a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

元祖 UP & DOWN

パテック・ネタが続いておりましたので、この辺でひとつランゲ・ネタを挿んでおきましょう(笑)。

リニューアルされ注目を集めている1815UP&DOWNですが、
b0159560_15232873.jpg


これに対して、旧型のUP&DOWNといえば、みなさんが思い浮かべるのはきっと・・・
b0159560_10314059.jpg

コチラ(↑)でしょうが・・・、

しかし、“元祖”UP&DOWNとくれば、正解はコレ(↓)なのです!
b0159560_728519.jpg


このタイプの懐中は先の大戦中に海軍のデッキウォッチ(マリンクロノメーターの精度補正のため、一船舶に3個ずつ割り当てられた時計)として、担当者以外は時分針をいじれないような木箱に入れて使われたことなどは、以前に当ブログでも紹介したことがありますが、最近、そのデッキウォッチが木箱付でオークションに出されました。時計単体なら時折見かけますが、木箱付で市場に出るのはとても珍しいことなのです。

b0159560_7372380.jpg


わたしはすでに木箱付のUP&DOWNを持っているので、迷ったけれども入札は断念したのですが、
最後まで迷った理由は、その木箱の裏に、わたしの木箱にはない文字が焼き入れされていたことなのです。
それがこれ・・・
b0159560_740246.jpg

その部分を拡大しますと・・・
b0159560_7432387.jpg


「mit」は英語でいうところの“with”で、「ohne」は“without”ですから、

「ランゲ」と「ヴァシュロン」には“付いて”いて、

「ナルダン」と「Storz」には“付いてない“よぉ~、と書かれており、

え、何が付いてるの? というと、最後の行に、「Auf und Ab werk」とありますから、
つまり“UP & DOWN機構”が付いてるブランドと付いてないブランドを区別しているのです。

これ、歴史的にスゴイ面白い記述なのです。
「Up & Down」というパワーリザーブ表示はランゲの特許だったそうですが、戦時下のドイツで「Auf und Ab werk」すなわち 「Up & Down機構」というランゲが発明した機能の呼称が、時計の機構として一般的に認識されていたことが証明される貴重な証拠でもあるのです!!

もともとこの時計のムーヴメントであるキャリバーCal.48はランゲが設計したもので、抜群に良い機械だったためドイツ海軍の正規クロノメーターに採用されたのですが、戦争という非常時のため、ドイツ第三帝国海軍はこのキャリバーをドイツ中の時計メーカーに作らせたのです。

わたしが例に挙げた上の懐中時計には文字盤にランゲ銘がありますが、それは非常に珍しい個体で(ちょっと自慢・笑)、ドイツ中で同じCal.48懐中を作ったものだから、オークションに出たこの懐中もそうですが、当時のほとんどのCal48懐中の文字盤は無銘で、ムーブメント上にのみメーカー名を刻印する決まりとなっておりました。

その中で、当時、第一級時計製造業社の認定を受けていたCal.48の発明者でもあるランゲ&ゾーネはもちろん、あとヴァシュロンも「Auf und Ab werk」は作れたんだけど、設計図まで渡してあるのに、ナルダンは作れなかったのかなぁ~、なんて、そんな妄想でゴハン3杯は食べれるような記述のある“木箱”なわけです・・・(笑)。

b0159560_88456.jpg


中はガッチリと固定される仕組みです。

U-739、たぶんこれは・・・、

U-ボート739号に配布されていたデッキ・ウォッチだったんだろうなぁ~、

・・・なんて空想で、またゴハンおかわりできます(笑)。



“元祖” Up & Down 懐中時計、


いっぱい持ちすぎで、ひとに見せても気味悪がられるため Orz・・・
ご希望の方にお分けします。

b0159560_2024772.jpg


ご興味ある方はコメント欄に連絡先をお残しくださいませ。。。。
[PR]
トラックバックURL : http://alszanmai.exblog.jp/tb/20394651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2013-05-06 10:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-05-06 10:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by a-ls at 2013-05-07 23:44
ご連絡いただいた方へ
ありがとうございました。メールお送りしました。
Commented at 2013-05-08 06:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-05-08 18:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by a-ls at 2013-05-09 12:18
ご連絡いただいたみなさま
ありがとうございました。ご案内のメールをお送りしましたので、よろしくお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by a-ls | 2013-05-06 08:13 | ビンテージ | Trackback | Comments(6)