a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

プチ・モンスター懐中時計

次回のクリスティーズのジュネーヴ・オークションに
なかなか興味深いランゲの懐中時計が出品されております!

b0159560_16573831.jpg


1889年に製作されたNo.28218。
「ミニッツ・リピーター、ダブルスプリット・クロノグラフ、永久カレンダー、ムーンフェイズ」という機構で、
昨年日本にもやってきた怪物クラスの懐中時計No.42500と比較しますと、そこからグラン(プチ)・ソヌリとフドロワイアンテを除いた機構となりますが、No.42500は1902年製ですから、本作はそれにさかのぼること13年前に作られているということで、それなりにすごいですよね。

ちなみに希少性で言いますと、No.42500は旧ランゲ&ゾーネ約100年の歴史の中にあって、同機構のものが他に1個も作られていない唯一無比の存在であるのに対し、こちらのタイプには1888年~1928年まで、15個ほどの同機構の時計が存在します。

当時の販売価格でいうと、No.42500が5600マルクだったのに対し、このNo.28218は2535マルク。
b0159560_186565.jpg

ただ、この懐中の面白い点は、最初の販売から数年後にランゲ買い戻されて次のオーナーへ3187マルクで売却されたとか、そのオーナーがグラスヒュッテの有名なエングレイバー、グスタフ・ゲンサーに上の写真に見られるケースのエングレーヴを100マルクで発注したとか、個体にまつわる様々な履歴があきらかになっていることです。

オークションは以下のスケジュールで
Monday 14 November 2011
8 Place de la Taconnerie, Geneva

気になるエスティメートは30万~50万スイスフラン。
かなりリーズナボーなのかも(笑)。

今週末のランゲのイベントにシュミット新社長が来るそうだから、直訴してみよ~かな~。
でも5月のスケルトン・ミニッツ・リピーターも落としてくれなかったから…無理だろうなぁ…。










als_uhruhrをフォローしましょう
いぢりたいので、
知ってる誰かが落として欲しぃぃぃ~~!
[PR]
トラックバックURL : http://alszanmai.exblog.jp/tb/16434023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by t-munenori at 2011-10-14 11:13
a-lsさん、

プチでもグランドコンプリケーション。お釣りがくるくらいのコンプリテンコ盛りですね。眼福です!
素性がわかる「時計の記録」があるのは素晴らしいです。
顧客管理がきちんと行われてる証です。

いぢってどうするつもりですか(笑)?
Commented by A-LS at 2011-10-14 19:55
いぢって、割剣したり、ちん・ちんΩ\ζ°)チーンって音ならしてみたり、うるう年の2月末から針をぐるぐるまわしてみたり、してみたいのですぅぅぅ(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by a-ls | 2011-10-13 18:07 | ビンテージ | Trackback | Comments(2)