展示されていなかった。これは少し想像が入るのだが・・・、

b0159560_13161761.jpg
同時期に開催されていたWatches&Wondersのリシャール・ミル・ブースに展示されていたのではないかと思う。
(※画像はWatches&Wondersの会場にて撮影)
どうだろか???



さて、続いては、そのオークション現場をレポートしたQuill&Padの記事から、写真をお借りしてのトピック的余談。
http://quillandpad.com/2015/11/10/you-are-there-attending-the-only-watch-auction-2015-with-patek-philippe/


そのオークション会場にはなんと!
b0159560_13361615.jpg
フランソワ・P・ジュルヌさんの御姿が!(画像右側にいらっしゃるのだが、見つかった!?)
で、その後ろにいるのは、間違えたらごめんなさいだけど、ジョン・メイヤーとの訴訟で有名になったロバート・マロン氏では???
http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-2583931/John-Mayer-sues-Charlie-Sheens-friend-fake-Rolex-watch-cost-5-million-e.html


その他、ヴァシュロン・コンスタンタンのドミニク・ベルナス氏の姿も!!
b0159560_13403302.jpg
57260のお披露目の際にはたいへんお世話になりました!(画像上のジェントルマン)
b0159560_17125343.jpg

このように、出品ブランドの結構な地位にある関係者も会場に足を運ぶ注目のオークションだったようで、この注目度は同日に行われたフィリップスの通常オークションにも引き継がれ、パテックのヴィンテージやリシャールの27番などが、続々と高値で落札された。
すべてのオークション結果はコチラから:https://www.phillips.com/auctions/auction/CH080415



で、そのあおりを受けたとしか思われないのが、同時期に行われていたアンティコルムのジュネーヴオークション。
そりゃあ、パテック5016Aに2~3億円のビットを覚悟しているコレクターがいたとしたら、その期間は他のオークションは控えるよね。
拙ブログでも紹介していたオリジナルのランゲ1トゥールビヨンPTなど、
b0159560_05274574.jpg
http://alszanmai.exblog.jp/25035192/
軒並みリーズナボー・プライスに!!  ”ビット入れとけばよかったぁ~~~!!”と悔やんでいる方も多いのでは。。。。
オークション結果を貼っておくので、ロットナンバーで照合してみてくだされ。
http://mycatalog.antiquorum.com/lotsprice.html?auctionid=295





















als_uhruhrをフォローしましょう












More・・・余談の余談
[PR]
by A-LS | 2015-11-12 14:59 | オークション | Trackback | Comments(6)

Only Watch 2015 ~5016SS

すでにご存知の方も多いかもしれませんが、


日本時間の昨日、オークションの歴史が書き換えられ、少なくとも、以下の3つのカテゴリーで過去最高落札額が記録された。


①ステレンスケース時計の最高落札額

②ダイヤ無しの腕時計の最高落札額

③腕時計の最高落札額

それはすなわち、何度かお伝えしてきたこちらの時計のオークション結果が出たからです!!!!

b0159560_14270414.jpg
Patek Philippe 5016SS with Bule enamel dial
※画像をクリックすると大きくなります。

落札予想額はCHF700,000 - 900,000(8500万~1億1000万円)というところを、
何とその10倍!!


CHF7,300,000(約9億円)という
世界記録の落札額で終了!!



時間の厳しい中、無理して香港で観ておいて(触って腕にも載っけた!)、ホントに良かった!!
もう一生触ることもあるまい・・・。



その香港のプレヴューで聞いたところによると、現段階ではまだサウンドの調整は終わっておらず、オークション終了後に一度ジュネーヴまで個体を戻して、徹底的にブラッシュアップしてから、改めて納品されるということであった。



見納めに写真いっぱい掲載。。。。ちなみに裏はスケないのだ。


b0159560_14484138.jpg




上の3つの世界記録が更新される日は来るのかなぁ~・・・?



















als_uhruhrをフォローしましょう




















[PR]
by A-LS | 2015-11-08 14:53 | オークション | Trackback | Comments(2)

クリスティーズ香港プレヴュー


b0159560_13483382.jpg
先日、日本で開かれたプレヴューにお招きいただいた。
いちばん魅かれたのはコレ!!
b0159560_19365294.jpg
b0159560_13555238.jpg
Patek Philippe 5088PT  HKD800,000-1,200,000
ブラックをベースとしたシャンルベ・エナメルと金象嵌を合わせた工芸ダイヤルが見事。


そしてさらに素晴らしかったのは、バシュロンのペンダント・ウォッチのコレクション!!

b0159560_19035494.jpg
画像に写っているものを含め、8個の美しい工芸時計が一気に出品された。
オークション自体は個別に行われるので、このすばらしいコレクションが散り散りになってしまうのは残念。。。。。
それぞれエスティメイトも違うのだが、一番下でHKD80,000、一番上で320,000なので、5000万くらいあれば全部落とせるかも!


