a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

カテゴリ:ヴァシュロンコンスタンタン( 41 )

ヴァシュロン・コンスタンタン、進化し続けるオーヴァーシーズ、「デュアルタイム」と「エクストラフラット・パーペチュアルカレンダーPG」を発表


SIHH2018年新作
オーヴァーシーズ・デュアルタイム
オーヴァーシーズ・エクストラフラット・パーペチュアルカレンダー



ヴァシュロン・コンスタンタンのSIHH新作の中でも、特に注目度の高いオーヴァーシーズだが、今年は、pre-SIHH作品として、当サイトでもすでに紹介済みの「オーヴァーシーズ・デュアル・タイム」(https://watch-media-online.com/news/1085/)に加えて、「オーヴァーシーズ・エクストラフラット・パーペチュアルカレンダーPG」が発表されている。


まずは「オーヴァーシーズ・デュアルタイム」の実機画像と、プレスリリース(部分引用=青字部分)をどうぞ!






トラベルタイム 
トラベラー向けの「オーヴァーシーズ」コレクションは、その特徴的なデザインに加え、ユーザーにとっての使いやすさを考えて作った高級時計のエッセンスが隅々まで表現されています。

ヴァシュロン・コンスタンタンのシンボルマークのマルタ十字を思わせる6つの突起をもったベゼル、透明ラッカー仕上げの文字盤、ファセットを刻み蛍光塗料を施したゴールド製の針とインデックス、扱いやすさを重視した自社製ムーブメント、方位図のモチーフで装飾した22Kゴールド製ローター、工具不要で付け替えが可能なインターチェンジャブル・システムのブレスレット/ストラップなどが特徴の「オーヴァーシーズ」は、広く世界に開かれた現代のライフスタイルを具現化しています。



オーヴァーシーズ・デュアルタイム-キャリバー5110DT
「オーヴァーシーズ・デュアルタイム」には、ステンレススティール製ケースにブルーもしくはシルバートーンラッカー仕上げ文字盤を組み合わせたモデルと、18K(5N)ピンクゴールド製ケースにシルバートーン仕上げの文字盤を配したモデルがあり、エレガントな表情と同時に心地良さをもたらします。

その新しい自動巻き機械式ムーブメント、ヴァシュロン・コンスタンタンの自社製キャリバー5110 DTは、同軸の針によって2つのタイムゾーンが同時に読み取れる仕組みになっていて、メインの時針はユーザーが現在いる場所のローカルタイムを表示し、先端に三角の矢をあしらったもう一本の時針がリファレンスタイム(一般的に"ホームタイム"と呼ばれる時間)を示します。2つある12時間表示の調整は、いずれもリュウズを両方向に回して行え、デイ/ナイト表示をホームタイム用に設定し、ポインターデイト式の日付表示は、ローカルタイムに合わせます。
234個の部品から成り、振動数4Hz(毎時2万8800回振動)のムーブメントは、2個の香箱によって約60時間という余裕のパワーリザーブを実現します。また、このムーブメントを収める直径41mmのケースには150mの防水機能があります。ステンレススティール製ケースのモデルは、ポリッシュとサテン仕上げの半マルタ十字リンクを連ねたステンレススティール製ブレスレットと、コンフォートアジャスト・システムが備わります。

ブレスレットに加え、さらに文字盤のカラーに合わせた2本のストラップもセットになっており、それぞれに付け換えて使えるステンレススティール製フォールディングクラスプも付属します。18K(5N)ピンクゴールド製ケースには、アリゲーターとラバーストラップの2本がセットになっていて、やはり付け替えて使える18K(5N)ピンクゴールド製フォールディングクラスプが付属します。






続いて、「オーヴァーシーズ・エクストラフラット・パーペチュアルカレンダー‐ キャリバー1120 QP/1

このモデルは2016年にホワイトゴールドケースがブティック限定モデルとして発表されていたが、多くの熱望もあったようで、ついにPGケースのカタログ・アイテムとしての登場となった。



以下、ブレスリリースから引用(=青字部分)

18K(5N)ピンクゴールドで発表される「オーヴァーシーズ・エクストラフラット・パーペチュアルカレンダー」には、技術的に高度な複雑機能とともに、控えめな趣をもった独特の個性が表現されています。



このモデルに搭載されているヴァシュロン・コンスタンタンのキャリバー1120 QP/1は、ブランドの代名詞ともいうべきムーブメントで、パーペチュアルカレンダーとムーンフェイズ表示を併せ持つ機械式の自動巻きとしては、現在の時計市場で最薄の一つです。わずか4.05mmの空間に276個の部品を配置して、不規則なカレンダーを調整しながら2100年まで修正を不要とする複雑機構を組み込んだこのキャリバー1120 QP/1は、まさに小型化技術の快挙です。

