a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

LANGE PICKNICK

b0159560_09015088.jpg
昨日、LANGE PICKNICKにご参加いただいたみなさま、本当にありがとう!

ランゲ・ファミリー5代目、かつてランゲ-・アカデミーで教えを受けた関係から言うと、わたしの恩師ということにもなる(笑)、ジョアンナ・ランゲさんまでお招きしてランゲ・ピクニックは敢行された!

とはいっても、あの猛暑の中、本当に野山を散策したわけじゃない(笑)。

それはバスケットにお弁当をつめて、まるでピクニックにもいくような、明るい開放的な気持ちで気軽に参加してくださいという想いをこめての「ランゲ・ピクニック」。
b0159560_09461003.jpg


そもそもの発端は…、ランゲブティックを通じて「Klub Lange」というイベントを定期的にやり始めてからだから…構想2年、多くの皆さんの力をお借りして、自分の中で描いてきた理想にかなり近いイベントを開催することができた。


意図していたテーマは大きく2つあった。

①インタラクティヴなコミュニケーションが図れるイベントであること。

通常だと、ブランドが新作などの時計をプレゼンテーションしつつ、ユーザーを接待するという一方向の流れになりがちなイベントを、もう少しインタラクティヴ、直訳すれば相互作用できる交流をはかりたかった。ユーザーからブランドへの流れ、もしくはユーザー同士の対話など、ひとつのテーマで様々な立場から自由に意見交換できる場をていきょうするイベントを作りたかった。
これは「Klub Lang」をランゲ・ファンのサロンと位置付け(サロンといってもエステとかじゃないよ、サロンの簡単な定義はコチラ)、ランゲ・ファン同士の活発な意見交換による交流を図ろうとしたのだが、イベントは好評でも、内容はけっこうわたしのひとり語りになっていたことへの反省もあってのこと(笑)。


②ランゲに興味をお持ちだけれど、まだランゲ・ユーザーではない方もお招きできるイベントであること。

通常だと、イベントやパーティというのは、まぁ時計を買って戴いたお客様への感謝的な招待という意味合いも多々あるため、まだユーザーではない方を招くのはいろんな意味で難しいのは、大人として(笑)、充分に理解はできる。
でも、決して安くない価格の時計を手にするには何らかのキッカケが必要で、特にランゲの場合、一度知ってもらえれば、その後10年くらい熱烈なファンになってもらえる可能性が非常に高いので(笑)、やる価値は充分にあるとランゲ・ジャパンさんにしつこく迫った結果、なんとこの日のピクニック、もしかしたらランゲ・オーナーの方が少ないのではという比率でイベントを開くことができたのである。


改めて言うことでもないが、わたしはランゲさんに雇われているわけでもなく、時計店のスタッフでもなく、ただ単に時計好きが高じておかしなことになってる100%ユーザーサイドの人間なわけで、そんな者が表に出るからこそ成立可能かもしれないテーマ・・・。
ブランドにとっては通常じゃないことをテーマにしたもんで、だからまぁ、ここに至るまで、正規販売店の理解を得たり、なんだかんだ、わたしの知らない部分でホントに大変だったことやクリアしなきゃいけない困難が本当にいっぱいあったと思う。

そこはランゲ&ゾーネ・ジャパンに素直に感謝。




さてイベントが始まる。
冒頭、そんなご苦労を取りまとめてくれたエドモンCEOの挨拶から、まずはピクニックならではの”バスケット・ランチ”がスタート。
自分が関わっているイベントだと、準備や段取りにあたふたして写真を撮り忘れる。





というわけで、ランチ・バスケットの写真がない・・・面目ない・・・・。






覚えている限り(仕込みに忙しく食べれなかったので…)、プレッツェル、黒パン、サラダなどを本当にバスケットに入れて、そしてホットミールとザワークラウトが別のお皿でサーブされた、非常にドイツドイツドイツしたメニューだった(笑)。


だいたいランチがすんだ頃、再度エドモンCEOが登壇して、本日の流れを説明。
まずはアドルフ・ランゲ生誕200周年のアニメーションビデオの上映。

そしてジョアンナのプレゼンテーションがスタート。
「ランゲの歴史~ランゲの基本ラインナップ~ランゲウォッチの特徴~新生ランゲ1」をモニター画像を交えて簡潔に説明。
この流れをコンパクトに1時間強でまとめる手際はさすがだ!!

