a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

カテゴリ:GTG( 48 )

バースデイGTG



時計趣味って、やっぱ素晴らしい。
最近(取材も含め)参加させていただいたOFF会で出会った最年少のメンバーと、最年長のメンバーの年齢差はほぼ50だ!
一回り以上も離れた若い方々から、人生の大先輩まで、もう初対面から共通の話題で話が出来ちゃうのだから、これは素晴らしいことです。

さて、ここのところ新世代の若いジェネレーションを立て続けにご紹介しましたので、今回は自分が最年長じゃない落ち着いたオフ会のご報告です。

誕生月が同じご婦人おふたりが主役のバースデイパーティーにお招きいただきました。
そしてまず前菜前に完成されたのが、こちらのレディース・ショットです!!!


ま、メンズ"マルヨン”のちょっと前ボケがご愛嬌ですが、左から、ダイヤ巻、鳴りもの、鳴り物・・・という溜息の出るラインナップ。
これを別カットでも。


ひと山幾らなんだぁぁ――という、RMマウンテン。





この会のメンバーは全員某ブランドのオーナーズクラブで知り合ったのですが、本日はその着用者がゼロという珍しい現象が・・・。そんな中、ロイヤルオーカーは着実に増加中・・・。


そして、この会を主催された粋人が、セレクトした本日のワインがこちら・・・。

時の経過での変化を味わいつつの・・・集合写真。






で、バースデイプレゼントが、こちら・・・



あ、時計は違いますよ!!

おめでとうございました。


そして、便乗させていただきご馳走様でした!!!!

[PR]
by A-LS | 2017-09-02 15:50 | GTG | Trackback | Comments(0)

OFF会~小椅子の聖母

そろそろ秋の行楽シーズンの予定を立てようかと、気心知れた御友人たちとの"企画会議”OFF会。
そんなわけで、特別な時計のテーマはなかったため、珍しくブランド被りゼロというナイス・セレクションとなった。




APにRM・・・


そして美味しいお料理。こちらのお店は、エビ・蟹などの甲殻類専門店なのだ。


で、ランゲにウブロと・・・・


ん? 真ん中の御時計は・・・・いったい何ッ!?




ラファエロの「小椅子の聖母」 in グリザイユ・ブルー・エナメル!!!!!

原画はコレね。


「まぁでも、色付いてた方がいいじゃんね」と思ったあなた・・・、驚くなかれ、


こちらのオーナー様は、こういう"粋な特注”をなされているのだ!!!



エナメル細密画、ミニアチュールの極致



ヴァシュロン・コンスタンタンのメティエ・ダール工房、畏るべしなのだ!!


すっかりOFF会っぽくない記事になってしまったが・・・、
これらメティエ・ダール・アイテムの詳細に関しては、
機会がありましたらまた後日。




ニュースサイトWATCH MEDIA ONLINEを始めました。
https://watch-media-online.com/offline/802/






[PR]
by A-LS | 2017-07-02 23:28 | GTG | Trackback | Comments(0)

グランドセイコー、進撃のジャパンブランド!!


そこそこの舶来高級機(笑)の中でも光る存在感!!
グランドセイコー初代リミテッド・コレクションが早くもOFF会に登場したので記事を掲載!!

下のリンクをクリックしてね。



b0159560_10191441.jpg



[PR]
by A-LS | 2017-04-14 10:19 | GTG | Trackback | Comments(0)

3世紀垂直・APすごいぞOFF会!


1875年創業のグランメゾン、オーデマピゲの御時計を肴に、

1894年収穫のグランクリュ、シャトー・ラフィット・ロートシルトのオールドヴィンテージを

3世紀垂直でいただく至福の宴!!






[PR]
by A-LS | 2017-04-10 15:49 | GTG | Trackback | Comments(0)

ランゲ・パワー・ディナー


最近、こういうランゲ・ランゲした光景を、ほんとうに残念なことに、あまり見かけないぞ!

b0159560_00450290.jpg


新年初頭に公言したニューサイトの開設にかなり手間取っていて忙しいというのもあるのだが、(9月中にプレ・オープンの予定!)
いろいろと〇〇な話も耳に入って来るしで…なんだかブログからもちょっと遠ざかり気味になっていたりもしたけれど、
今日いろいろあって、うん、なんか吹っ切れた。

くだらない心配はもうやめ!
元々の始まりは、われわれユーザーが時計を通じてもっともっと楽しめればいいと思ってのことだったわけで、
その初心に戻ってみようと思った。なので、ブランドとかの方のことは気にせず、自力でいろんな楽しい企画をしていくことにした!!