振動数が2.5Hz(毎時1万9800回)、約40時間のパワーリザーブが備わるこの機械式ムーブメントは、時、分、パーペチュアルカレンダー(曜日、日付、月、48か月周期の閏年)、そしてムーンフェイズを表示します。



18K(5N)ピンクゴールド製の直径41.5mmのケースは、50mの防水性があり、透明なシルバートーンラッカー仕上げの文字盤には蛍光塗料を施したゴールド製の針とインデックスが配され、サファイアクリスタルの裏蓋からは、方位図モチーフの装飾が施された22Kゴールド製の自動巻きローターが鑑賞できます。また、時計にセットで付属する、付け替えが可能なダークブルーのアリゲーターとラバーの各ストラップと、18K(5N)ピンクゴールド製フォールディングクラスプを活用して、このモデルの洗練された個性をどこまでもシックに演出することができます。




【技術データ】
オーヴァーシーズ・エクストラフラット・パーペチュアルカレンダー


リファレンス・ナンバー :4300V/000R-B064
ジュネーブ・シール :取得
キャリバー・ナンバー :Cal. 1120 QP/1、ヴァシュロン・コンスタンタン自社開発・製造
駆動方式 :機械式自動巻き、22Kゴールド製オーヴァーシーズ・ローター
ムーブメント・サイズ: 直径29.6mm × 厚さ4.05mm
パワーリザーブ: 約40時間
振動数 :2.75Hz(毎時1万9800回振動)
部品数 :276
石数 :36
表示 :時、分、
永久カレンダー(曜日、日付、月、閏年)、ムーンフェイズ

ケース :18K(5N)ピンクゴールド、サファイアクリスタルのシースルーケースバック、磁気から保護する軟鉄製ケース・リング、ねじ込み式リュウズ

ケース・サイズ: 直径41.5mm × 厚さ8.1mm
防水機能 :5気圧(約50m)
文字盤 :透明なシルバートーンラッカー、サンバーストサテン仕上げ(ベース部)、ヴェルヴェット仕上げ(ミニッツトラック部)
白い蛍光塗料を施した18Kピンクゴールド製インデックス、時針、分針

ブレスレット/ストラップ:ブルーのミシシッピ・アリゲーターレザー、ブラックのヌバックにパンチング模様を施したライナー、手縫いサドルステッチ、ラージ・スクエア・スケール
2本目の付属ストラップ:ブルーのラバー
クラスプ :18K(5N)ピンクゴールド製プッシュボタン式トリプルフォールディングクラスプ、
ストラップの相互の換装が可能な特許取得のインターチェンジャブル・システム

<税抜予価>845万円
<入荷予定>2018年4月以降



【お問い合わせ】
Vacheron Constantin
0120-63-1755(フリーダイヤル)

その他、詳細は正規販売店もしくはオフィシャルサイトにて
www.vacheron-constantin.com
[PR]
by A-LS | 2018-02-15 11:04 | ヴァシュロンコンスタンタン | Trackback | Comments(0)

ヴァシュロン・コンスタンタン、日本上陸100周年記念のトラディショナル限定モデルを発表!



スレートカラ文字盤に手彫りギヨシェ仕上げとシークレットサインを施した「トラディョナル 日本100 周年記念モデル 」は、ジュネーブの マニファクチュール、ヴァシュロン・コンスタンタンと日本との100 年に及ぶ友好関係を祝う特別な時計です。ホワイトゴールドよる 75 本限定モデルは、国内の正規取扱店 とヴァシュロン・コンスタンタンの銀座 ブティックで 販売 されます。

ヴァシュロン・コンスタンタンの時計の上品でピュアな趣は、 100年に渡って日本の人々を魅了し続け、この国でのブランドの名声の確立に寄与しました 。そのエッセスを見事に体現しているのが、タイムレスで洗練されたスタイル を持ち、控え目な「トラディショナル日本 100 周年記念モデル」です。


