a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

雑感2 徹夜ヴァージョン・・・GRAND LANGE 1 New

ここ10日ほど、前々回のブログ「ランゲ2012新作・雑感」の続きで、ランゲ1ファミリーの2作についての感想を書こうと、実は悶々としておりました(笑)。書いては消し、消しては書き・・・の繰り返し…。
要するに自分の大好物のランゲ1だけに、もの凄ぉぉぉぉ~くランゲに甘い自分と、ムチャクチャにランゲに厳しぃぃぃぃ~自分が、交互に文章に干渉するもんで、ま、収拾がつかないわけです。

特に要注意なのが、ランゲ1トゥールビヨン・パーペチュアル・カレンダーの蔭に隠れ、あまり目立ってはいない新しいグランド・ランゲ1だと思うのです。概ね好評価ですが、その理由として挙げられるのは…、
1)ランゲ1と同じデザイン比率に戻ったのが良い。
2)シングルバレルになったが、72時間のパワーリザーブを維持したのは良い。
3)旧グランドランゲ1よりも径が小さくなり、薄くなった。サイズダウンの新型など久しく体験してこなかった細腕の日本人的には好ましい。
4)シングルバレル化によって生じたムーヴ内のスペース的余裕が、将来の新機能搭載など、ランゲ1ファミリ―のさらなる発展的を可能にするに違いない。

b0159560_7225924.jpg

ランゲに甘い自分は、もちろんこの(1)~(4)には大共感ですわ!!!! いやホントに。

しかし、その一方で、“でもさぁ~”と呟く、天の邪鬼な自分もいるわけです。

でもさぁ~、1)って普通に誰もがまず考えることでしょ。じゃあなんで最初のグランド・ランゲ1はあの重なりのあるデザインだったんでしょう? それに、たとえ比率が同じだったとしも、大きなフィギュアと小さなフィギュアでは、見た目も印象も変わりますからね…。
そもそも2)の最大の意図って薄くするためなんですよね。そのために、長時間リザーブと高精度という二律背反の要素を機械的に達成していたツインバレル、すなわちランゲ1の設計思想の最重要根幹に変更を加え、そのうえで72時間のパワーリザーブも維持した。でも、これってもしや、精度的な妥協と引き換えということはないでしょうね…?
3)に関して言うと、実はこのムーヴ本体は径34.1mm×厚4.7mmなんで、時計自体はもっと小さくもできたはず(極端な話、現行のランゲ1にも転用できるサイズ)なんですよね…。2)、3)を裏読みすると、結局、デカ薄というマーケットの趨勢に乗っかるための…??
4)は、将来のグランド・ランゲ1・クロノグラフとか(笑)、充分にあり得ると思うけど、本当にムーブメントのスペースは拡がったのでしょうか。シングルバレルの香箱がどの程度大型化されたのかまだ未確認なので、これはなんともいえません。

まぁそうは言ってもね、実物を見て、腕に載せて、それでフィットしちゃうと、今までの呟き全部“OKぇぇぇ~ッ”って不問にしちゃう甘い自分も全然いるわけでして…(笑)。

ただ最後にひとつだけ気がかりなことは、この新型グランド・ランゲ1が、こっそりランゲ1の地位を襲ってしまうことになったら嫌だぁぁぁ~ということ。たとえば、市場にデリバリーされるランゲ1の本数が徐々に減らされて、どこのお店に行ってもこのグランド・ランゲ1しかない状況になっちゃったら…とか、…これって心配しすぎでしょうか。

b0159560_4142568.jpg

1994年のランゲ1から、今年2012年のランゲ1トゥールビヨン・パーペチュアル・カレンダーまで、この18年の間に発表されたランゲ1ファミリーはちょうど10作になります。
復興ランゲ&ゾーネの象徴的アイコンとして、これほどのロングセラーにいたった理由は多々挙げられると思います。アシンメトリーにして絶妙のデザインバランス、機械を超え芸術の域にまでせまらんとする美しい仕上げ、高級機械式時計の代名詞だった伝統のグラスヒュッテ様式の復興とオマージュ…などなどですが、中でも特に重要な要素として、長時間のパワーリザーブと精度という二律背反を機械的に達成したムーブメンの設計思想があげられます。繰り返しになりますが、今年のニュー・ファミリーであるグランド・ランゲ1では、その設計思想の根幹に非常に大きな変更が加えられました。ツインバレルからシングルバレルへの変更という大革新です。良かれ悪しかれ、これはランゲ&ゾーネにとって非常に大きなエポックであることは間違いありません。

ふぅ~~、ランゲ1トゥールビヨン・パーペチュアル・カレンダーまで筆が進まず、とうとう夜が明けてまいりましたです・・・・。というわけで、以下の雑感はまたまた次回まで保留になっちゃいます、ごめんなさい。。。。








als_uhruhrをフォローしましょう










先日aytyさんのパーティ・イベントに参加させていただきました。
そこで特別ゲスト、広田せんせによる、SIHH2012の総括的な素晴らしいレクチャーを拝聴することができたのですが、その講話は3つのテーマ(正確な表記はうろ覚えですが)から成っておりまして、
それは・・・1)サイズ感がマシになった。2)文字盤の仕上げがマシになった。
そして最後の3つ目は、3)ランゲがマシになった、・・・・・というものでした(笑)。

そこでふと思ったのですが、
わざわざ1ブランドがテーマになるくらい、時計ファンの皆さんは、なぜかランゲに関しては非常にシビアなスタンスをお持ちの方が多い気がします。
つまり、良いとかダメとかそういう感覚・感情、それを説く理論や言葉を世に発信する方々が、他ブランドに比べて圧倒的に多い気がするのです。

それは何故かを考えてみました・・・
復興から23年、時計を発表してからはわずか18年という若いブランドにもかかわらず、パテックをはじめとする世界3大ブランドと並ぶほどの評価を、現在のランゲ得ているわけです。
ランゲ以上に歴史あるブランドや、その高みを目指しているその他多くのブランドを差し置いて獲得した地位、つまりそこには、本来であれば数十年、数百年を経てようやく獲得できるような信用や支持を、これほどの短期間で得てしまった“責任”とでもいいますか、新興の者にありがちな、思いあがりや、驕りや、勘違いを起こさせないための、無意識の良心的な視線が注がれているからなのではないかと感じたのです。

・・・だとするならば、そういう注視はランゲにとって大事な賜物ではないかとも思う今日この頃でありました。。。。。。。
[PR]
トラックバックURL : http://alszanmai.exblog.jp/tb/17758395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2012-02-10 20:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by A-LS at 2012-02-11 01:13
2012-02-10 20:38 付非公開コメントさま
こちらこそご無沙汰しております。コメントありがとうございます。やはり、いろいろな方の意見がうかがえると、勉強&刺激になって嬉しいものです。ありがとうございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by A-LS | 2012-02-07 08:00 | Lange 1 | Trackback | Comments(2)