そこで久々にランゲ・オーナーズ・クラブのイベントを企画してみた。
題して「ランゲ・パワー・ディナー」!!!

今日の画像を上回るようなランゲだらけの時計集合画像をいっぱい撮影できて、ランゲに対する想いを語り合って、
なおかつランゲの良いところはもちろん、巷で言われるような、最近のランゲの"うむむ…”な点まで広く意見を交換して、
ユーザー&オーナーのいろいろな想いや声を聞いていこうと考えている。

スケジュールは9月中旬を予定していて、すでにランゲ・オーナーズ・クラブ・メンバー宛にメールを発送したのだけれど、
”我こそはランゲを語りたいぞ!”というツワモノなランゲ・オーナさんがいらっしゃいましたら、是非(非公開メッセージにて)ご連絡ください。

別に東京近郊の方でなくても構いません。
10人くらい同胞が揃えば、日本どこでも”Klub Lange”のトークイベントを出前出張してもいいですから(笑)。

しかし今回は久々のミーティングだし、
この間にランゲを手放してしまったクラブ・メンバーさんもいたりすることにちょっとビビッてしまい(笑)、
ごく少人数の会場(焼き鳥!!)を予約していただいたので、万一予定人数に達してしまった場合、申し込み頂いても今回すぐに参加というわけにはいかないかもしれないのですけれど、今後も随時イベントなどの企画を作っていくつもりですので、ぜひご一緒に時計を楽しみましょ!!





※使用画像はランゲ・フレンズ・ディナーより Ⓒacs540





















als_uhruhrをフォローしましょう




















[PR]
by A-LS | 2016-08-24 00:47 | GTG | Trackback | Comments(4)

一世紀の垂直



お招きいただいたのは、”パテック・シスターズ”のお祝いの席。
それにしましても美事な2本!!


b0159560_01211108.jpg

この宴、訳あって、男性陣は「11」にこだわれとのお題があり、
そのためにこんなショットで・・・

b0159560_01252758.jpg
57”11”A と RM”011”と 57”11”P。



で、さらに、ワインも11にこだわった粋人がお持ちになったのは・・・・




b0159560_01283506.jpg
1911 と 2011 の ヴィンテージ!!!

100年垂直のムートン、ディケムの1911とか・・・・あり得ないんですけど(笑)。
1911年とかっていえば、わが陣営ではまだリヒャルト・ランゲもエミール・ランゲもご存命なんですけどぉ~!
某麗人の誕生年のラトゥールも良かったです。



最後に、それぞれのグラスと一緒に!
b0159560_01461718.jpg


お美味しゅうございました!!
m(_ _)m




























als_uhruhrをフォローしましょう





































[PR]
by A-LS | 2016-07-27 01:50 | GTG | Trackback | Comments(4)

赤と黒のGTG


赤と黒に、そして白・・・。

この日のGTGに集まったピースは、奇しくも、時計そのものだけでなくそのコーディネーションを楽しむマインドに彩られたものだった!

b0159560_11234390.jpg

さらに、1個増えて・・・・


b0159560_11243592.jpg

しかし、まだまだ終わらない・・・

b0159560_11261405.jpg

うわっ!!

b0159560_11284667.jpg

ストラップの素材の違いにも注目!

b0159560_11292617.jpg

ま、時計は楽しまなきゃね。

b0159560_11162769.jpg


にしても・・・RM率高し!!!  ”夏に弱い”わが陣営は(笑)、”完全撤退”の方向・・・。




にしても・・・こんなに美味しい焼き鳥があったとは!!!!




b0159560_11333280.jpg

というわけで、
なにかと”感激”の多い一夜でした!




















































als_uhruhrをフォローしましょう


















































More・・・GTG
[PR]
by A-LS | 2016-07-22 12:09 | GTG | Trackback | Comments(0)

自然淘汰??