日本で 100年の歴史を刻む

20世紀初頭のジュネーブでヴァシュロン・コンスタンタンは、熟達の技や製品の高品質が理解され、日本の貴族たちを魅了しました。ジュネーブから9000kmも離れた横浜港で、時計の輸入を取り扱っていたのは、スイスの貿易会社でしたが、テキスタイルの専門業者シイベルヘグナーもその1社でした。ヴァシュロン・コンスタンタンがこのシイベルヘグナー社に市場の販路開拓を委任し、日本全体の独占権を認可したのは1917年でした。日本の顧客は、当初はヴァシュロン・コンスタンタンが製造したマリンクロノメーターに興味を示していましたが、やがて特定のデザイン仕様を要望するようになり、ヴァシュロン・コンスタンタンもそれに応じて日本市場に合った時計を提供するようになりました。その結果、ムーブメントは金メッキよりもシルバーによる特別な仕上げが施され、ニッケルやスティール、シルバー、プラチナで作られたケースは、手間をかけて入念に薄型に作られ、非常に細身のベゼルにも特徴がありました。
さらに“ジャパニーズ・スタイル文字盤”と称される、当時の日本市場から着想を得た独特のデザインも発表した記録があり、これは他の市場向けの製品にも取り上げられ、その結果1920年代ヨーロッパでこの文化の影響が立証されたほどです。


独特の装飾が施された手彫りギヨシェ文字盤

1917年に始まった日本との関係を称えるために、このたびヴァシュロン・コンスタンタンは、日本に捧げた75本限定モデルを発表します。「トラディショナル日本100周年記念モデル」は、ラウンドケース、段差をつけたベゼル、コインエッジの模様を刻んだケースバック、レイルウェイのミニッツトラックおよび“バトン・ド・ジュネーブ”型のゴールド製アプライド・インデックス、ドーフィン型の針など、「トラディショナル」コレクションの特徴を成すタイムレスでクラシカルなデザインが隅々まで行き渡っています。



直径38mmのケースは18Kホワイトゴールドで作られ、繊細な手彫りギヨシェで仕上げたスレートカラー文字盤が洗練された味わいを醸しています。ヴァシュロン・コンスタンタンで長年培われた、手作業による熟達の職人技が見事に映し出されたユニークな装飾は、日の出を想起させ、12時位置には“Japan 100 years limited edition”のサインが密かに刻まれています。この審美的な装飾モチーフも、時、分、6時位置のスモールセコンドで構成された控え目で上品な文字盤にマッチしています。この特別限定モデルはまた、ジュネーブの偉大な時計づくりの伝統を現代に体現され、ジュネーブ・シールが刻印された機械式手巻きムーブメントは、ヴァシュロン・コンスタンタンが開発、製造、装飾をすべて行ったものです。



そして、「トラディショナル日本100周年記念モデル」には、エレガントなブラックのレザーストラップと、メゾンのシンボルマークのマルタ十字から着想してポリッシュ仕上げを施した半マルタ十字のピンバックルが付属します。




技術データ

「トラディショナル日本100周年記念モデル」


リファレンス・ナンバー :82172/000G-B432
ジュネーブ・シール取得
キャリバー・ナンバー :Cal.4400 AS(ヴァシュロン・コンスタンタン自社開発・製造)

駆動方式:機械式手巻き
ムーブメント・サイズ :直径28.60mm × 厚さ2.80mm

パワーリザーブ:約65時間
振動数 :4Hz(毎時2万8800回振動)
部品数:127
石数:21

表示:時、分、スモールセコンド(6時位置)

ケース:18Kホワイトゴールド、サファイアクリスタルのシースルーケースバック
ケース・サイズ :直径38.00mm × 厚さ7.77mm
防水機能 :3気圧(約30m)

文字盤:手作業による特別なギヨシェ彫りが施されたスレートカラー文字盤
“Japan 100 years limited edition”の「隠れシグネチャ」銘入り、18Kホワイトゴールドのアプライド・インデックス

ストラップ:ブラックのミシシッピ・アリゲーターレザー、アリゲーターレザーによるライナー、手縫いサドルステッチ、ラージ・スクエア・スケール

クラスプ:18Kホワイトゴールド製クラスプ、ポリッシュ仕上げの半マルタ十字

アクセサリー:ルーペ

日本75本限定、ケースバックに《75Pieces》の刻印

税抜予価:277万5000円
商品入荷:2017年10月末ごろ



【お問い合わせ】
Vacheron Constantin
0120-63-1755(フリーダイヤル)

その他、詳細は正規販売店もしくはオフィシャルサイトにて
www.vacheron-constantin.com



オリジナル記事




[PR]
by A-LS | 2017-08-27 16:49 | ヴァシュロンコンスタンタン | Trackback | Comments(0)

ヴァシュロン・コンスタンタン、日本初上陸100周年を記念し、期間限定で<購入できる>ヘリテージピースを展示

日本初上陸100周年を記念し、
期間限定で<購入できる>ヘリテージピース、20点以上を展示!


