a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

リューズは下に

※前回ブログ「ジュネーヴ・サロン」から続いております。暖かいコメントいただいたので頑張っちゃいました(笑)

そしてエレベーターで5Fの部屋に通されまして、ドリンク・サービスを頂戴しました。
b0159560_13431421.jpg

この特別な貴賓室はパテック・フィリップのHPには、次のように記載されております。
「The 5th floor is dedicated to private events and offers a unique and breathtaking view from the Art-deco salon over Lake Geneva and it’s Jet d’eau.」

その“breathtaking view”がこちら
b0159560_13454960.jpg

そして“Lake Geneva and it’s Jet d’eau”とあるのが、レ・マン湖の有名な“コレ”ですね。
b0159560_13464339.jpg


一番上のパノラマ写真部分は、実はこのフロアの約3分の1でしかなく、HPの解説文中にある“the Art-deco salon”という表記も、湖面に向いた窓際のこのスペースを象徴してのものだと思います。実際、この窓際スペースの調度品はアールデコ調に統一されていて、シェルフにはわたしも好きな女流画家タマラ・ド・レンピッカの画集まで飾ってあるという、念の入れようなアールデコです(笑)。
b0159560_13561494.jpg


このスペースから、ガラスの飾り仕切りを挟んで次の間があり、
b0159560_13593063.jpg

b0159560_13594495.jpg

ソファーの置かれた、落ち着いた空間になってます。
このさらに奥に、ようやくダイニングルームが登場します。
b0159560_143896.jpg

b0159560_1434011.jpg


この部屋でお食事できるようになるには、いったいどれだけパテックさんと深いお付き合いをすればよいのか…想像もつきません。

さて、今回のカスタマー・ツアーに参加されたのは総勢9名だったのですが、さすが素晴らしい時計のオーナーさんが多く、ちょっとの休憩時間に何気なく外された時計が並ぶと、こんなレアショットになります。
b0159560_1481622.jpg

ちなみに上の写真はアールデコ・サロンの小テーブルの上でのショットですが、テーブルの木質に注目です。
なんと、パテックの時計箱の木質と同じなのです!
さらにまたすごい1本が、ごく普通に撮影に加わります。
b0159560_14104056.jpg

と、このときに、今回のツアーにご同行いただいたPatek Philippe Japanの長野社長から、アドバイスをいただきました。
「パテック・フィリップの時計をこのように置かれる場合は、ぜひリューズを下にお願いします。といいますのは、パテック・フィリップでは、オーバーホールの際にリューズを必ず新しいものに交換します。つまりリューズは消耗品ですので、リューズを下にすれば接地か所はリューズのみになり、傷がついたとしてもリューズだけですが、ケースを下に置かれますと、接地時にケースが傷つく原因にもなります。ケースの傷はポリッシュで取ることができますが、ポリッシュを繰り返しますとケースの痩せにつながります。どうかご注意ください」と。

リューズを下にすると、やじろべい的な動きで、時計本体がコツンと下にあたるのではないかという怖れがあって、撮影などもリューズを上にして置くことが多かったのですが、帰宅してからいろいろ実験してみました。

他のブランドには安定が怪しい場合もあったのですが、パテックの時計はどれも、リュウーズを下にした際に、ピタっと安定するようにデザインされているようなのです。
たぶんこのこともPPシールの基準条件とされているではないでしょうか!

リューズは下に

ということで、この一枚。
b0159560_14283293.jpg






この後、ツアー一行は、パテック・フィリップ・ミュージアムに向かうのですが、
そろそろ記憶も薄れてまいりましたので、書けるのはいつになりますやら。。。。。
[PR]
トラックバックURL : http://alszanmai.exblog.jp/tb/20739337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by かのじ at 2013-07-17 22:19 x
時計学の基本としては、リュウズは上、柔らかい物の上にそっと置く、としていただきたいですね。
Commented by kuji at 2013-07-17 23:44 x
リューズは下に
 ソユーズは宇宙(そら)に
 リユースは上手に・・・

今回もすばらしい内容ありがとうございました!

えぇと、、この木質の上と例えばガラスやスチールテーブルの上だと、置いた状態で音質というか、、聞こえる音はやはり変わってくるのでしょうか???
Commented by gomapate at 2013-07-17 23:47 x
続報に感謝です。
大遠征にも関わらず、MRを帯同するメンバーさんには感服致しました。時計は飾り物では無く、使用して始めて本領が発揮されますよね!
お忙しいとは思いますが、忘れてしまう前に続報をお願い致します。
Commented by gomapate at 2013-07-17 23:56 x
竜頭下の件は、以前よりPPJの方々から指導されて居ますが、一般的には嫌がられるので困りますね。
苦肉の策として、PP以外の時計は竜頭上。PPの場合は所有者や販売店スタッフに一言断ってから竜頭下で置いています。
機械式時計の専門学校講師の方々にPPの竜頭下は、時計に負担をかけないかと質問した所、問題なしとの回答でした。
皆さん(PPオーナー)はどうして居るのでしょうか?
Commented by a-ls at 2013-07-18 13:14
かのじさん おひさしぶりです。
基本はおっしゃる通りだと思いますが、パテックはその構造上からも、自信をもってリューズ下を推奨しているようなのです。
Commented by a-ls at 2013-07-18 13:21
kujiさん いつもお洒落なコメントありがとうございます!
音の聴こえ方は、置いたものの素材、時計を表向きに置くか裏向きに置くかなど、些細な条件でかなり変化いたします。最も大きく聴こえるのは筒状に丸めた紙をケースごと握ったときであると、今回のツアーでパテックの時計師さんよりアドバイス&実演していただきました。目からウロコの方法でした(笑)。
Commented by a-ls at 2013-07-18 13:27
gomapateさん ありがとうございます。
ほとんどの方が、約一週間、30度超えの気温で汗だくの中でも、全然気にせず付けっぱなしでした。リューズ下に置くのは、やはりちょっと抵抗がありますが、パテック社のお墨付きとあれば安心ですね。ただ、写真の写り映えはリューズ上のほうが明らかに良い感じですので、今後も撮影はリューズ上で行かせていただくと思います(笑)。
Commented by gomapate at 2013-07-19 01:28 x
スイスは涼しいイメージですが、夏並みの暑さだったのですね。今更ですが、お疲れ様でした。
時計の撮影は、是非竜頭上でお願いします。
竜頭の形状や大きさにも興味津々です!
今後もすてきな写真を期待しています。
Commented by a-ls at 2013-07-22 14:45
gomapateさん 
すっかりお返事が遅くなってしまい、すみませんでした。
当時のジュネーヴは私たちの到着前日までは気温10度以下で例年よりも寒く、われわれにもセーターやパーカーなどの防寒具を帯同するよう現地からのご指導があったのですが、到着日以降は30度オーバーの気温が続き、初夏のアルプス散策など、この季節ならではのスケジュールを組んでいただいていたのですが、暑さがかなりしんどかった記憶があります・・・。
リューズ位置は臨機応変に対応の所存です(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by a-ls | 2013-07-17 14:31 | パテックフィリップ | Trackback | Comments(9)