a-ls 時計(Mechanical Watch Users News) blog.

alszanmai.exblog.jp

ランゲ&ゾーネYGケースのストラップ

先日、ランゲ&ゾーネのストラップについて書きましたが、ストラップ関連で常々思っていることをもうしばらく続けます。

ランゲの場合、YGケースの時計のストラップはブラウンが標準仕様とほぼ決まっています。
確かにそのマッチングも素敵なのですが、わたしはYGにはやはりブラックのストラップが一番しっくりくるような気がするのです。
今回、ランゲなお友達Y氏のご協力をいただき、同じ機種におけるブラウンとブラック・ストラップのマッチングと風合を較べてみました。

まず、ランゲマティック・パーペチュアル。
b0159560_14274429.jpg

b0159560_14282082.jpg

b0159560_14284158.jpg
b0159560_14291666.jpg


どうでしょう?
黒ストラップ+YGケースには、パテックやロレックスなどのヒストリカルなヴンティージYG時計にも通ずる、王道的な安定感が香っているように感じませんか?

続いて、1815カレンダーヴェルクです。
b0159560_14323819.jpg
b0159560_1433867.jpg
b0159560_14333346.jpg

b0159560_1434383.jpg
b0159560_1435629.jpg
b0159560_14361025.jpg




黒ストラップにはもうひとつのヴァリエーションがあります。
マット(艶消し)とグロス(光沢)です。
基本的にランゲはグロスの黒ストラップをカタログには載せておりませんが・・・








複数のお友達を誘ってかなりの本数をまとめたりしますと、特注を受けてくれることがあります
(ただしそれはファビアン政権下でのことで、体制が多少なり変化した現在も受注してくれるかどうかは未確認ですが・・・)

ランゲ製のグロスとマットのストラップ比較
b0159560_1454276.jpg
b0159560_14541685.jpg

クラシカルなデザインには、グロス・ストラップのほうがよりフィットするかもしれません。










そろそろまた黒グロスをオーダーしようかなと思っております。
ロットをまとめたほうが実現性が高いと思われますので、同好の方がいらっしゃいましたら、
ぜひご連絡くださ~~~~~い


als_uhruhrをフォローしましょう
[PR]
トラックバックURL : http://alszanmai.exblog.jp/tb/16411925
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-10-10 20:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by A-LS at 2011-10-10 20:33
非公開コメント様
了解しました! その際は必ずお声掛けします!!
Commented by A-LS at 2011-10-11 20:08
非公開コメントさま
ちなみに過去の実績ではありますが、特注品でも価格は他のストラップと同一、納期は2~3ケ月でした。
Commented at 2011-10-11 21:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-10-11 22:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by a-ls at 2011-10-12 10:14
非公開コメント2011-10-11 21:34さま
後半2つは尾錠側の幅が18mmなので、同一工程で可能かどうか確認します。また別件の適正価格に関してですが、ランゲの限定品は定価変更の影響を受けない決まりになっていますので、日本でお求めになる限り、定価の部分は常に発表時と同一ですから、考え方もまずそこからのスタートということになりますね。
Commented by a-ls at 2011-10-12 10:26
非公開コメント2011-10-11 22:49 さま
ご丁寧にありがとうございます! しかもあの後二次会まであったとか(笑)!! こちらこそお会いできることを楽しみにしています。今後とも宜しくお付き合いお願いします。
Commented at 2011-10-12 22:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by a-ls at 2011-10-13 07:24
失敬しました(笑)。交渉する適正価格ではなく、例のものと比較した際の相対的な値ごろ感という意味ですね! 極論すれば、機構上のチェーンをいかほどと判断するかと、Lange1というアイコンをどうみるかの対決、たしかに難題です(笑)。おっしゃるような考え方も確かにあるでしょうし、わたしはLange1に特別な思い入れがあるため、アレに限っては結構なんでも許してしまう傾向があります。たぶん最後は個人的な感性の判断なのでしょうが、それほど未練が強いようであれば、その想いに身を委ねてみるのもアリなのでは…。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by A-ls | 2011-10-09 14:59 | ランゲ&ゾーネ | Trackback | Comments(9)