ヴァシュロン・コンスタンタンは、260年以上も途切れることなく時計づくりを続けている世界最古の高級時計マニュファクチュールです。
2017年は日本初上陸100周年にあたる年であり、それを記念し、東京・銀座ブティックに貴重なヘリテージピースが期間限定で集結します。

時計製造における知識継承の中で生み出され、今もなお、時を刻み続ける稀少なヘリテージピースの数々が昨年銀座ブティックにて展示され、大好評を博しました。今年も9月9日(土)より、1910年代から1970年代の懐中時計/腕時計が20点以上展示される予定です。ヴァシュロン・コンスタンタンの歴史遺産として価値あるタイムピースを<見て楽しむ>だけでなく、実際に<購入する>ことのできる、またとない機会となっていますので、ぜひお立ち寄りください。


【展示予定のヘリテージピース一例(※売約済みとなった時計は展示されない場合もあります)

1928年製 エクストラフラット・ミニット・リピーター懐中時計



ケースはプラチナ製。
6時位置にスモールセコンドを配置したミニット・リピーター懐中時計。

直径46.0mm、ケース厚5.7mm。機械式手巻きムーブメント、キャリバー RA 17’’20/12。
ブラック・エナメルのアラビア数字。

販売価格(税抜):625万円 ※アーカイブ保証書付き。




1958年製 マルタ十字型ラグ付き機械式自動巻き腕時計



18Kイエローゴールド製のシンプルな表示の3針モデル。
直径35.0mm、キャリバー 12’’ P1019。機械式自動巻き。



サンレイ仕上げのシルバーダイヤル文字盤にイエローゴールド製のインデックス。

1955年からヴァシュロン・コンスタンタン創業200年を記念した年まで使用されてきた、マルタ十字から想を得たラグのシェイプを使用。
販売価格(税抜):187万5000円 ※アーカイブ保証書付き


※なお、ここに紹介した時計は2点とも、通常はソリッドケースバックで閉じられた状態でありまして、掲載画像のように機械裏をシースルーでご覧にはなれません。



VACHERON CONSTANTIN’S COLLECTIONNEURS EXHIBITION
【日程】2017年9月9日(土)~ 10月15日(日)

【営業時間】平日12時〜20時、土11時~20時、日・祝11時~19時 (定休日なし)
【場所】ヴァシュロン・コンスタンタン 銀座ブティック 2階
     東京都中央区銀座 7-8-8 Tel: 03-3569-1755






【お問い合わせ】
Vacheron Constantin
0120-63-1755(フリーダイヤル)




記事はコチラで
https://watch-media-online.com/news/829/

[PR]
by A-LS | 2017-07-15 03:29 | ヴァシュロンコンスタンタン | Trackback | Comments(0)

ヴァシュロン・コンスタンタン、「ケ・ド・リル」コレクションにSSモデルのブルーダイヤルを発表!



ヴァシュロン・コンスタンタンで現行唯一の100万円台モデルあるケ・ド・リルのSSに青文字盤が登場です!!





[PR]
by A-LS | 2017-05-10 15:58 | ヴァシュロンコンスタンタン | Trackback | Comments(0)

オーヴァーシーズに 待望のスモールサイズを含む 6 つの新モデルがラインナップ!



ついに情報解禁された、"ニッポン細腕ファン”待望のスモールサイズ を含むオーヴァーシーズ の新モデル6機種。
b0159560_23160972.jpg






[PR]
by A-LS | 2017-04-20 23:18 | ヴァシュロンコンスタンタン | Trackback | Comments(0)

トラディショナル・ワールドタイム


[PR]
by A-LS | 2017-03-22 06:49 | ヴァシュロンコンスタンタン | Trackback | Comments(0)

メティエ・ダール・コペルニク・スフェール・セレスト 2460 RT ~ヴァシュロン・コンスタンタンからの至宝

メティエダールの究極の連作3本。

しかも限定ではないというのがスゴイ!!






[PR]
by A-LS | 2017-02-03 02:27 | ヴァシュロンコンスタンタン | Trackback | Comments(0)

ヴァシュロン・コンスタンタン 2017新作/実機画像

ヴァシュロン・コンスタンタンの2017新作はグランメゾンとしての矜持に溢れている印象だった。




[PR]
by A-LS | 2017-01-25 03:22 | ヴァシュロンコンスタンタン | Trackback | Comments(0)

ヴァシュロン・ワールドタイム in SS ~ リシュモン系列の新作事情


オーヴァーシーズのフルモデルチェンジが、いろいろと話題となったヴァシュロン・コンスタンタンだが、ここにきて、さらに驚くべき新作を発表した!