このプレゼンテーションで興味深かったのは、初期ランゲのパブリシティとして初めて見た広告デザイン(下図参照)。
『スイスは世界最高級の腕時計を作ってきました、そしてドイツもね」という、あからさまな比較広告(笑)。
しかもスイス代表はハッキリとジャガールクルト。

”ああ、この頃はブリュムライン氏がいたから、こんな広告が作れたんだなぁ~”と、しみじみと遠く20年前に思いをはせることができた瞬間だった。
b0159560_10160010.jpg
あとはランゲ1のデザインに散りばめられた黄金比の紹介など、これもまた興味深かった。





で、このあとから不肖a-lsは出ずっぱりとなる。






従って、写真はない・・・これは仕方ない・・・・。






まずはランゲ・オーナーズ・トークと称して、珍しいランゲ・ウォッチの紹介をするはずだったけど、それはさて置いてしまって、インタラクティヴな趣向にトライ。
テーブルを廻って、ランゲ・オーナーの方にマイクを向けていったのだ。

「なぜランゲを選びましたか?」
「使ってみての感想」
「使ってみて、良かったところ、悪かったところ」

実際のユーザーの声というのはなかなか届いてこない。
でもこれから購入を考えているファンにとって(このピクニック会場の半分はまさにそういう方々)、そのリアルな印象はある意味、時計店スタッフのどんな言葉よりも的確に胸を射すと感じていたのだけれど、この日は自分も感じたり気づいていなかった”声”をたくさん聴くことができた。

ランゲ1ムーンフェイズをお持ちの方から
「ランゲのムーンフェイズの青は本当に綺麗。どんな夜も、自分の時計の月と夜空の月が同じ形をしていて感動する」
タイムゾーンおお持ちの方から
「ひと目みただけで、知りたい情報が瞬時に目に入る。日常使いでぶつけたりしても壊れない」
サクソニアお持ちの方から
「レディース時計にもっとヴァリエーションを」
・・・・そんなやり取りを楽しくしている間に、わたしの持ち時間はあっという間に終了。



結局、用意していた時計を見せることもなく、小休止を挟んで、次の企画「クイズ・タイム」へ突入。
この日は販売店ごとにテーブルがセットされていたので、テーブル対抗での○×クイズ。
間違えると脱落。つまり、正解しつづけて最後に残ったテーブルに賞品プレゼントというスタイルで5ラウンド。
司会進行はわたしとエドモンCEO。


内容はというと、こんな感じ。

b0159560_10511696.jpg
これは問題文が不充分なので、正確に言い直しますと、
「ランゲ1タイムゾーンの最新ヴァージョンのヨーロッパ都市表示には、モスクワが入っている、○か×か?」




さて皆さんわかります???



というのを1時間半ほど行い。
その後、ご歓談タイムへ。


で、その間の時間を利用して、ランゲ・オーナーズ・トークで全然紹介できなかったレア・ピースのお話をサービスで追加。
正規の限定時計はカタログなどで広く発表されますが、あまり知られていないのが、世界各地の正規店だけで販売されたショップ限定のランゲ時計。
1815サイドステップ(Wempe限定)、1815キュベット(エルデル限定)、エングレーブ文字盤のランゲ1&リトル1(カールソン限定)などを紹介したのち、この日のために各所から持ってきた歴代ランゲ1トゥールビヨンの4モデルを一挙公開。
そして、そのそれぞれのヒストリーや背景にある裏話や秘話を解説していたところ、主催側からストップがかかり、なんか中途半端で終わってしまった。
なので、このランゲ1トゥールビヨン・ネタ(ちょっとした黒歴史も含むので書きづらいかもしれないが)いずれブログでまとめたい。

とりあえず、写真だけでもどうぞ。
b0159560_11113053.jpg
b0159560_11232962.jpg
b0159560_11243523.jpg








それからね、コレはココまで誰にも言っていなかったけれど、「LANGE PICKNICK」には自分だけに秘めていたもうひとつの意味があったんだ。

結果、イベントとしては成功したと思うから書いちゃおう。
それはランゲの復興とも非常に深く関係するベルリンの壁崩壊にちなんだある出来事、「ヨーロッパ・ピクニック計画」に懸けたネーミングだったこと。
ショプロンという小さな町を舞台に起きたピクニックの計画が、やがてベルリンの壁の崩壊という大それた出来事に繋がっていったことをイメージして、この小さなイベントが、やがて何かを変革する大きな流れになったらいいなという想いを込めたものだった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%8E%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%BB%E3%83%94%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF

http://www.city.kazuno.akita.jp/hungary/1150.html

さて、その流れはどこ向かうのか・・・。
改めまして、ほんとうにご苦労さまでした。ランゲ&ゾーネ・ジャパンのスタッフ一同、遠くからハードスケジュールで駆けつけてくれたジョアンナ・ランゲ先生、そしてなによりも集まって楽しんでくれたゲストの皆さんに感謝感謝感謝感謝感謝。



