工芸つながりで、ジャガールクルトからも素敵なタイムピースが。
b0159560_19273785.jpg
トゥールビヨン・エナメル・ダイヤル(左)がHKD480,000-800,000
産油国オマーンのオペラハウスの落成記念に特注された限定のミニッツ・リピーター(右)が、HKD320,000-480,000



あとプレヴューに規定いたのはこんな感じ(笑)。

b0159560_19421206.jpg



気になるものがあればチェックお願いしますが、改めてこのオークションのカタログを見たら、ヴァシュロン・コンスタンタンが凄かった!!
画像を紹介したペンダント・ウォッチを皮切りに、歴代のヒストリカル・ピースから、メティエダールの名品まで、よくぞここまでというリスティング!!!
ヴァシュロン・ファンであれば、この香港オークションのカタログは資料として必携かもです!
































als_uhruhrをフォローしましょう


































[PR]
by A-LS | 2015-11-04 13:57 | オークション | Trackback | Comments(4)

おお~

秋のオークション・シーズンが佳境に入ろうとしている。



以下はアンティコルム・ジュネーヴ・オークションより

b0159560_05274574.jpg

20周年黒エナメルに比べるとかなりお買い得か?



今思えば、コレなんてジャストサイズでグッド・デザインでしたな。

b0159560_05312891.jpg

詳しくはこちらから。

http://data.antiquorum.com/eng/flip/2015_Nov_GV/

b0159560_05380353.jpg
















als_uhruhrをフォローしましょう

















[PR]
by A-LS | 2015-10-28 05:38 | オークション | Trackback | Comments(0)

2499オークション・続報




続報です。
5月13日 サザビーズのジュネーヴ・オークションの結果も届きました。

PATEK PHILIPPEA RARE AND IMPORTANT YELLOW GOLD PERPETUAL CALENDAR CHRONOGRAPH WRISTWATCH REF 2499/100 MADE IN 1982。
第四世代2499.

Estimate: CHF 200,000 — 400,000


b0159560_13161088.jpg


Lot Sold  CHF 382,000




PATEK PHILIPPE
GOBBIとのダブルネーム。第三世代2499 Made in1972。



Estimate :CHF 200,000 — 300,000

b0159560_13122212.jpg




Lot Sold   CHF430,000 !  





という結果になりました。


上はクリスティーズのCHF641,000(約8400万円)から、下とは言っても、このサザビーズのCHF382,000(約5千万円)ですから、
現行品の”鳴り物”に匹敵する、ものすごい評価を持つ時計であることに間違いありません。














[PR]
by A-LS | 2015-05-14 14:34 | オークション | Trackback | Comments(0)

2499オークション結果


何度か紹介した2499のオークションですが、結果が出始めています。


まずは5月10日のPhilippes。
1984年製のYGケース。
Estimate:CHF300,000 - 500,000という、4つのオークションの中では一番低い価格からのスタートでしたが、結果は。。。。
b0159560_13161826.jpg
CHF533,000 !!!




同じく5月10日開催のアンティコルム

1983年製の第四世代。パテック&ティファニーのダブルネーム
Estimate: CHF300,000 ー 500,000

ハンマープライスはCHF390,000。http://antiquorum.exblog.jp/21218285/
ここにバイヤーズプレミアムを足しますと。。。。

b0159560_13291488.jpg



CHF471,750 !!


これでも日本円換算で6千万オーバーですから、すごいことです。





そして、
5月11日のクリスティーズ。
文字盤と本体が別々に登場した注目の個体ですが・・・・。
Estimate: CHF400,000 – 800,000のところ





b0159560_15323564.jpg


CHF641,000 !!!!






そして文字盤のほうは、
Estimate: CHF20,000 – 40,000に対して、


b0159560_15363405.jpg



CHF25,000 !
という結果で、どうやら別々の落札者の手に渡ったもようですね。





残るはサザビーズですが、只今絶賛開催中(5月13日)ですので、
こちらも結果が判明しましたら、またご報告するかもしれません。












als_uhruhrをフォローしましょう




[PR]
by A-LS | 2015-05-13 14:01 | オークション | Trackback | Comments(0)