「Overseas World Time 7700V」、あの名作ワールドタイム・ウォッチが、ステンレススティール・ケースで登場したのだ。しかも3色ものダイヤル・ヴァリエーション。

b0159560_15120541.jpg
いまだから白状していしまうが、実はこの新作、今年のSIHHでも”シークレット”扱いではあったものの、チラ見せしてもらっていた。その際の画像がコレ。

b0159560_14545750.jpg
b0159560_14552342.jpg
b0159560_14554136.jpg

なぜに発表時期をズラしてきたのかというと、おそらく今年の香港Watches&Woundersが来年に送られてことが影響しているのだと思う。
過去3年間、ヴァシュロンも所属するリシュモン・グループ系列のブランドは、香港でWatches&Woundersを開催してきた。各ブランドともそのイベントに合わせて新作を用意していたのだが、今年の順延がかなりギリギリのタイミングで決まったため、Watches&Wounders用に用意してあった新作を、各ブランド共、自己判断で随時発表する形となったためだ。


そのため、このヴァシュロンだけでなく、リシュモン系ブランドから、本来は秋の香港で発表すう予定だった重量級新作の発表が立て続く可能性もある。
たとえば、最近の話では、パネライから超ド級の新作「Radiomir 1940 Minute Repeater Carillon Tourbillon GMT」お値段 $400,000!!! なども発表されている。

b0159560_15085446.jpg
なんとキャリオン・ゴング! イメージしたサウンドはヨットも出航ベルらしい。
どうせだから動画でサウンドも聴いてみよう。




動画だから明確なことは言えないが、音はなかなか軽やかに思える。

ということは、わがランゲ陣営にも、Watches&Wounders用の隠し玉新作がある可能性も高いわけで、ここ数カ月の動向はちょっと興味深い。

さて、話は本題に戻って「Overseas World Time 7700V」だが、気になるお値段は、米ドル・ベースで $37,000 USDということなので、日本定価もかなり買いやすくなってくると思われる。

でも、どうしても、「時計は高額に限るんじゃぁ~!」というお大尽さまには、こんなのも”シークレット扱い”でありましたよ(笑)。
b0159560_14565324.jpg
気になる方はヴァシュロン・ブテックもしくは正規店さんへ問い合わせましょう!!



















als_uhruhrをフォローしましょう






























[PR]
by A-LS | 2016-05-15 15:55 | ヴァシュロンコンスタンタン | Trackback | Comments(2)

VACHERON CONSTANTIN’S COLLECTIONNEURS EXHIBITION


ヴァシュロン・コンスタンタンの銀座ブティックで、5月15日まで開かれている特別展示「VACHERON CONSTANTIN’S COLLECTIONNEURS EXHIBITION」。
これは、創業260年にもおよぶヴァシュロン・コンスタンタンのヒストリカルピースから、これまでにブランドがコレクションした中でも特に状態が良く、かつ現代において日常使いが可能なまでにレストアした希少なヘリテージピースを展示しているものだが、一般的な展示イベントと異なる素晴らしい点は、購入することが可能だという点である。
しかもここで販売されたピースには、ブランドが発行する特別なアーカイブが付属するのだ。


b0159560_14205797.jpg


主な展示は、ブティック2階に。


b0159560_14235192.jpg

開催は4月16日からで、わたしがお伺いしたのは翌17日だったのだが、出展されていた23点のヘリテージピースのうち、なんと5点以上がすでに”SOLD OUT”で、この企画のインパクトの強さがうかがえた。しかもね、”ちょっとイイなぁ~”と思ったのが軒並み販売済みなのには驚いたと同時に、見るべきところが、好事家はみんな似ているというところが嬉しかったりも。



個々のピースの画像も何点かは無理を言って撮らせていただいたのだが、ブログへの掲載確認は取っていないので、雰囲気程度に・・・




ヴィンテージ・リストウォッチの尾錠。

b0159560_14321494.jpg




ヴァシュロンはチョコレートも雲上(?)クラス・・・・


b0159560_14364211.jpg
ブティックの店長も「このようなイベントが再度開かれることは、たぶんないと思われる。」と仰っていた。


会期はまだ数日残っているので、ご興味のある方は・・・・



「VACHERON CONSTANTIN’S COLLECTIONNEURS EXHIBITION」

会期:2016年4月16日(土)〜5月15日(日)

営業時間:平日12:00-20:00、土11:00-20:00、日・祝11:00-19:00

場所:ヴァシュロン・コンスタンタン 銀座ブティック2階

住所:東京都中央区銀座7-8-8

Tel.03-3569-1755




b0159560_14394120.jpg





















als_uhruhrをフォローしましょう

































[PR]
by A-LS | 2016-05-09 14:42 | ヴァシュロンコンスタンタン | Trackback | Comments(0)