ということで、




他にもいろいろなアイデアや、実現させたい企画は多々あるけれど、
このブログの次なる形を模索するという、自分の新たなる課題を胸に、
まずはいろいろな皆さんとお話して、時計ファンにとってより良い環境とは、
そのためにどういう形の発信力を持つべきかなどを、
あらためて考えてみたく思っています。













als_uhruhrをフォローしましょう



[PR]
トラックバックURL : http://alszanmai.exblog.jp/tb/24730527
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by TMReds at 2015-07-27 12:17 x
昨日はとても楽しい時間を過ごすことが出来ました!
どうもありがとうございました

インタビューされた身としては、「ランゲを手に入れたことでこんなに幸せなんです」ということが、少しでも伝わってくれれば嬉しいですね。


お話しされながらだと大変でしょうから、次のイベントでは、カメラ係としてお手伝いしましょうか(笑)
Commented by a-ls at 2015-07-27 20:34 x
TMRedsさん 
昨日は本当にありがとうございました。
また素晴らしいインタヴューコメントにも感謝です。あのコメントのおかげで会場の緊張がほぐれた気がしました。
カメラの件、お言葉に甘えてしまうかもしれません[笑)。その際はまたよろしくお願いします!
Commented by jacot2 at 2015-07-28 07:02
ユーザーでない方も招くというのが素晴らしいですね。
私も機会があったら参加してみたいものです。
Commented by a-ls at 2015-07-29 03:22 x
jacot2さん こんばんは。
その点含め、いろいろわがままを聞いてもらいました[笑)。
招待ゲストは各正規店さんへ一任しておりますので、
(次回予定はまだ白紙ですが・・)アプローチしてみてください。
Commented by vena at 2015-07-29 23:53 x
当日は大変お世話になりました。
ピクニックランチから始まり、ジョアンナの講義、オーナーズトーク、クイズ、スペシャルプレゼン、雑談と
流れも素晴らしくあっという間の6時間でした。
a-lsさんの司会進行やおしゃべりがとても楽しかったです。
唯一の心残りが、クイズの賞品が頂けなかったこと・・・
チーム一丸で頑張ったのですが、やっぱり2番ではダメですね、1番でなくては(笑)
またの機会を心から楽しみにしております。
今度はお手伝いが出来れば嬉しいです。
Commented by a-ls at 2015-07-31 12:11 x
venaさん こんにちは。
先日はありがとうございました。たぶんあのテーブルですね!
しかしほとんど2位だったということは、正解率という点では総合優勝ということですから!!(笑)
次の機会がありましたらぜひともまたよろしくお願いします。
Commented by TMReds at 2015-07-31 21:33 x
venaさん初めましてこんばんは

お酒のせいで少々ムキになってしまい、お土産を2つもとってすいません(汗)
クイズの時間はとても楽しかったですね

お会いする機会がありましたらよろしくお願いします
Commented by vena at 2015-07-31 23:33 x
TMRedsさん

はじめましてです。コメントありがとうございます。
TMRedsさんのテーブルはとても強かったのでお土産2つは当然の結果です(笑)
私のテーブルには素敵なブレインがいらっしゃったのであそこまで頑張れただけです。

いつかランゲ1を購入したいと考えているのですが、TMRedsさんのトークのおかげで
お月様も素晴らしいなと心が揺れております・・・
自分の顔は見たくもないですが(笑)、時計を見た後にふと空を見上げるのはとても素敵だなと思いました。
素晴らしいオーナーズトークをありがとうございました。とても参考になります。
いつかお目にかかれる時がくると思います。
その際には何卒宜しくお願いいたします。
Commented by a-ls at 2015-08-03 09:20 x
TMRedsさん venaさん おはようございます。
コメントされた方同士が、こうしてコミュニケーションを繋げられるのは大歓迎ですよ~。
これからもどんどん広げていきましょう!
Commented by TMReds at 2015-08-03 23:21 x
venaさんこんばんは

ムーンフェイズ良いですよ~
先日も満月でとても綺麗な月が見られました♪

旧作ランゲ1にムーンフェイズの機構が入っているわけで、新ランゲ1ではそういった機構を組むスペースが無いという噂を考えると、旧作の良さというのも感じられると思います

いつかランゲと素敵なご縁があると良いですね♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by A-LS | 2015-07-27 12:02 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(10)