一番なごめる時計の会なのだけれども、

今年の初めに、このような状況に陥り ~RM包囲網~三田攻防戦


続く、エレガンスGTGでは、集合写真左端にちょっこりと写りこむのみとなり…、



そして昨夜、6月の定例会では、とうとう以下のような布陣に・・・・




b0159560_19353617.jpg

ああ、ついにわが陣営は完全に・・・・・・・ていうか自分がしてないのはどうよ(笑)。





"イギリス大迷惑事件"が勃発(笑)した歴史的な日に、その処理のためなのか、メンバーの遅参・欠席相次ぐ中(笑)、
戦場はとうとう、PPとRM、2社の寡占状態に!!











ま、ユーロ建てランゲ納品が終わるまではこの混乱も良しとするか(笑)・・・。













































als_uhruhrをフォローしましょう



















[PR]
by A-LS | 2016-06-25 12:18 | GTG | Trackback | Comments(2)

御納品の宴


時計の友人はほんとうにありがたい!

前回、前々回と同じ書き出しで実に恐縮至極だが(笑)、誠に珍しく貴重な時計を実に素敵な演出でご披露いただけたり、素晴らしい葡萄酒などのご相伴にあずかれたり、生涯忘れないであろう素敵な時間にお招きいただけたりするからだ、
感動感嘆である!


特別な席・特別な時計なので、こちらもそれなりの”時計”をセレクトして、2ショット。


b0159560_16474899.jpg



b0159560_16491837.jpg
いろいろあってこういう画像だが、リファレンスのヒントその1は、この時計のオーナーたる”粋人”が用意してくれた2本のシャトー・ラフィット・ロートシルトのヴィンテージ。エチケットは1959年と19551年。

b0159560_16552775.jpg



そして、裏画像がヒントその2。

b0159560_09014918.jpg
先代のフィリップ・スターン(現会長)がこよなく愛したといわれるスプリット・セコンドの名機5959の薄く小さいキャリバー、CHR 27-525 PSの血脈を受け継ぐ、caliber CHR 27-525 PS Q を内包したケース裏からの景色は、まさに芸術的に美しかった。




兎にも角にも、煌びやかで忘れがたい宴であった。


ありがとうございました。
























als_uhruhrをフォローしましょう




























[PR]
by A-LS | 2016-04-28 16:59 | GTG | Trackback | Comments(0)

エレガンスなGTG



この度の震災に被災された方々には心からお見舞い申しあげると共に
復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活動されますことをお祈りいたします。





時計仲間との定期的な会合、
例えば十数名のメンバーでだいたい月一回のペースで会合すると、二回に一回くらいは”新規時計”にお目にかかる。

そして、その新規時計を中心に話が盛り上がっていくわけだが、先日の会合はなかなかに華やかなものだった。


まずはその集合シーン。

b0159560_17405321.jpg

RMの14番と27番が2本ずつ映っているのもスゴイ!!
b0159560_17453751.jpg

両雄を2ショットで。


b0159560_17430721.jpg


b0159560_17483669.jpg


でも今宵のお主役様はここではないのだ!



b0159560_17510063.jpg

FPジュルヌ作、レディースクォーツの「エレガンテ」(日本の正式名称は「エレガント」になったようだがあえてのラテン風な発音で)。
※御友人より『”ELEGANTÉ”の発音は英語でもフランス語でも”エレガント”』とご教授いただきましたので、上記訂正いたしましたm(_ _)m。

PtケースにMOPダイヤル、ダイヤモンドとサファイアの特別仕様。
そして、ディナーで供されたお皿にたまたま添えられていた食用花の”エレガンス”とともに。

ご存知の方も多いかと思いますが、この時計の最大の特徴は、30分ほど振動を感じない時間があると針の動きを止めて”ご休眠”する。
で、再び振動を感じると、動きを止めていた時間分だけ針を進めて復旧するという省エネ構造。
そのためボタン電池の寿命は20年近く保たれるという!


ま、言葉だけではわかりにくいので、動きの様子を動画でどうぞ!!
”ご休眠”中に振動を与えないよう、お料理のサーブやグラスの上げ下ろしにも細心の注意を払った末に実現した、苦労のドキュメントである(笑)。






まず、時分針が通常通りに早送りで動き、最後に秒針を合せるという、実に優雅なピース。
このほどメンズ仕様も発表され、ご淑女に限ったモデルではなくなったので、ご興味のある殿方はぜひご検討を(笑)。





















als_uhruhrをフォローしましょう






























[PR]
by A-LS | 2016-04-17 18:13 | GTG | Trackback | Comments(0)